遺影は仏間のどこに飾る?並べ方やスペースがないときの対応

「遺影を仏間に置きたいけど、どこがいいの?」

遺影は満中陰の前後で飾る場所は変わり、並び方にも決まりがあるので注意して置かなければなりません。

  • 仏間で遺影を飾る場所
  • 遺影を飾るスペースがなくなった時の対応

この記事では、上記のような仏間に遺影を飾るときのポイントを解説します。

 

スポンサーリンク

 

仏間で遺影を飾る場所

  • 仏壇の真上・仏壇の中はNG
  • 遺影は右から左に追加していく

まずは仏間での遺影を飾る場所や並べ方を解説します。

 

仏壇の真上・仏壇の中はNG

遺影を飾る場所は、四十九日の前後で変化します。

 

死後49日(満中陰)まで
葬儀後に遺影が自宅に戻ったら、床の間に作られた後飾り祭壇(あとかざりさいだん)に置きます。

仏式の後飾り祭壇

出典:小さなお葬式

 

死後49日から
49日過ぎたら、仏間(ぶつま)にある先祖代々の遺影が飾られているところに並べます。

 

飾る時には、以下のことに注意しましょう。

  • 仏壇の真上には飾らない
  • 仏壇の中には飾らない

 

仏壇は「仏様をお祀りする小さなお寺」と考えてください。

 

お祀りの中心はご本尊(ほんぞん)さまであり、仏壇の一番上座(奥、上、中心)に置かなければなりません。

仏壇の真上に飾るということは、ご本尊さまの上座に置くことにあり失礼にあたります。

 

また仏壇に飾るものは宗教ごとに決まりがあり、遺影を置かないのが一般的です。

 

出典:小さなお葬式

 

関連記事位牌の並べ方や過去帳については下記の記事でも詳しく解説しています。

【繰り出し位牌と過去帳】増えた位牌や過去帳の対処と処分の方法
この記事では、繰り出し位牌の方法や過去帳の処分の方法について解説します。位牌が増えてスペースに困っている方、仏壇を継承できず過去帳を処分する予定の方はぜひ参考にしていただければと思います。

 

遺影は右から左に追加していく

仏壇に向かって右が上座とされており、亡くなった(仏様になった)年が古い順から並べます。

 

古来より、天皇陛下は南を向いておかけになります。
南を向いた時には左側が東、右側が西となることから、太陽が昇る側を上位、太陽が沈む側を下位とするようになりました。

 

仏壇の左側は向かって右であり、上座である右から順に並べていきます。

 

スポンサーリンク

 

遺影を飾るスペースがなくなった時の対応

  • 魂抜きをしたあとにお焚き上げをする
  • 小型化・デジタル化する

続いて遺影を飾るスペースがなくなった時の対応方法を2つご紹介します。

 

魂抜きをしたあとにお焚き上げをする

位牌や仏像と同じように故人を偲び、供養の対象として祀られていることから、遺影にも故人の魂が宿っていると考えられています。

 

そのため遺影を処分する時には仏壇や位牌などと同じく、魂抜きをしたあとにお焚き上げをするとよいでしょう。

 

遺影から魂を抜く

魂抜きにはご先祖の魂が遺影に宿ったまま処分しないように、「魂を浄土に還す」という意味があります。

魂抜きをする際には僧侶に読経をしてもらうため、通常は仏壇や位牌の魂抜きとともにお願いします。

 

菩提寺がある場合は、お焚き上げも含めて相談しましょう。

 

遺影をお焚き上げする

魂抜きを済ませた遺影は「ただの顔写真」です。

そのため、一般ごみとして処分しても法的には問題ありません。

しかし遺影を一般ごみと一緒に捨ててしまうのは、ご先祖様に申し訳なさを感じますよね。

 

魂抜きを済ませた遺影は、お焚き上げ(おたきあげ)などの焼却処分するのが一般的です。

 

小型化・デジタル化する

先祖代々の遺影を飾っていれば、次第にスペースがなくなってくるでしょう。

最近では仏間のない家もたくさんあり、大きな遺影を飾れない場合もあります。

 

遺影を飾るスペースに悩んだ時には、「小型化」か「デジタル化」をご検討ください。

 

小型化

ネガ・データのない写真からプリントすることや、色あせた写真の復旧、昔の白黒写真のカラー化のサービス等もあります。

 

希望したサイズのフォトフレームに合わせて印刷できますので、スペースを考えて作りましょう。

 

元の遺影は魂抜きをした後、お焚き上げして処分することをお忘れなく。

 

デジタル化

補修した古い写真をデータで残すこともできます。

最近ではデジタル化した遺影写真の原版をアップロードして、完成した遺影データのダウンロードがスマホでできるサービスがあります。

 

出典:ASUKANET

 

今の生活や時代に合ったやり方をしながらも、故人に対する敬意は忘れないようにしましょう。

 

遺影データのダウンロード以外にも最新サービスがありますので、ご興味ある方は下記の動画をご参照ください。

tsunagoo ~つなぐ~ ご遺族の為のWEB サービス

 

関連記事 不要品の処分や写真のデジタル化についても紹介しているこちらの記事もどうぞ

終活における片付けのポイント|始める時期や不用品の処分方法
この記事では、開始時期や不用品の処分方法のような「終活」における「片付け(生前整理)」のポイントとその方法を詳しく解説します。終活を考えている人、始めている人はご参考にしてください。

 

まとめ

  • 仏壇の真上に遺影を飾るのは失礼にあたり、仏壇の中にも飾ってはいけない
  • 仏壇に向かって右が上座であり、遺影は亡くなった順に右から左へ飾る
  • 遺影の処分は魂が宿っていると考え魂抜きしてからお焚き上げする
  • 遺影を「小型化」「デジタル化」しながら、飾るスペースを確保

遺影があるからこそ故人のお顔を忘れず、想いを馳せることができます。

 

飾る場所や並べ方を守りつつも工夫をして、しっかりと供養できる空間をつくりましょう。

 

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

葬儀後に必要なこと
heyponをフォローする
人生のエピローグ