死亡した人の運転免許証の取り扱い|生前に自主返納すると特典もある

「身内が亡くなった後には色んな手続きがあって大変」

「運転免許証も何かしなければならないの?」

亡くなった人の運転免許証は返納する義務がありますので、必要書類や申請場所を確認しておきましょう。

  • 死亡した人の運転免許証は返納義務がある
  • 死亡した人の運転免許の返納手続き
  • 運転免許証の自主返納

この記事では、死亡した人の運転免許証の取り扱いについて解説します。

 

スポンサーリンク

 

死亡した人の運転免許証は返納義務がある

死亡した人が自動車等の運転免許証を持っていた場合は死亡によって効力が失われ、警察に返却をしなければなりません。

 

ご遺族が処理する義務は法律上ありませんが、クレジットカードなどと同じように代理人として返納手続きをすることとなります。

 

手続きをせずにそのまま処分してしまう人もいますが、誤ってなくして他の人に悪用されてしまう可能性も考えられますので、済ませておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

死亡した人の運転免許の返納手続き

出典:広島県警察

  • 申請先と期限
  • 返納手続きに持参するもの
  • 窓口で申し出れば返却も可能

続いて死亡した人の運転免許証の返納手続きについて解説します。

申請先と期限

出典:奈良県運転免許センター

申請先は警察署か運転免許センターとなり、窓口では「運転免許証返納届」という書類が準備されているので、必要事項を記入して提出します。

 

地域によっては駐在所や交番といった身近な場所で返納できることもあるので、近くに警察署や運転免許センターがない人は電話など確認するといいでしょう。

 

申請期限は明確な定めはなく、死亡後すみやかに手続きすることが望ましいとされています。

 

実際は葬儀や他の優先順位の高い事務処理で遺族は忙しいため、死亡後すぐに手続ぎするのは難しいかもしれません。

返納手続きに持参するもの

返納手続きには運転免許証だけでなく、他にも必要なものがあります。

  • 死亡した人の運転免許証
  • 死亡した人の死亡診断書
  • 死亡した人の戸籍謄本の写し
  • 届け出た人の身分証明書
  • 届け出た人の印鑑

 

窓口により異なる場合があるので、前もって電話などで確認しておくと漏れがないでしょう。

 

窓口で申し出れば返却も可能

人によっては運転免許証も遺品の一つとして、手元に置きたいと思うかもしれません。

 

手続き後に運転免許証を返却してほしい場合、窓口で相談すればパンチなどで穴をあけて使えない状態にして無効マークをつけてもらったら持ち帰ることができます。

 

スポンサーリンク

 

運転免許証の自主返納

運転免許証は有効期限が残っていても、警察か運転免許センターにて申請することで自主返納ができます。

 

自主返納に必要なのは「運転免許証」のみです。

 

運転免許を自主返納した後には、一定の条件をクリアしていれば「運転経歴証明書」の申請が可能となります。

出典:警察庁

運転経歴証明書とは、運転免許証を返納した後に公的な身分証明書として利用可能なカードです。

 

運転経歴証明書の申請は下記の条件を満たしていれば可能です。

運転経歴証明書の申請条件
  • 運転免許の全部取り消しをしている
  • 運転免許の返納から5年以内である
  • 運転免許証の取消基準に該当しない
  • 免許停止中または免許停止の基準に該当しない
  • 再試験の基準に該当しない

 

運転経歴証明書の申請の際に必要なものは下記の通りです。

 

運転経歴証明書の申請に必要なもの
  • 運転経歴証明書交付申請書
  • 住民票または申請者の氏名、住所、生年月日が確認できる身分証明書等
  • 印鑑
  • 申請用写真

 

運転経歴証明書は公的な身分証明書として理由できるだけでなく、様々な特典を受けることができます。

 

出典:函館タクシー

 

具体的な例は、下記の通りです。

  • 市営、県営のバス割引
  • 指定タクシー業者の運賃割引
  • 商店街の購入費用の割引
  • レジャー、テーマパークの入園料割引
  • 美術館、博物館の入館料割引

 

ただし、「運転経歴証明書」で受けられる特典は、持っていればいいというわけではなく条件があることもあります。

 

特典の条件例

  • 〇〇市在住
  • 満〇〇際以上
  • 事前申請が必要
  • 自主返納から〇ヶ月以内

 

実施している団体によって条件も違うので、利用するときには事前に確認しておきましょう。

 

下記の動画は、実際に運転免許の返納をして「運転経歴証明書」を申請した人の体験談です。
ご興味ある方は是非ご覧ください。

運転免許証の自主返納をして来ました!

 

 

まとめ

  • 亡くなった人の運転免許証は速やかに返納しなければならず、警察か運転免許センターで手続きをする
  • 運転免許の返納の申請にはいくつか用意する物がある
  • 亡くなる前でも運転免許を自主返納すると、自治体や民間で様々な特典がある

ご遺族は悲しむ間もなく、次から次へとやることがありますので、一つ一つに時間をかけてはいられませんよね。

必要な書類や場所などを確認しておき、無駄のないように進めていきましょう。

 

関連記事 遺品整理の中で供養すべき品物について解説したこちらの記事もおすすめです。

遺品整理で供養は必要なもの|供養する方法や注意点を徹底解説
この記事では、遺品を供養する理由や供養する方法について詳しく解説します。これから遺品整理を始める方、遺品の供養や処分方法について悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

葬儀後に必要なこと
heyponをフォローする
人生のエピローグ