分骨したあとも位牌は作れる|位牌分けと開眼供養についても解説

実家が遠方だと、なかなか思うように仏壇やお墓にお参りすることができませんよね。
大切な家族なので、できればいつでも手を合わせて対話したいものです。

こういった願いから、最近では分骨や位牌分けを選択する家族が増えてきています。
とはいえ、まだまだ分骨や位牌分けは一般的ではないので、どのような点に気をつけたらいいのか、どんな決まりごとがあるのか気になりますよね。

この記事では、分骨や位牌の意味について詳しく解説します。
開眼供養の費用相場についても紹介しているので、分骨や位牌分けを検討している方はぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク

 

分骨した場合も位牌は作れる

まず、分骨の意味や位牌を作る理由について解説します。

 

分骨の意味


出典:さくらい行政書士事務所

遺骨を分けて別の場所で管理・供養することを分骨といいます。
最近では、それぞれが手元で供養したいといった理由から分骨をすることも増えてきています。

分骨したいときは、葬儀の担当者にあらかじめ伝えておけば、火葬後にいくつかの骨壺に分けることができます。

分骨したあとの供養については、特に決まりはありません。
散骨する方もいれば、ご仏壇にそのまま安置する方もいます。
骨壺に入れ、手元供養をすることもあります。

お釈迦様が分骨していることは有名で、分骨は悪いことではありません。
しかし、親族の中には「魂が引き裂かれてしまう」といった印象を持ち、抵抗感を覚える方もいるようです。

トラブルを防ぐためにも、分骨をするときは周囲の理解を得ておくことが望ましいでしょう。

後日分骨するパターンについては、下記の動画で詳しく解説されています。

 

位牌の意味

故人の戒名や俗名、没年月日を書いた木の札を位牌といいます。
位牌はご自宅の仏壇やお寺の位牌壇に安置し、故人の霊を弔います。

葬儀では仮位牌としての白木位牌を使用し、四十九日の忌明け後に漆(うるし)塗りの正式な位牌である本位牌を用意します。
仏壇を用意することができず、お寺の位牌壇に位牌を安置するときは、寺位牌を作ります。

位牌への文字入れには時間がかかるため、早めに手配しておくようにしましょう。
文字入れには手彫りと機械彫りがありますが、最近では機械彫りが主流です。

参考 位牌の置き方やサイズのルール、浄土真宗では代わりに過去帳を使うことについては下記の記事で詳しく解説しています。

位牌の正しい置き方|浄土真宗では位牌ではなく過去帳を主に使う
この記事では、位牌を置くときに気をつけるべき点や正しい配置の仕方について解説します。また、浄土真宗では位牌の代わりに過去帳を置くことから、過去帳の置き方についても説明します。

 

戒名がない場合の位牌


出典:INORI

戒名がない場合、俗名(ぞくみょう:故人の生前のお名前)で位牌を作ることもできます。
最近では、お寺とつながりのない方や無宗教の方も増えて、戒名がないケースも多くなりました。

また、戒名がある場合でも、「位牌は普段目にするものなのでなじみのある名前で彫ってほしい」というご遺族もいます。
その方が位牌に手を合わせたとき、故人と語り合っている気持ちになれるのです。

このようなことから、故人のお名前を使ってそのまま位牌を作るケースも最近では増えてきています。
戒名がないときは、故人のお名前のあとに「霊位」「位」をつけて彫ります。

 

位牌は必ずしも必要ではない

位牌は故人を供養するために必ずしも必要というわけではありません。
故人やご遺族が位牌は必要ないと思うのなら、特に用意しなくても大丈夫です。

しかし、位牌がないと故人をきちんと供養できないと感じる人も多くいます。
位牌は、故人やご先祖様の霊が宿る依り代(よりしろ)になるとされていて、ご遺族が位牌を通して故人と語り合う中で、気持ちを整理できることもあります。

必要ではないからといって安易に位牌を作らないという選択をせず、よく検討するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

位牌分けについて

続いて、位牌分けについて詳しく解説します。

 

位牌分けという風習

位牌は一般的には故人1人に対して1つ作るものというイメージが浸透しています。
しかし、位牌は1人につき1つまでという決まりはありません。
故人を弔いたいというご遺族の人数に応じて、複数の位牌を作ることを「位牌分け」といいます。

 

位牌分けをする家庭は増えている

位牌分けはもともと、中部地方や北関東の一部の地域の風習だったとされています。
しかし、最近では地域を限定せず、全国的にも位牌分けをする家庭が増えてきました。

昔は親族はみな近くに住んでいたため、本家に1つ位牌があれば、ご遺族はいつでも本家を訪ねて位牌に手を合わせることができました。
しかし、最近では家族が全国に散らばって住んでいることも少なくありません。
こういったライフスタイルの変化から、位牌をそれぞれの家庭に安置し、故人にいつでも手を合わせられるようにする位牌分けが一般的になったのです。

参考 位牌が増えてしまったときの処分の仕方については、下記の記事で詳しく解説しています。

【繰り出し位牌と過去帳】増えた位牌や過去帳の対処と処分の方法
この記事では、繰り出し位牌の方法や過去帳の処分の方法について解説します。位牌が増えてスペースに困っている方、仏壇を継承できず過去帳を処分する予定の方はぜひ参考にしていただければと思います。

 

スポンサーリンク

 

位牌分けした場合の開眼供養

最後に位牌分けした場合の開眼供養について解説します。

 

開眼供養は四十九日法要でするのが一般的

位牌を作って安置しておくだけでは意味がありません。
位牌は魂入れの儀式である開眼供養(かいがんくよう)をして初めて、位牌としての役割を果たすのです。

位牌だけでなく、仏像や卒塔婆(そとうば、そとば)を作ったときにも僧侶を招いて供養をします。
この開眼供養によって、ただの石や木が尊像(そんぞう)に生まれ変わるとされています。
このため、故人を祀るうえで開眼供養は非常に重要な儀式だといえるでしょう。

位牌分けをした場合も、僧侶に依頼して開眼供養をする必要があります。
開眼供養は、納骨や四十九日のタイミングでするのが一般的です。

 

開眼供養の費用と包み方


出典:豊島区葬儀社

開眼供養の費用は5,000円から50,000円ほどで、地域によって差があります。
また、これとは別にお車代を渡します。

魂入れである開眼供養は慶事となるため、のしのない水引が紅白の祝儀袋を準備しましょう
ただ、故人が亡くなって間もないことから、水引が黄白の祝儀袋でもかまいません。

祝儀袋には「お布施」「開眼法礼」「開眼お布施」などと記載します。
お布施は法要の前に僧侶に「よろしくお願いします」とお渡しするのがマナーです。

 

まとめ

  • 分骨をするときは親戚に十分説明しておく。
  • 戒名がなくても位牌は本名で作れる。
  • 位牌分けをしたときも開眼供養は必要。

分骨や位牌分けについて解説しました。
時代とともに供養の仕方も変化します。

遺されたご遺族が手を合わせることで、故人と語り合い、気持ちの整理をつけられることが何より大切です。
ご家族が遠方にお住いの場合は、分骨や位牌分けを検討してみるといいかもしれません。

 

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

葬儀後に必要なこと
yayakoをフォローする
人生のエピローグ