お墓の跡継ぎがいない方は必見!今からできる具体的な対策

お墓の跡継ぎがいない場合、「お墓の管理費の先払い」や「墓じまい」などの選択肢があり、早めに家族や親戚に相談して進めた方がいいでしょう。

  • お墓の跡継ぎがいないとどうなる?
  • お墓の跡継ぎがいない場合の対策
  • 墓じまいしたあとの遺骨

この記事では、お墓の跡継ぎがいない場合の対策について解説します。

 

スポンサーリンク

 

お墓の跡継ぎがいないとどうなる?

出典:松川石材

 

  • 子供が県外・海外など遠くに住んでいて墓守を頼めない
  • 独身または子供を持てず自分たちの代で墓守がいなくなってしまう
  • 親戚と疎遠になっていて墓守を頼むことができない

 

もし跡継ぎがいなくて管理料が支払われなくなったら、正式な手続きにより無縁墓とされて管理者側がお墓を撤去します。

 

かつてはお墓の跡継ぎがいなくなったら、そのまま放置されて無縁墓になってしまいましたが、「墓地、埋葬等に関する法律施行規則」が改正されたことにより、墓地を管理している霊園やお寺がお墓の撤去をしやすくなりました。

 

スポンサーリンク

 

お墓の跡継ぎがいない場合の対策

出典:宮城お墓相談室

  • 永代供養墓に移す
  • 家族や親族以外の継承者を考える
  • お墓の管理費を先払い
  • 墓じまい

続いてお墓の跡継ぎがいない場合の具体的な対策について解説します。

 

永代供養墓に移す

お墓の跡継ぎに代わって墓地の管理者が遺骨を管理、供養してくれるお墓を永代供養墓といいます。

 

契約によって管理・供養する年数は決まっていて、期間を過ぎると合祀墓に移されます。

 

もちろん生前からの予約もできますよ。

 

家族や親族以外の継承者を考える

「お墓は長男が継ぐもの…」と思われがちですが、お墓の継承順位は民法897条によって定められており、必ずしも長男というわけではありません。

 

お墓の継承順位は、下記の通りです。

  1. 被相続人の遺言で指定された者
  2. 慣習や家族での話し合いに基づいて決まった者
  3. 家庭裁判所による調停もしくは審判で決まった者

 

遺言で指定された者が優先されるので、血縁関係でない人を継承者とすることもできます。

 

ただし前もって家族や親族とよく話し合って、合意を得ておくことは不可欠です。

 

お墓の管理費を先払い

お墓は「墓石」や「永代使用料」を払って終わりではなく、霊園やお寺に管理費を毎年支払わなければなりません。

 

管理費が一定期間支払われなくなると、お墓の使用許可が取り消され、やがて墓石は撤去されてしまいます。

 

すぐに跡継ぎが見つからなかったり、墓じまいをするのに時間がかかったりするようなら、管理費を先払いしておくのも一つの手です。

 

墓じまい

「墓じまい」とは、先祖代々受け継いできたお墓を自分の代でなくしてしまうことをいいます。

 

墓じまいの流れは、下記の通りです。

  1. 遺骨の移動先を決める
  2. 行政手続きをする
  3. 石材店に遺骨を取り出してもらう
  4. 魂抜き・開眼法要をする
  5. 墓地を更地に戻して返す

 

上記の流れで進めていくことも重要ですが、墓じまいで特に注意しなければならないのは「親族やお世話になったお寺など関係者への対応」です。

 

後々トラブルに発展しないように、前もって相談しておくことが大切です。

 

下記の動画でも詳しく解説していますので、気になる方はご参照ください。

後継者がなく、墓じまいをしたいのですが、必要な手続きと手順を教えてください 市川愛の教えてお葬式vol.51

 

スポンサーリンク

 

墓じまいしたあとの遺骨

墓じまいをしたあとの遺骨は、形が残る「永代供養墓・合祀墓」「樹木葬」と、形が残らない「散骨」にされます。

 

形として残っているのであれば、遺された家族がお参りをすることができます。

  • 永代供養墓・合祀墓に移す
  • 樹木葬に移す
  • 海や空へ散骨する

最後に墓じまいした後の遺骨の行き先について解説します。

 

永代供養墓・合祀墓に移す

永代供養墓の中には、合祀墓(ごうしぼ)といわれる複数の遺骨をひとつにまとめて納骨するお墓があります。

 

一般的な永代供養では、個別のスペースや骨壺によって納骨堂などに保管され、契約期間が過ぎると合祀墓に移されます。

 

はじめから合祀墓を選ぶこともできますが、一度いれたら遺骨を取り出すことができませんので注意しましょう。

 

樹木葬に移す

出典:真駒内滝野霊園

樹木葬とは墓石を建てるのではなく、樹木を墓標とするお墓をいいます。

大きく分けて樹木葬には「都市・公園型」と「里山型」があります。

 

都市・公園型

都市部の墓地内や周辺で、公園のように整備した区画の墓地を設けて、樹木や草花を植えて埋葬します。

都市・公園型の樹木葬は都市部に位置していて、交通アクセスが良く利用しやすい立地であるところが多いです。

中には、霊園というよりは庭園の雰囲気をもつ「ガーデニングタイプの樹木葬」もあります。

 

里山型

里山の山林のような、美しい自然に包まれた環境で埋葬します。

 

山の中なので面積は広くても都市部に比べて使用料も安く、年間の管理費も不要なところが多いです。

 

海や空へ散骨する

散骨とは、遺骨を従来のお墓に埋葬せず、粉砕して海や空などにまくことをいいます。

 

散骨には大きくわけて「海洋散骨」と「山林への散骨」があります。

 

海洋散骨
  • 散骨業者が手配した船に乗って、遺灰を海にまく方法
  • 「個人(チャーター)散骨」「合同散骨」「委託(代行)散骨」の方法がある
  • 散骨の中で一番の人気

 

山林への散骨
  • 山林や木々の土の上などに散骨する方法
  • 自分が所有している土地のみで散骨できる
  • 近隣からの苦情例もあるので、十分な配慮が必要

 

最近では「宇宙葬」という「遺灰の一部をカプセルに納めて人工衛星で打ち上げる方法」もあります。

 

定員分の遺灰が集まった時点で打ち上げるので、日時を指定することはできません。

 

 

まとめ

  • お墓の後継ぎがいなくて管理料も支払われなくなったら、お墓を撤去される
  • 跡継ぎがいない時の対策は「永代供養墓」「血縁者以外の継承者を探す」「お墓の管理費の先払い」「墓じまい」がある
  • 墓じまいした後の遺骨の行き先は「永代供養墓・合祀墓」「樹木葬」「散骨」のどれか

先祖代々に渡って守ってきたお墓を、自分の代で終わらすのは心苦しいものです。

家族や親族にしっかりと相談しながら、皆さんが納得のいく方向で進めましょう。

 

関連記事 墓じまいや遺骨の処理方法について解説したこちらの記事もおすすめです。

無縁仏を防ぐ手続き|墓じまいや遺骨の処理方法
ニュースなどで耳にする「無縁仏」という言葉を聞くたび、なんとも寂しい気持ちになります。 身内から供養してもらえないという状況には、心が痛みます。 さまざまな事情によってそのような状況になってしまったのでしょうが、最近はその数も増えて...

 

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

葬儀後に必要なこと
heyponをフォローする
人生のエピローグ