初盆・新盆の提灯を用意する時期|白提灯や家紋入りの注意点

「初盆・新盆の提灯は、いつから用意すればいいの?」
「通常のお盆と初盆・新盆では、用意する盆提灯は違うの?」

提灯によっては早めに注文しなければならないので、今のうちに確認しておきましょう。

  • 初盆・新盆の提灯を飾る時期
  • 初盆・新盆の提灯の飾り方
  • 初盆・新盆以降も使える盆提灯

この記事では、上記のような初盆・新盆と通常のお盆での盆提灯の違いについて解説します。

 

スポンサーリンク

 

初盆・新盆の提灯を飾る時期

故人が亡くなってから初めて迎えるお盆を「初盆(はつぼん)」または「新盆(にいぼん)といいます。

 

初盆・新盆の数え方は、仏教と神道とで異なるのでご注意ください。

仏教:故人が亡くなった日から49日(忌明け)以降に初めて迎えるお盆を指し、49日以内にお盆を迎えた場合は翌年が初盆となる。
神道:亡くなった日から1年以内に初めて迎えるお盆を指し、49日以内に迎えたお盆も初盆である。

 

お盆の時期は多くの地域で8月13日から8月16日ですが、東京と周辺の一部の地域では7月にします。

 

お盆はまず13日に「迎え火」を焚くことから始まりますが、初盆・新盆では8月の上旬から提灯を飾り始めます。

 

下記の動画で初盆・新盆の全体的なスケジュールについて解説していますので、詳しく知りたい方はご覧ください。

新盆・初盆を迎えるにあたって,具体的に準備する内容やスケジュールを教えてください

 

スポンサーリンク

 

初盆・新盆の提灯の飾り方

  • 初盆・新盆の白提灯は遺族が用意する
  • 初盆・新盆の提灯を飾る場所

続いて初盆・新盆で用意する「白提灯」について解説します。

 

初盆・新盆の白提灯は遺族が用意する

お盆に欠かせない提灯には、下記のような意味があります。

 

盆提灯の意味
  • 故人やご先祖の霊が迷わず帰ってくる目印として飾り、迎え火・送り火の大切な役割
  • 故人の冥福を祈り、感謝の気持ちを込めたお盆の供養を表す

 

特に初盆・新盆は故人が初めて帰ってくるお盆であるため、通常よりも丁重に供養されるのが一般的であり、提灯も別のものを用意します。

 

初盆・新盆で用意するのは、「白提灯」という絵柄のない白い提灯です。

出典:インテリア仏壇 ルミエール

地方によっては、白提灯に戒名を書くところがあります。

 

お盆用の提灯と違って白提灯は1つだけ必要なので、兄弟や親戚などの身内が用意するものとされています。

 

初盆・新盆の提灯を飾る場所

白提灯は玄関や縁側の軒下などに吊るすのが一般的ですが、最近では防犯のことも考えて仏壇のある部屋に飾ることもあります。

 

使い終わった白提灯は初盆・新盆でしか使わないため、時期が過ぎると処分します。

初盆・新盆で使った白提灯は、送り火で燃やしたり、菩提寺に持っていき供養してもらったりします。

 

スポンサーリンク

 

初盆・新盆以降も使える盆提灯

  • 盆提灯は一般的に遺族以外が用意する
  • 盆提灯の種類と飾る場所
  • 家紋を入れる場合の注文時期と相場

最後に「白提灯」以外の盆提灯について解説します。

 

盆提灯は一般的に遺族以外が用意する

初盆・新盆では白い提灯を用意しますが、通常の盆提灯は絵柄や家紋が入っているなど様々です。

 

また兄弟や親戚などが用意する「白提灯」に対して、通常の盆提灯は誰が用意してもいいとされています。

故人と親しかった人が今までの感謝を込めて贈る習わしが残っており、盆提灯が多ければ多いほど、故人が慕われていたことを表しています。

 

盆提灯の種類と飾る場所

盆提灯には「吊るすタイプ」と「置くタイプ」の2種類があります。

吊るすタイプ:御所提灯(ごしょちょうちん)
置くタイプ:大内行灯(おおうちあんどん)、回転行灯(かいてんあんどん)

出典:楽天市場

出典:楽天市場

盆提灯は一対で贈るのが正式ですが、1つだけ贈っても問題ありません。

 

相手の置けるスペースの状況もありますので、予算と飾る場所を考えて選びましょう。

 

盆提灯は精霊棚(しょうりょうだな)の両脇や仏壇の前に飾りますが、飾る数に決まりはなく、可能な分だけ置くことができます。

 

時期が過ぎるとホコリを払って、翌年まで箱に入れて保管します。

盆提灯の多くは和紙や木でできているので、防虫剤や乾燥剤を入れるなどして長く使えるようにしましょう。

 

家紋を入れる場合の注文時期と相場

お盆の習わしは地域によって様々で、盆提灯一つとっても絵柄や家紋を入れたり、中には飾らなかったりするところもあります。

 

家紋には「家」を知らせる役割があり、盆提灯に入れることでご先祖様や故人の霊が帰ってきやすくなるとされます。

 

出典:京仏壇はやし

 

家紋が入った盆提灯を用意する際は、注文時期には十分に注意しましょう。

家紋入りの盆提灯はオーダーメイドとして取り扱われ、完成までに10~14日間ほどかかるからです。

また注文しても指定した家紋の最終確認が済んでから作り始めるので、予想以上に時間がかかってしまう恐れがあります。

日程に余裕を持って、早めに連絡をすることをお勧めします。

 

家紋を入れるのは別料金で5,000円程度であり、中にはサービスとして無料でしてくれるお店もあります。

 

まとめ

  • お盆は8月13日から始まるが、初盆・新盆の提灯は8月の上旬から飾る
  • 初盆・新盆では遺族が「白提灯」を用意して、玄関や縁側の軒下などに吊るすか、仏壇のある部屋に置く
  • 「白提灯」以外の盆提灯は誰でも用意できるので、相手の家のスペースなどに配慮しながら贈る

通常のお盆よりも、丁重に供養されるのが初盆・新盆です。

故人の霊が迷わず戻って来られるように、「白提灯」という目印を用意しておきましょう。

 

関連記事 初盆の準備や当日の流れをまとめたこちらの記事も併せてどうぞ。

初盆で必要な準備や当日の流れ|手配することや法要の流れについて
「僧侶や招待者への連絡」「会食の手配」といった初盆の準備と、当日の流れや服装について解説しています。 準備を始める時期にも触れていますので、初盆を控えている方は是非ご覧ください。

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

葬儀後に必要なこと
heyponをフォローする
人生のエピローグ