墓誌の書き方【徹底解説】気になる内容例や費用の相場は?

「墓誌の書き方は?続き柄は必要?」
「追加で彫るとき、どのぐらいの費用がかかるの?」

墓誌(ぼし)とは、お墓を構成する墓所装飾品の1つで、墓石の横にある石の板のことをいいます。
墓誌には一般的に故人の名前や没年月日などが記入されます。
葬儀のあとに墓誌にどんな内容を彫るべきか、書き方に迷うこともありますよね。
新しく墓誌を建てる場合や追加で彫る場合の費用も気になるところです。

この記事では墓誌の意味や書き方、費用相場について詳しく解説します。
これから墓誌を建てる予定の方、追加彫刻をする予定の方はぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク

 

墓誌の書き方に決まりはない

墓誌の書き方には明確な決まりはなく、墓誌に書く内容や書き方についても、個人の裁量に任されているものがほとんどです。
もし、迷ったときはお寺のご住職に相談するといいでしょう。

 

墓誌とは


出典:宇賀神石材店

墓誌とは、お墓に納骨された方々の戒名・俗名・没年月日等を彫り、後世に伝えるための石の板です。
墓誌を見ることでご先祖様とのつながりを感じたり、家の歴史を知ることができます。
そのために墓誌作られるものなので、供養する上で必ず必要というわけではありません。
墓誌がない場合は墓石に故人の名前を刻みますが、彫るスペースが少ないのが難点です。

また、永代供養など多くの方の遺骨を納める合祀墓では、大型の墓誌に1人1人の名前を彫ることがあります。
既にお墓に墓誌があるときは、納骨の際に追加彫刻をします。

 

墓誌に彫る内容


出典:有限会社洛西石材

墓誌は供養する上で必須のものではないことから、書き方に明確な決まりはありません。
ただ、墓誌に彫る内容として、下記の4点が一般的です。

  • 墓誌/霊廟/霊名碑/法名碑
  • 戒名・法名(梵字は彫刻しない)
  • 俗名(生前の名前)
  • 没年月日
  • 享年

 

浄土真宗の場合は故人は亡くなるとすぐに仏様になるとされていることから、「霊」という漢字は用いません。
浄土真宗であれば「法名碑」を用い、「戒名」ではなく「法名」になりますので注意してください。

神式の場合、戒名ではなく諡(おくりな)をつけますが、墓誌には記載しないことが普通です。
創価学会の方も戒名はありません。

キリスト教では、「洗礼名」「名前」「誕生日」「没年月日」「年齢」などを記載します。
誕生日も没年月日も西暦で記載することに注意しましょう。
没年月日のあとに「召天」もしくは「帰天」と入れることがあります。
教義によって異なるので、神父様か牧師様に確認しましょう。

仏式や神式では縦書きで右から書きますが、キリスト教では横書きで上から始まり左から右へと文字を彫ります。
キリスト教の墓誌を建立するときは、横書きに対応したデザインを選ぶようにしましょう。
横書きに対応したデザインを置いていない石材店もあるため、事前に確認しておくと安心です。

最近では戒名をもらわない無宗教の方や、仏教でも戒名をいただかない方も増えてきています。
わかりやすさからも、俗名を大きく目立つように彫ることもあります。
霊園によって決まりごとがある場合もありますが、基本的に内容も彫り方も自由だといえるでしょう。

キリスト教以外でも生年月日を入れる方や、職業によってはペンネームを入れる方もいます。
他にも、座右の銘・辞世の句・戦歴などを入れる場合があります。
故人におくる哀悼の言葉を入れることもできます。
お花マークなど模様の彫刻にも対応してくれる石材店もあります。

 

スポンサーリンク

 

墓誌に入れる年齢の書き方


出典:有限会社石の立山

墓誌に享年を彫るとき、どの年齢を用いるべきか迷うこともあります。
年齢には「数え年」と「満年齢」があり、「享年」と「行年」も厳密には意味が異なります。
単位も「才」と「歳」の2種類があります。

結論からいうと、「数え年」と「満年齢」、「享年」と「行年」、「才」と「歳」はすべてどちらを用いてもかまいません。

昔は数え年で彫られていたことが多いのですが、その後法律の改正で満年齢を一般的に用いるようになりました。
ご先祖様の彫刻とそろえるために数え年で彫ることもありますし、途中から満年齢に切り替えることもあります。
特にどちらが正しいという決まりはありません。

また、「享年」か「行年」についてはお寺によってどちらを用いるか決まっていることが多いです。
これもどちらが正式だという決まりはなく、地域によっても違いがあります。
迷った場合はお寺のご住職の指示に従うのが無難ですね。

 

墓誌に続き柄を入れるメリット

墓誌に続き柄を入れることもできます。
墓誌に続き柄を入れると、繋がりがわかりやすいため、最近では続き柄を入れる方が増えています。
また、通常は亡くなった方の順番で彫っていきますが、夫婦を隣に並べるために行を空けておくこともあります。

 

スポンサーリンク

 

墓誌にかかる費用

続いて、墓誌にかかる一般的な費用の相場についてまとめました。

 

新しく墓誌を建てる場合


出典:高木石材

墓誌を新しく建立する場合、石の板の値段は5万円から50万円と価格にかなりの幅があります。
墓誌の大きさやデザインによっても変わりますが、石の種類によって値段が大きく変動します。

一般的に中国産の石材だと安価で5万円から10万円ほどの価格帯です。
国産の石材やインド原産の高級石材だと20万円から50万円ほどの価格帯です。

最近では凝ったデザインの墓誌も増えているため、デザインによってはこれ以上の価格になることもあるでしょう。
また、墓石と一緒に墓誌を建立するときはセット割引で安くなることもあります。

価格によって光沢や変色のしにくさなど品質が変わるため、墓誌を購入する際は石材店に相談しながらよく検討して選びましょう。

 

追加彫刻をする場合

既に墓誌があり、追加彫刻をする場合の料金は1名あたり3万円から5万円が相場です。
墓誌に名前を追加するときは、職人を現場に呼んで彫ってもらう方が安心です。

石材店に墓誌を持ち込んで彫ってもらうこともできますが、墓誌に傷がついてしまう可能性があるからです。
墓誌は納骨にあわせて彫ることが多いので、納骨日までに間に合うよう早めに手配しましょう。

墓誌の追加彫刻の様子は下記の動画で見ることができます。

 

まとめ

  • 墓誌に何を書くかは自由だが、戒名・俗名・没年月日・享年を書くことが多い。
  • 墓誌に彫る年齢に決まりごとはない。
  • 新しく建立する場合石材によって価格は大きく変わる。
  • 追加彫刻であれば1人当たり数万円が相場。

墓誌を購入するときのポイントや書き方について解説しました。
供養に必須のものではありませんが、墓誌があればいつでもご先祖様とのつながりを感じることができます。

核家族化が進む現代ですが、家というつながりを意識することで、代々家族の結束が続いていくかもしれません。
書き方に決まりごとはなく自由度が高いので、生前に希望があれば伝えておくようにしましょう。

 
参考 納骨法要のタイミングですることが多い卒塔婆供養について、下記の記事で解説しています。あわせて参考にしてください。

【卒塔婆供養とは】卒塔婆の立て方について解説とそのタイミング
この記事では、卒塔婆供養の意味や卒塔婆供養の仕方、費用の相場について詳しく解説します。これから卒塔婆供養を検討している方はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

葬儀後に必要なこと
yayakoをフォローする
人生のエピローグ