手元供養品の処分で気を付けること|正しい遺骨の取り扱い方

「手元供養品の捨て方が知りたい」

「骨壺の中にある遺骨はどうしたらいいの?」

手元供養品の中に遺骨がある場合、勝手に処分してしまうと違法になる可能性もあるので、十分に注意しなければなりません。
  • 手元供養品の処分方法
  • 遺骨の処分方法

この記事では、手元供養品を処分する際に気を付けることについて解説します。

 

スポンサーリンク

 

手元供養品の処分の方法

手元供養品の処分方法は、「遺骨があるかどうか」によって異なります。

 

遺骨以外ならゴミとして処分

手元供養品の処分方法は「遺骨があるかどうか」によって変わり、アイテム(入れ物)だけなら一般的なごみとして処分できます。

 

手元供養品のアイテム例
  • ミニ仏壇
  • アクセサリー
  • ミニ骨壺
  • フォトフレーム
  • 位牌

 

たとえばフォトフレームのように遺骨が入っていないのであれば、一般的なごみの取り扱いと同じですので、自治体のルールを守って処分をしましょう。

ミニ骨壺や遺骨ペンダントなどは、遺骨を取り出してから処分をしなければなりません。

 

遺骨封入タイプや思い入れがあるならお寺・業者に依頼

ミニ骨壺や遺骨アクセサリーなど、手元供養品の中に遺骨が入っている場合は、そのまま捨てることは法律違反になってしまいます。

 

刑法 「死体損壊等」

190条 死体、遺骨、遺髪又は棺に納めてある物を損壊し、遺棄し、又は領得した者は、3年以下の懲役に処する。
引用:刑法

 

墓地、埋葬等に関する法律 「埋葬、火葬及び改葬」

第4条 埋葬又は焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行つてはならない。
2 火葬は、火葬場以外の施設でこれを行つてはならない。
引用:墓地、埋葬等に関する法律

 

また「名前や写真が入っている」「思い入れが強い」といった手元供養品も、一般的なごみと一緒に捨てないようにしてください。

 

まずはお寺や業者に相談をして、必要であればお焚き上げもしてもらいましょう。

 

スポンサーリンク

 

遺骨の処分の方法

手元供養をしていた遺骨をそのまま処分することはできないので、「本体の骨壺に戻す」「粉骨して散骨する」「納骨堂で永代供養」「火葬場で引き取りまたは焼き切り」といった方法が採られます。

 

本体の骨壺に戻す

遺骨の処分方法でいちばん簡単な方法は、「本体の骨壺に戻す」ことです。
法律上、遺骨をお墓に納骨するには、火葬したことを証明する「火葬証明書」が必要となります。

 

もし火葬証明書を失くしてしまった場合は、あわてずに発行してもらった自治体に相談しましょう。

 

粉骨して散骨する

そのまま遺骨を捨てることはできませんが、粉砕することによって海上や許可を得た私有地に散骨することができます。

 

散骨の具体例をみていきましょう。

海洋散骨
  • 船から遺灰を海にまく方法
  • 散骨の中では一番選ばれている
  • 「個人散骨」「合同散骨「委託(代行)散骨」「法要クルーズ」のどれか

 

こちらの動画では、遺骨の発送から実際の散骨の様子までを見ることができます。

なんと簡単!遺骨送るだけの海洋散骨オーシャンフューネラル

 

陸上散骨
  • 山や林、野原などに散骨する方法
  • 散骨できるのは自己所有地か許可を得た私有地
  • 近隣からの苦情例もあるので、周りへの配慮が必要

 

宇宙葬
  • カプセルに遺灰を入れて人工衛星で打ち上げる方法
  • プランは安いもので20万円台から
  • 定員分が集まった時点で打ち上げるため、日時を希望することはできない

 

散骨は法的にグレーゾーンとされていますが、法務省より「節度を持って行うように」との見解が示されたことから、以下のことを守るのがルールとなっています。

  • 遺骨は砕いて粉状にすること
  • 他人の土地、民家周辺、漁業領域や海水浴場では禁止
  • 自然環境に配慮すること
  • 家族や親族の同意を得ること

 

納骨堂で永代供養

「お墓がなくても遺骨は残したい」という人には、「納骨堂」という選択肢もあるでしょう。

 

納骨堂とは遺骨を保管するスペースをもつ建物のことで、「ロッカー式」「仏壇式」「自動搬送型」などいくつかの種類があります。

 

納骨堂は、主にこんな理由で選ばれているようです。

  • 一般的なお墓を買うよりも安く済む
  • 契約期間の後は合祀になるので後継者がいなくてもいい
  • アクセスの良いところが多いのでお参りの負担が少ない

 

たしかに「費用を抑えられる」や「利便性」は納骨堂のメリットですが、もちろんデメリットもあります。

  • 多くの遺骨を納めることができない
  • 契約期間が過ぎると個別にお参りできない
  • 最後は合祀になるところが多いので、他の人の遺骨と一緒に埋葬される

 

火葬場で引き取りまたは焼き切り

自分で遺骨を処分しなくても済む方法として、「火葬場にお願いする」というものがあります。

 

火葬場では遺骨を遺族が引き取らなければならないとされていますが、供養塔を併設しているような場合、処分してくれるところがあるのです。

 

身元不明者や身寄りのない人が亡くなって自治体が遺骨を処理しなければならない時に備えて、火葬場では供養塔を併設しています。

 

もしくは「焼き切り処分」という方法も検討するのもいいでしょう

 

通常の火葬は遺骨が残る加減で焼かれるのに対し、焼き切り処分とは遺灰になるまで焼くことをいいます。

 

遺灰は火葬場で適切に処分してくれるので便利ですが、中には焼き切りをしてくれない火葬場もあるので注意が必要です。

まとめ

  • 手元供養品はアイテムと遺骨を分けて処分し、思い入れのあるものはお焚き上げを依頼
  • お墓に遺骨を移さないのであれば、「粉骨」か「焼き切り」で処分する

手元供養品のおかげで、故人をより身近に感じられた人もいますよね。

今までの感謝の気持ちも込めて、最後もルールを守って適切な処分を心がけましょう。

 

関連記事 下記の記事では、東京でおすすめの納骨堂と選ぶポイントを解説しています。

東京の納骨堂おすすめ5選!選ぶのに大切な4つのポイント
この記事では、東京のおすすめ納骨堂と選ぶポイントについて解説しています。 納骨堂の探し方も書いていますので、検討宗の方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

葬儀後に必要なこと
heyponをフォローする
人生のエピローグ