葬儀後に弔問するときのマナー|事前連絡や服装など気をつける事

葬儀に参列したくても外せない用事で欠席してしまうこともありますよね。
そんなときは葬儀後にご遺族の家に弔問(ちょうもん)して弔意を表しましょう。

葬儀後に弔問する機会は多くはないので、服装や香典の表書きなど迷うことも多いですよね。
正しいマナーを知ってご遺族に失礼のないように振る舞いたいものです。

この記事では、葬儀後に弔問するときの服装や持ち物、気をつけるべきマナーについて解説します。
葬儀に参列できず、これから弔問する予定のある方はぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク

 

葬儀後に弔問する場合は事前連絡が必須

葬儀後にご遺族の家に弔問するなら、ご遺族は弔問客を迎える準備が必要です。
事前にご遺族に連絡するようにしましょう。
まず、葬儀後の弔問のタイミングや弔問したいときの伝え方について解説します。

 

葬儀後の弔問のタイミング


出典:富山県葬祭業組合

葬儀前に弔問するのは血縁者や故人と特に親しかった方です。
葬儀に参列できないときは、葬儀後に弔問するのが一般的です。

葬儀が終わった直後はご遺族も手続きや遺品整理などで忙しいことが考えられるので、弔問するなら葬儀終了後3日以降が望ましいでしょう。
ご遺族に弔問の意思を伝えたうえで日程を調整し、四十九日までに弔問するのが一般的です。
ご遺族の負担にならない日を優先しましょう。

 

弔問の意思の伝え方

弔問の意思を伝えるタイミングは、特に決まりはありません。
一般的には葬儀に参列できないことがわかった時か、葬儀が終わったタイミングでご遺族に連絡すると良いでしょう。
弔問の意思を伝えるため電話するときの例文を下記に記載しました。

この度はご愁傷様です。
突然のことで信じられない思いです。
心よりお悔やみを申し上げます。
どうしても外せない用事で葬儀に参列できなかったので、線香だけでもあげに伺いたいのですが、ご都合はいかがでしょうか。

もしご遺族が弔問を辞退した場合、遠慮している場合があるので「ご負担でなければ」と一度食い下がりましょう。
それでもご遺族が辞退するなら、ご遺族の意思を尊重することが大切です。
葬儀後の手続きや遺品整理、遺産分割などで追われているかもしれません。
ご遺族の負担にならないことが第一と心得ましょう。

 

スポンサーリンク

 

葬儀後に弔問する場合の服装と香典

続いて、葬儀後に弔問するときの服装や香典の表書きについて解説します。

 

葬儀後の弔問で喪服はNG

弔問の際には、喪服を着る必要はありません。
参列者や弔問客は、故人と近しいご遺族より格の高い服装をするのはマナー違反だとされています。
弔問の場合ご遺族も喪服ではないので、弔問客も平服で行くのが正しいマナーです。

当然ですが派手な服装やラフな服装は弔問にふさわしくないので、避けるようにしましょう。
男性であれば紺や落ち着いたグレーのスーツ、ジャケットとスラックスの組み合わせが適しています。
女性なら紺やグレーのワンピースやカーディガン、アンサンブルスーツを選びます。

弔問時には結婚指輪以外のアクセサリーはつけないよう気をつけ、派手な時計なども外しておきましょう。
また、仏教であれば数珠を持参します。

 

香典の表書きは四十九日の前か後かで異なる


出典:リンベル

香典の表書きは、四十九日法要の前であれば「ご霊前」が一般的です。
ご霊前は仏教だけでなく、神道やキリスト教でも使えるため、宗教がわからなければご霊前にするのが無難です。

日程の都合がつかず四十九日法要のあとに弔問する場合は、仏教であれば「御仏前(ごぶつぜん)」と書きます。
神道で五十日祭の後に弔問するときは「御玉串料(おんたまぐしりょう)」と書きましょう。

また、浄土真宗では故人は亡くなるとすぐに仏様になると考えられているため、「ご霊前」ではなく
四十九日法要の前であっても「御仏前」を用いるのが正式です。
ただし、日本では香典の表書きに「ご霊前」を用いることが多いため、そこまで気にしなくても大丈夫でしょう。

