永代供養の費用や種類|後々のトラブルを避けるために必要なこと

最近は遺骨をどう供養するか考える方が増えて来ています。
これまでは、先祖が眠るお墓に納骨することが一般的でした。
しかし生活スタイルやお墓に対する考え方も多様化して、最近では永代供養を選ばれる方も増えています。

お墓を持つには墓地や墓石代といった費用の他に管理費などがかかり、維持費も相当な負担になってしまう事が多いですよね。
また寺院のお墓に入る場合、基本はその寺院の檀家になる事を意味します。
そうなるとお布施など何かとおつきあいも出てきます。

永代供養の場合、そういったおつきあいもなく費用もそれほど高額にはなりません。
自分たちでお墓参りに行くこともできますし、行けなくてもきちんと供養管理してもらえる点も安心です。

永代供養の費用や種類などについて、お話ししたいと思います。
お墓についてどうするか悩まれた時の参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

 

永代供養の費用は規約による

永代供養には色々な種類があり、管理費用にも幅があるのが特徴です。
最初に永代使用料や永代供養料などの費用を支払えば後の追加費用はいっさい必要がない所もあれば、別に年間管理料が必要な所もあります。

永代供養の費用に関する事、そしてその他の注意事項などは規約で定められていますので、きちんと確認することが大事です。

永代供養にかかる主な費用

永代供養にかかる主な費用としては、永代使用料・永代供養料・永代管理料・納骨費用が挙げられます。
このほかに寺院によっては、お墓に入れる文字の彫刻費用がかかる場合もあります。

永代供養の相場は数十万円から100万円と言われ、高額な永代供養墓になると数百万円かかる場合もあります。

ここで真言宗の永代供養の一例をご紹介します。
下記は、栃木県にある真言宗智山派東円寺の永代供養にかかる費用です。
永代供養には、このようにいくつかのタイプが設けられていることが多いです。

◆合同納骨墓(市塙観音)・・・永代供養料35,000円
東円寺境内の永代供養墓です。毎月、第四日曜日に読経を含むご供養をさせていただきます。
※納骨法要料は別途10,000円

◆納骨堂タイプ1・家族用納骨壇・・・永代使用料150,000円
ご家族で永代使用できる縦長の納骨壇です。骨壺は4つ入ります。
寺院内にある納骨壇へお骨をお納めします。ご希望があれば将来的に永代供養墓地への合祀も可能です。
※納骨法要料は別途10,000円
※年間管理費・護寺会費10,000円

◆納骨堂タイプ2・個人用納骨壇・・・永代使用料85,000円
個人用の納骨壇です。お骨が1つ入ります。
※納骨法要料は別途10,000円
※年間管理費・護寺会費10,000円

引用:永代供養ネット

 

お寺の永代供養や費用に関する記事はこちらでもご紹介しています

人生のエピローグ
人生のエピローグは終活・葬儀・法要・その他仏事に関する情報を紹介するメディアです。人生の中でそう何度も経験する事ではありませんので、ほとんどの方がこの分野に...

 

スポンサーリンク

 

永代供養の納骨種類とシステム


永代供養の納骨の形式は大きく分けて共同墓地納骨堂の2種類になります。
永代供養には、最初から他の人の遺骨と一緒にされる合祀タイプ、一定期間に渡り供養された後に合祀されるタイプがあります。

合祀されてしまうと遺骨は返還してもらえません。
このようなシステムを充分に理解した上で、申し込みをしましょう。

宗教が関わる場合とそうでない場合がある

永代供養では、基本的には宗教や宗派を問わない所が普通です。
しかし寺院の場合は、いずれかの宗派に属していますので、中には寺院と同じ宗派のみを受け入れるという所もあります。

また宗教や宗派を問わないとされながらも、檀家になることを後から言われる場合もあります。
後でトラブルにならないように、契約の際にきちんと確認しておきましょう。

永代供養の納骨種類

【共同墓地】
個々に墓石を建てるタイプや共同で石碑などが建てられるタイプなど、さまざまな種類があります。
いずれの場合も寺院などで一定の間供養された後は合祀墓(ごうしばか・ごうしぼ)に埋葬されます。

【納骨堂】
納骨堂は主体となる運営者によって寺院・民営・公営の3種類に分類されます。
さらに、納骨のスタイルによってロッカータイプ・仏壇式・墓石式・機械式などのタイプがあります。

納骨堂は屋内にあるので、天候に左右されずお参りができるのが大きなメリットですね。

永代供養のシステム

「永代」という文字から永久に供養してもらえると思う方もいるかもしれませんが、実際にはそうではありません。

一定期間、供養された後は合祀され他の方の遺骨と一緒に供養されます。
期間はその寺院や納骨堂の決まりによりさまざまです。

十三回忌まで、十七回忌までと自分で期間を定められる所もありますが、一般的には三十三回忌を過ぎると合祀されます。

まとめ

・永代供養は基本的に宗教・宗派を問われない
・永代供養にかかる主な費用は、永代使用料・永代供養料・永代管理料・納骨費用
・最初から合祀されるタイプと一定期間が過ぎてから合祀されるタイプがある
・納骨種類は、共同墓地と納骨堂に分けられる
・一般的に三十三回忌をもって、合祀される事が多い
・合祀されてしまうと遺骨の返還はしてもらえないので、注意が必要

 

 

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

葬儀後に必要なこと
life-epilogueをフォローする
人生のエピローグ