墓じまいの代行サービスの費用はいくら?頼めば安く済む場合も

「墓じまいをしたくても時間がない」
「お寺や親族とのやり取りで揉めそう」

先祖代々受け継いできたお墓を墓じまいするのはデリケートなことなので意外と大変です。

できれば、トラブルなく済ませたいですよね。

墓じまいの代行サービスを専門にしている業者なら、行政手続きからお寺さんとの離壇交渉までお願いできます。

  • 墓じまいを代行してもらう場合の費用
  • 墓じまいの代行業者の選び方
  • 墓じまい代行業者に頼むメリット

この記事では、墓じまいを代行業者に頼む場合の費用やメリットなどを解説します。

 

墓じまいの代行費用

墓じまいの代行業者には「行政手続き」「ご遺骨の取り出し」「墓石の解体撤去作業」などが依頼でき、何の業務をお願いするかによって費用が変わってきます。
全ての業務を依頼するのであれば20万円~30万円が相場で、お墓のサイズが大きいと高くなることを頭にいれておきましょう。

代行を依頼するまでの流れ

まず代行を依頼をするまでにこれらの準備をしておきましょう。

  • ご親族に納得してもらう
  • お世話になったお寺に相談する
  • ご遺骨の移動先を決める

 

役所などの手続きはさほど難しくありませんが、本当に難しいのは前段階の「関係者とのやり取り」なのです。

 

業者を選ぶ前に何を依頼するかを決める

墓じまいの代行業者には「行政手続きだけ」や「全て代行可能」など、依頼できる業務の範囲も様々ですので、手間や費用を考えながら選びましょう。

 

代行業者の業務範囲は、主に下記のように分けられます。

  • 墓じまいの行政手続きのみ
  • ご遺骨の取り出し・墓石の解体撤去工事
  • 墓じまいに関わる一切の業務

 

中にはお寺との交渉代行もしてくれる業者もありますよ。

 

代行を依頼してからの流れ

依頼を受けると代行業者は、必要書類を集めて役所に提出し、墓石の撤去やご遺骨の移動をします。

 

依頼を受けた後の代行業者の流れ
  1. 移転先の管理者に受入証明書を発行してもらう
  2. 移転元の管理者に埋葬証明書を発行してもらう
  3. 改葬許可申請書に依頼主から押印してもらう
  4. 役所に委任者として必要書類を提出して改葬許可証をもらう
  5. 改葬許可証に基づいて墓石の撤去や遺骨の移送をする

 

代行を依頼した場合の費用

依頼する業務やお墓の規模、移動の距離によって変わってきますが、墓じまい代行の費用は20万円~30万円です。

 

全国対応をしている墓じまい代行業者の料金を、参考にみていきましょう。

 

全国対応の墓じまいの代行業者の料金

ミキワの墓じまい178,200円~
イオンライフ213,840円~
OHAKO249,000円~

 

上記の料金には「行政手続き代行」や「ご遺骨の取り出し」、「墓石の解体」など全て含まれていて、お墓の区画が大きくなるほど高くなります。

 

おすすめ 全国対応で墓じまいの代行ができる「ミキワ」はホントに安いので助かりますね。

散骨の業者としても有名なミキワなら安くて、遺骨のその後についても相談できます。

ミキワの詳細をみる

 

墓じまいの代行業者の選び方

墓じまいを代行した際に「石材の不法投棄」や「無資格者が業務に携わる」などのトラブル事例もありますので、業者選びには注意しなければなりません。

 

墓じまいの代行トラブルは多い

墓じまいの代行トラブルは意外に多く、国民生活センターの相談件数ではお墓に関わるサービスが葬儀サービスを上回るほどです。

 

トラブルの内容は「撤去した石材の不法投棄」や「資格がないにも関わらず業務をする」というものがあります。

 

トラブル事例

  • 墓じまいを安い費用でするために解体した石材を山中などに不法投棄
  • 行政書士や弁護士の資格がないにも関わらず行政手続きの代行や離壇料の交渉をする
  • 石材店や墓地撤去業者に高額な費用や追加費用を請求される

 

