わかりづらい離壇料の相場を解説!円滑な離壇の進め方とスケジュール

どうしても先祖代々受け継いできたお墓を移さなければならない時、お寺に支払う離壇料がいくらなのかわかりづらいですよね。

相場はあるものの、「どのように離壇を進めるか」によって金額が変わってくるのが実情です。

  • 離壇料の相場
  • 上手な離壇の進め方
  • 墓じまいのスケジュール

この記事では、お墓を離れる時の「離壇料」や「スケジュール」などについて解説します。

 

スポンサーリンク

 

離壇料の相場

離壇料は「感謝の気持ち」を表すものなので金額に決まりはありませんが、一般的には法要1回分のお布施を納める程度が目安とされ、3万円~15万円が相場です。

 

 

離壇をするときには、今までお墓を守ってもらったことやお世話になったことへの感謝の気持ちを表し、魂抜きのお布施に加えて「離壇料」を包む習慣があります。

 

しかしながら離壇料の考え方はお寺によって様々であり、受け取らないお寺もある一方で、法外な金額を請求するお寺もあるので、相場はあってないようなものとも考えられるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

上手な離壇の進め方

「離壇」は思った以上にデリケートな話であり、菩提寺に相談をしながら慎重に進めていくことが大切です。
感謝の気持ちや離壇に至った経緯などをていねいに説明し、もしこじれてしまった場合は、すぐ自治体や専門家に相談をしましょう。

 

「離壇」は菩提寺と相談しながら進める

改葬や墓じまいの際に、菩提寺と離壇でもめるケースは少なくありません。

 

もめてしまう要因には、「相談もなく離壇の話をしたら反感を買ってしまった」「電話で離壇の話を進めようとしたら想像以上にこじれてしまった」などがあります。

 

お寺さんにとって「離壇」は大切な話であるにも関わらず、相談もなくいきなり話を持ちかけられたり、電話で済まそうとされたりしたら嫌な気持ちにもなりますよね。

 

前もって相談に伺ったり、感謝の気持ちを伝えながら事情をていねいに説明したりしながら、相手に配慮した行動を心がけましょう。

 

「離壇」は軽い話ではない

先祖代々受け継いできた菩提寺と檀家の関係を断ち切るのは、「離壇します」の一言では済まないということを心に留めておきましょう。

 

そもそも菩提寺と檀家の関係がいつから始まったかというと、江戸時代に制定された「檀家制度」からとされています。

 

檀家制度とはすべての人が特定の宗旨と菩提寺に入るということで、江戸幕府がキリスト教を禁止するための宗教統制の一環として始まりました。

 

昔の檀家制度では宗旨や菩提寺を替えることは認められず、お寺の権限が強くて、お布施や法要をすることは義務だとされていました。

 

お寺との関係がこじれた場合は?

なるべく争いを避けたいところですが、話し合っても聞き入れてもらえない場合は自治体や弁護士など専門家に相談をしましょう。

 

自治体によっては、お寺に問い合わせや指導をしてくれたり、証明書がなくても改葬許可の受付をしてくれたりします。

 

そもそも離壇料という制度はなく、日本では宗教の自由が認められていますので、お寺は離壇を止める権利はないのです。

 

この動画ではお寺さんとのやり取りの話もしていて、参考になると思います。

第121回「墓じまい、改葬(お墓の引越し)をする時の離壇料っていくらなの?」葬儀・葬式ch

 

スポンサーリンク

 

墓じまいのスケジュール

墓じまいをするには「行政での事務手続き」「お墓の撤去」「お寺での宗教儀式」が必要となります。

 

墓じまいのスケジュール
  1. 遺骨の移動先を決める(納骨・散骨)
  2. 行政で手続きをする(改葬許可証の発行)
  3. 石材店に依頼し遺骨を取り出す
  4. お寺で魂抜き・閉眼法要をしてもらう
  5. 墓地を更地に戻す

 

「大変そう…」と思われるかもしれませんが、一つ一つ確実に済ませていけば何も難しいことはありません。

 

本当に難しいのは墓じまいをする前であり、「お世話になったお寺」や「親族」などの関係者との対応が山場ともいえます。

 

「後継ぎがいないから」といって一人で決めることはせず、前もって関係者には十分に説明して話し合っておくことが、墓じまいを無事にすすめるポイントといえるでしょう。

まとめ

  • 離壇料の相場は3万円~15万円だが、お寺によっては高額な金額を請求してくるケースもある
  • 離壇で菩提寺ともめる可能性も考えて、勝手に決めず相談をしながら進めることが大切
  • もしこじれてしまった場合は、すぐに自治体や専門家に相談し、間に入ってもらう

先祖代々お世話になってきたお寺と、最後にもめてしまうのは避けたいところですよね。

相手の立場で物事を考えて、すっきりとした離壇となるよう慎重に進めていきましょう。

 

関連記事 墓じまい後に永代供養を検討している人は、こちらの記事も参考になると思います。

永代供養ができる霊園の設備や契約内容|墓じまいを検討中の方におすすめ
この記事では、霊園での永代供養について種類や費用などをわかりやすく解説しています。 お墓の管理に困っている方、永代供養墓を検討している方は、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

葬儀後に必要なこと
heyponをフォローする
人生のエピローグ