故人の携帯解約の手続きと注意点|費用や貯まっているポイントの扱い

「故人の携帯って家族が解約できる?」
「携帯のデータってどうするんだろう」

個人データの塊ともいえる携帯電話ってどうやって処分したらいいのかわかりませんよね。

  • 故人の携帯解約をする時の手続き
  • 故人の携帯を承継する時の手続き
  • 携帯を解約・承継・処分する前のチェックポイント
  • 携帯本体の処分と注意点

この記事では、故人の携帯を解約するときの手続きや注意点などについて解説します。

 

スポンサーリンク

 

故人の携帯解約をする時の手続き

亡くなった人の携帯は「契約者の法定相続人」によって解約ができ、契約解除料はかからないものの、ポイントは失効してしまいます。
また、解約日までに発生した利用料金や割賦代金の残債は、支払わなければなりません。

 

解約できるのは「契約者の法定相続人」

解約は亡くなった方(契約者)の法定相続人しかできません。

 

相続人になれる範囲は法律で決まっていて、決められた相続人のことを「法定相続人」といいます。

 

<法定相続人とは>

相続順位法定相続人
子がいる場合(第1順位)配偶者、子供
子がいなくて父母がいる場合(第2順位)配偶者、父母
子と父母がいなくて、兄弟がいる場合(第3順位)配偶者、兄弟姉妹

 

法定相続人のうち配偶者は常に相続人になれますが、父母や兄弟は必ずなれるというわけではありません。

 

解約手続きに必要な書類

故人の携帯の解約手続きには、これらを持参する必要があります。

  • 契約者の死亡が確認できる書類
  • SIMカード
  • 手続きをする人の本人確認書類

 

auやdocomo、ソフトバンクなどのホームページでは、解約手続きに必要なものの例を以下のように挙げています。

<解約手続きに必要な書類の例>

契約者の死亡が確認できる書類会葬礼状
新聞のお悔やみ欄
除籍がわかる戸籍謄本
住民票
医師の死亡診断書
死亡届
埋葬許可証
斎場使用料の領収書
SIMカードUSIMカード
ドコモUIMカード
auICカード
来店者の本人確認書類運転免許証
パスポート
マイナンバーカード
健康保険証+補助書類(公共料金領収書等)

 

書類は原本の提出が難しい場合には、コピーでも問題ありません。

 

基本的に「契約解除料」は不要

故人が契約解除料(違約金)のかかるサービスに加入していたとしても、死亡にともなう解約だと契約解除料は発生しません。

 

本体代金を分割で支払っている場合、残債があるなら継続して支払う必要があります。

 

解約の費用と貯まっていたポイント

死亡解約では解約日までの料金は発生するものの、今まで貯めたポイントは失効しますのでご注意ください。

解除時に発生する費用

  • 解約日までに利用した料金

 

ポイントがどれだけ貯まっているか確認して、事前に使いきれるようなら使ってから解約しましょう。

 

スポンサーリンク

 

故人の携帯を承継する時の手続き

「承継」とは契約者が亡くなった際に契約をご家族が引き継ぐ手続きです。
手続きの前には、前もって「契約内容」や「何が引き継がれるのか」を確認しておきましょう。

 

承継手続きの確認事項

承継手続きの確認事項

  • 故人の契約内容
  • 引き継がれるサービス

 

契約時にショップの店員さんに勧められて追加されているオプションなどが多数残っているケースもあります。

解約をすると故人の携帯が使えなくなるので、まずご家族が承継をしてから時間をかけて整理する人が多いようです。

 

承継手続きに必要な書類

承継ではこれらの書類を携帯ショップに持っていきましょう。

  • 契約者の死亡が確認できる書類
  • 承継者の本人確認書類
  • 口座が確認できる書類

 

<承継手続きに必要な書類の例>

契約者の死亡が確認できる書類会葬礼状
新聞のお悔やみ欄
除籍がわかる戸籍謄本
住民票
医師の死亡診断書
死亡届
埋葬許可証
香典返し、斎場使用料の領収書
承継者の本人確認書類運転免許証
パスポート
マイナンバーカード
健康保険証+補助書類(公共料金領収書等)
毎月の支払手続きに必要なもの通帳と金融機関届出印
口座番号の控え
キャッシュカードまたはクレジットカード

 

承継手続きの費用と貯まっていたポイント

契約者の死亡における承継手続きには費用はかかりません。

名義変更の手続きには事務手数料がかかるのですが、死亡承継の場合は無料になります。

 

