納骨堂では一時預かりも可能|お墓が決まってなくてもひと安心

「遺骨を納めるお墓が決まっていないのに、どうしたらいいのだろう」

故人の遺志を果たすのが難しかったり、遺族との意見が食い違ったりして、中々遺骨を納める場所が決まらないことってありますよね。

そんな時は、納骨堂などで遺骨の一時預かり(預骨)をしていますので、利用してみるものいいでしょう。
  • 納骨堂での一時預かりとは
  • 納骨堂の一時預かりの申し込みと料金
  • 納骨堂以外にも預骨はできる

この記事では、遺骨の一時預かりについて解説します。

 

スポンサーリンク

 

納骨堂での一時預かりとは

納骨堂とは、室内などに個人や家族の遺骨を納めるスペースをもつ建物のことです。

「今後はお墓を持たない」「まだ用意できていない」といった理由で利用されています。

 

出典:こころ

  • 永代供養との違い
  • 一時預かりはいつまで?
  • 一時預かりのメリット・デメリット

まずは納骨堂での一時預かりについて解説します。

永代供養との違い

お寺や霊園などが家族に代わって、お墓の供養や管理をしてくれることを永代供養(えいたいくよう)といいます。

 

納骨堂などに遺骨を納めて供養・管理をしてもらい、契約期間が過ぎると個別スペースから合祀されるのが一般的です。

遺骨を納めた場所が最終的なお墓になる「永代供養」に対して、「一時預かり」はお墓が決まるまでの間だけ預かってもらうことをいいます。

 

永代供養は納骨堂に遺骨を納骨するのに対し、一時預かりでは保管するだけの「預骨」となります。

 

一時預かりはいつまでできる?

預骨を受け入れているところでは、預かり期間を1~2年に設定していることが多いです。

 

もし期間中に遺骨の行き先などが決まらなくても、延長手数料を支払えば引き続き預けられるのでご安心ください。

 

一時預かりのメリット・デメリット

一時預かりのメリット・デメリットについて解説します。

 

  • 納骨方法を考えて準備する時間的余裕が生まれる
  • 建墓や永代供養に比べて費用が安い
  • 管理を専門家に任せられる

 

たとえば故人の納骨に関して、遺族の考えと食い違っていると、家族間の話し合いに時間が必要になる場合があります。

もしくはお墓を建てる資金が用意できていない場合、とりあえず遺骨を一旦預けたいということもあるでしょう。

そんなときに一時預かりなら高い費用を払わなくとも預けられ、安心して遺骨の行き先を決めることができます。

 

  • あくまで一時預かりなので預け入れ期間が短期
  • 更新手続きが面倒

一時預かりは、ひとまず安心ではあるものの、ずっと預けられるわけではありません。

預骨期間は1~2年と短く、預けている間に次のことを決めないと、あっという間に終わってしまいます。

 

預け入れ期間の延長も可能ですが、総延長回数の上限も決まっていることもあり、更新手続きも必要になります。

 

スポンサーリンク

 

納骨堂の一時預かりの申し込みと料金

出典:いいお墓

  • 受け入れ条件
  • 使用料・更新料

続いて納骨堂の一時預かりの申し込みと料金について解説します。

 

受け入れ条件

一時預かりの申し込みには条件があり、納骨堂の運営者によって異なります。

 

まず自治体が運営する公営霊園であれば、下記のような条件があげられます。

  • 亡くなってからどこにも埋葬したことのない遺骨であること
  • 申し込みするのが故人の親族であること
  • 「火葬許可証」があること
  • 自治体の管轄範囲内に住んでいること

※条件は自治体によって異なりますので、参考程度にしてください。

 

一方でお寺の納骨堂での一時預かりの場合は、「檀家であるかどうか」を条件にするところがあります。

 

身寄りがない方の遺骨の一時預かりについて下記の動画で解説していますので、ご興味ある方はご覧ください。

第199回「身寄りのない人の遺骨の一時預かりは?」葬儀・葬式ch

使用料・更新料

納骨堂での一時預かりは最初に預託金を一括で払い、あとは使用料を月払いか年払いで支払います。

 

一時預かりの使用料は、ロッカー式や仏壇式といったタイプでも少し変わりますが、1万円ほどが相場となっています。

 

預託金は5~10万円ですので、一括で支払える準備をしておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

納骨堂以外にも預骨はできる

出典:日本石彫

もしお近くに納骨堂が見つからなくても、遺骨の一時預かりのサービスは他でも探せます。

 

お寺や石材店、葬儀社がしていることもあるので、供養の有無や期間などの確認も含めて、まずはお付き合いがある業者に問い合わせをしてみましょう。

 

料金の相場は年間で1~3万円であり、「おこつ供養舎」など、中には千円代で預骨サービスをしている業者もあります。

預骨期間の上限は2~5年と業者によって異なるので、どれくらいの期間かかるかも考えておきましょう。

 

 

まとめ

  • 納骨堂は一時的に預けることもできる
  • 納骨堂によっては条件があるので注意
  • 納骨堂以外でも預骨サービスはしている

様々な事情から、すぐに納骨できないこともあるでしょう。

焦って決めてしまうよりも、時間をかけてでも納得したお墓を探した方が故人にとってもいいのではないでしょうか。

 

関連記事納骨堂について更に詳しく知りたい方は、下記の記事でも解説していますので合わせてご覧ください。

仏壇式の納骨堂の仕組み|メリット・デメリットや選ばれる背景など
この記事では、仏壇式の納骨堂の仕組みやメリット・デメリット、その他の納骨堂の種類について詳しく解説します。お墓ではなく納骨堂を検討している方はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

葬儀後に必要なこと
heyponをフォローする
人生のエピローグ