 

お供えを持参するとより丁寧

必須ではありませんが、お供え物も一緒に持参するとより丁寧です。
お供え物は下記のようなものが一般的です。

  • 線香・ロウソク
  • お花
  • 菓子折り
  • 果物
  • 故人が生前好きだったもの

お供え物は肉や魚介類などの生ものは避けるのがマナーです。
また、お花は宗教や宗派によって決まりごとがある場合があるので、持参する前にはよく確認しましょう。

弔問に手土産を持参する必要は特にありませんが、ご遺族と親しい関係であれば、簡単なものを持参してもいいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

葬儀後の弔問の流れ

続いて葬儀後に弔問するときの流れや注意点について解説します。

 

弔問の流れと注意点


出典:日本香堂

弔問の一般的な流れは下記の通りです。

  1. 「この度はご愁傷様でした」「心よりお悔やみ申し上げます」と玄関先でご遺族に挨拶します。
  2. ご遺族にすすめられたら家に上がり、仏壇の前で正座して一礼します。
  3. 火のついたロウソクで線香に火をつけ、左手で仰いで火を消します。
  4. 線香を香炉に立て、おりんを鳴らして合掌し、ご遺族にも一礼します。
  5. ご遺族への気遣いの言葉を簡単に伝え、お供え物など持参していればご遺族に渡します。
  6. ご遺族の負担を考え、長居せずに引き上げます。
  7. 「何か手伝えることがあれば仰ってください」と別れ際に一言伝えると丁寧です。

ご遺族にすすめられないときは家には上がらず、玄関先でお話するだけに留めましょう。
ご遺族と話す時間は2、3分程度を目安にすれば大丈夫です。

 

お線香をあげるときの注意点と宗派別の作法


出典:新潟県仏教会

もし火のついたロウソクがないときは、ご遺族に確認してまずロウソクに火をともします。
くれぐれも線香に直接火をつけることは避けましょう
また、線香の灯を消すときは、口で吹いて消さないのがマナーです。

仏教であっても、宗派によって線香のあげ方は異なります。

宗派線香の立て方線香の本数
浄土宗2つ折りにして立てる1本
浄土真宗寝かせる自由
天台宗・真言宗立てる3本
臨済宗・曹洞宗・日蓮宗立てる1本か2本

浄土真宗で線香を寝かせる理由については、下記の動画で解説されています。

 

スポンサーリンク

 

弔問を辞退された場合の弔意の示し方

弔問を辞退されたときの弔意の伝え方としては、香典やお供え物を郵送するという方法があります。
「香典やお供え物だけでも郵送したいのですが」とご遺族に伝えてみましょう。

また、香典を送るときは普通郵便ではなく現金書留を使い、手紙を同封して送ります。
香典やお供え物も辞退しているということであれば、電話でのあいさつだけで終えましょう。

 

まとめ

  • ご遺族に相談してから弔問することが大切。
  • 葬儀後の弔問では落ち着いた色の平服を着る。
  • 香典の表書きは四十九日前は「ご霊前」四十九日後は「御仏前」を用いる。
  • 線香のあげ方は宗派によって異なるので注意する。

葬儀後に弔問するときの服装や注意点、弔問の流れについて解説しました。
あまり機会は多くはないですが、弔問する際にも正しいマナーを身に着けてふさわしい振る舞いを心がけたいですね。
しかし、忘れてはいけないのが大切な方を亡くされたご遺族の方を思いやる気持ちです。
思いやりの気持ちを持って弔問すれば、マナーにこだわらずともあなたの気持ちはご遺族にきっと伝わるでしょう。

参考 自宅葬の場合の弔問や香典の考え方については、下記の記事で解説しています。

自宅葬に香典や弔問は必要?金額の相場と香典に代わり弔意を表す方法
最近は故人とゆっくりお別れの時間を持ちたいといった理由から、自宅葬を選択する方も増えてきています。 しかし、一般の葬儀と比べると数が少ないため、自宅葬と聞いた場合はいろいろなことが気になりますよね。 「自宅葬には参列した方がいいの?...

 

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

葬儀後に必要なこと
yayakoをフォローする
人生のエピローグ