墓じまいを代行している業種

墓じまいを代行している業種には、「行政書士や弁護士といったサービス業」か「石材店といった製造業」があります。

 

墓じまい代行の業種と業務内容

業種業務内容
石材店(製造業)墓石の解体・撤去、ご遺骨の取り出し
行政書士(サービス業)行政手続きの代行
弁護士(サービス業)ご親族やお寺との交渉

 

全て代行している業者は、業務ごとで専門家と連携を取りながら進めています。

失敗しない代行業者の選び方

トラブルに巻き込まれないためには、「優良な業者を複数見つける」「要望に最適なものを選ぶ」の2つをしっかりと守りましょう

 

とはいえ「どうやって複数の優良な業者を探せばいいのか」は難しいですよね。

 

「墓じまい 代行」と検索して実績のある業者を探す方法も一つですが、簡単な項目を入力して全国の墓じまい業者を比較できる「いいお墓」というサイトがあります。

 

「いいお墓」では多数の優良石材店の中から、墓じまいの実績がある業者に見積もりを依頼することができるので、悪質な業者に出会うことはまずないでしょう。

 

「いいお墓」で墓じまいの一括見積をする

 

墓じまい代行業者に頼むメリット

墓じまいを代行業者に頼むメリットには、「離壇交渉のトラブル回避」「面倒な手続きの負担軽減」「解体・撤去費用を安く抑える」があります。
メリットを最大限に活かすためにも、しっかりと理解しておきましょう。

 

離壇交渉のトラブルを回避できる

法外な金額を請求されることもありえる離壇料も、代行業者を間にはさむことでトラブルにならないよう進めてくれます。

 

「菩提寺に相談なく離壇を伝えると、高額な離壇料を請求された」といったトラブルは多く、ご遺骨を取り出せないとなると仕方なく払ってしまうかもしれません。

 

代行業者はトラブルへの対応策も色々と持っていますので、上手に墓じまいを進めてくれるでしょう。

下記の動画では、離壇料の基本的な知識やトラブル事例などについて解説していますので、併せてご覧ください。

離檀料

 

面倒な各種手続きの負担軽減

墓じまいでは今のお墓の管理者に「埋葬証明書」をもらったり、役所に「改葬許可申請書」を提出したりと、事務的な手続きもいくつかあるので段取りよく進めなければなりません。

 

時間がない中で進めていくと、お寺や役所になかなか行けなかったり、手をつけずにいたら書類をなくしてしまったりすることもあるかも知れません。

 

なるべく短時間で済ませたければ、代行業者に依頼するとスムーズに進められます。

 

解体・撤去費用を抑えられる

石材店を自分で探すとなると大変ですが、代行業者に頼めば石材店と提携しているので、良心的な価格で解体・撤去してもらえます。

 

石材店の中には下見を十分にせず余計に労力がかかってしまい、見積もり以上の請求をしてくる業者もあるのですが、代行業者に任せておけば適正価格なので安心です。

 

その他のメリット

墓じまいでの「閉眼供養」や「ご遺骨の移動先」も、ニーズに合わせて手配をしてくれるので安心です。

お墓からご遺骨を取り出すときには、「閉眼供養(お墓から魂を抜くご供養)」する必要があり、僧侶に来ていただかなければなりません。

 

取り出されたご遺骨をどうするかは、納骨堂や永代供養墓、散骨などの選択肢があります。

 

もちろん自分で手配してもいいのですが、難しければ相談することで希望に合わせて手続きをしてくれるでしょう。

 

まとめ

  • 依頼業務やお墓の大きさによって料金はかわるが、全てを頼むなら20万円~30万円が相場
  • トラブルに巻き込まれないためにも、インターネットを活用して優良業者を見つける
  • 代行業者に頼むメリットもいくつかあるので、理解した上で依頼する

 

 

一括見積もりでお近くの石材店などを探すのもいいですね。

しかし、地域の石材店などはかなり高額な料金を請求する例も多く、料金面で一番安心なのはミキワでしょう。

ミキワの公式サイトはこちら

 

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

葬儀後に必要なこと
heyponをフォローする
人生のエピローグ