貯まっていたポイントはキャリアによって扱いが異なるので、まずは携帯ショップに連絡するのが一番です。

ポイントの取り扱い

  • ドコモ:dポイントは引き継がれない
  • ソフトバンク:ソフトバンクポイントは引き継がれるが、Tポイントは引き継がれない

 

スポンサーリンク

 

携帯を解約・承継・処分する前のチェックポイント

故人の携帯を解約・承継・処分する前には、「アドレス帳の移行」「有料アプリの確認」を済ませておきましょう。

 

アドレス帳の移行

携帯を解約・処分した後に、故人の友人・知人に連絡することもあるので、アドレス帳(連絡先)をバックアップしておくと安心です。

 

葬儀の後でも、法事や香典返しなどで、何かと故人の友人・知人に連絡することもあるかもしれません。

「処分してしまって、連絡先がわからない」ということにならないように、処分する前にはパソコンやSDカードにバックアップ(保存)しておきましょう。

 

有料アプリ利用の確認

故人が有料アプリを使っていたかもしれないので、携帯の中身か請求内容を確認し、必要であれば解約をしておきましょう。

 

有料アプリの多くはクレジットカード決済なので、カードが無効になれば自動的に契約解除されます。

しかし口座引き落としだったり、クレジットカードの停止が遅れたりすると、不要なお金を支払うことになりかねません。

 

スポンサーリンク

 

携帯本体の処分と注意点

解約した携帯本体は、初期化をした上で「キャリアショップに持ち込む」「買取業者に売却」「自治体の回収ボックスにいれる」のどれかで処分します。

 

処分する前にデータの削除をする

携帯は個人情報にあふれているので、バックアップをしたら初期化をして、正しい手順で処分することが大切です。

 

iPhoneとアンドロイドで初期化の手順は違いますので、以下を参考にすすめてみてください。

 

iPhoneの初期化
  1. メニュー画面から設定→一般を選択→リセットを選択
  2. 「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップ
  3. パスワード入力画面に入力
  4. 「iPhoneを消去」をタップ
  5. AppleIDのパスワードを入力して消去をタップ
  6. 初期化が完了

 

下記の動画でも、iPhoneの初期化について詳しく解説していますのでご参考にしてください。

【下取り前に!】iPhone初期化(リセット)方法

 

アンドロイドの初期化
  1. 画面の「設定アプリ」を起動する
  2. 「システム」→「リセット」をタップ
  3. 「データの初期化」→「スマートフォンをリセット」「タブレットをリセット」のどちらか選択
  4. 内部ストレージのデータを全て消去する場合には「全て消去」をタップ
  5. 再起動まで終わったら初期化完了

 

自分で初期化できない場合は携帯ショップに持ち込んで処分してもらいましょう!

 

携帯電話の処分の仕方

携帯電話を適切に処分する方法は、「キャリアショップに持ち込む」「買取業者に売却」「自治体の回収ボックスにいれる」があります。

 

キャリアショップに持ち込む
  • キャリアやメーカーを問わずに携帯電話を回収・リサイクルしている
  • 処分費用はかからず、お金をもらうこともある
  • ドコモ・ソフトバンクは粉砕処理だが、auは確認が必要

 

買取業者に売却
  • 売却なのでお金をもらうことができる
  • 専門ツールを使ってデータ消去をしているので安心
  • 査定無料の買取専門店があるので、相見積もりでなるべく高く売れる

 

自治体の回収ボックスに入れる
  • 処分費用は無料で、粉砕処理してくれる
  • 設置場所などは自治体のホームページを確認
  • さいたま市では「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」の取り組みを実施

 

携帯電話だけでなくACアダプタなどの付属品も回収してくれるところが多いので、相談したときに確認しましょう。

 

おすすめ 携帯電話の買取なら、宅配で買取依頼ができるこちらのサイトが便利です。




【手数料・送料無料】携帯電話・スマートフォン売るならネットオフ♪

 

まとめ

  • 故人の携帯は契約内容などを確認した上で、解約か承継を決めてお店にいく
  • 解約・承継・処分の前には、「アドレス帳の移行」「有料アプリの確認」を済ます
  • 初期化をして「キャリアショップ」「買取業者」「自治体の回収ボックス」のどれかで処分

放っておくと月額利用料もかかるので、一段落したらすぐに取り掛かりましょう。

 

関連記事 故人のスマホのロック解除方法について解説したこちらの記事もおすすめです。

故人のスマホのロックを解除するには|パスワードを探すヒントや業者のおすすめ
故人のスマホのロックを解除するときの対処法を解説しています。 パスワードの探し方やおすすめのデジタル遺品整理業者も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

葬儀後に必要なこと
heyponをフォローする
人生のエピローグ