silver

宗教・宗派

日蓮宗の葬儀の費用|お布施や葬儀代金の内訳とかかるお金の目安

日蓮宗の葬儀での特徴は、弔問客が「南無妙法蓮華経(なむみょうほうれんげきょう)」という題目(だいもく)を何度も唱えることでしょう。 また日蓮宗の場合、お布施の目安になる金額の決め方にも特徴があります。 日蓮宗の葬儀の支払いは、読経1...
法事・法要

粗供養の熨斗(のし)の色|年忌法要での水引の違いと掛け紙の表書き

粗供養(そくよう)とは、葬儀や法要の時にいただいた香典や供物に対する返礼品を贈る行為のことをいいます。 主に関西地方で多く使われ、東日本では聞きなれない方も多い言葉です。 東日本では粗供養ではなく「志」という言葉を使っています。 ...
生前準備~ご臨終

生前戒名でつくる位牌|朱色の文字の逆修牌の意味と位牌の相場

仏壇にある位牌で、文字が朱色になっているものを見たことはありませんか? これは逆修牌(ぎゃくしゅうはい)といわれ、生前に作った位牌です。 文字が朱色なのは、刻まれている戒名の人は生きていることを示しています。 生きている人の逆修牌...
法事・法要

祖母の一周忌法要の香典|服装やお供えを渡すタイミングなどのマナー

祖父や祖母といった身近な人の一周忌では、遺族として香典や服装に何か違いがあるのでしょうか。 一般的には一周忌の法要に参加するとき、通夜や葬儀と同じように香典は持参します。 同じ孫でも、亡くなった祖父や祖母が同居していた場合と、別居し...
通夜・告別式

弔問客へのお礼の仕方|会葬返礼品や通夜振る舞い、香典返しについて

通夜や告別式に弔問してくれた人へのお礼は、会葬返礼品(会葬御礼品)に会葬礼状を添えてを渡すのが通例です。 本来なら一人一人に面と向かってお礼を述べたいところですが、規模の大きな葬儀では物理的に無理ですよね。 また、弔問の際に香典をい...
通夜・告別式

【弔辞】親族から頼まれた時の内容と気をつけるポイントや読み方

親しい方が亡くなった時、喪主から頼まれることがある弔辞(ちょうじ)。 弔辞を依頼されたら断らないのがマナーです。 依頼を受けた場合、経験がないと弔辞で何を話せば良いのか悩んでしまいます。 多くの場合、葬儀の弔事を依頼されるのは突然で準...
通夜・告別式

骨葬の時の香典相場|葬儀の流れや通夜の前に弔問する際のマナー

骨葬というと、あまり聞きなれない葬儀の方法ではないでしょうか。 密葬の後に告別式をする場合などの大規模なお別れの会や、地域によっては骨にしてからの葬儀が「普通のお葬式だと思っていた」というところもあります。 一般的な葬儀の場合、祭壇の前...
法事・法要

御仏前はいつまで?|香典袋の表書きが御霊前に変わるタイミング

お葬式で香典を持っていく時は一般的に「御霊前」と表書きをしています。 お葬式の後に追善供養や年忌法要があり、招かれて参加するときも香典を包むのがマナーです。 このような場合、香典の表書きは「御霊前」のままで大丈夫なのでしょうか。 ...
通夜・告別式

告別式の出棺の儀式|火葬・骨上げから精進落しまでの流れ

亡くなった方を見送る時、身内以外の方はは火葬までは立ち合いません。 告別式の後いったん会場から出て、親しい人達で納棺の儀をした後で出棺となります。 多くの場合は会場を出た後、玄関で納棺の儀が終わるのを待ち、出棺のクラクションと共に霊柩車...
宗教・宗派

御神前の水引|神道の不祝儀のマナーと御神前を使う時期について

神式の葬儀には、仏式のお通夜と告別式にあたる通夜祭と葬場祭や、追善供養にあたる霊前祭・一周忌にあたる一年祭、その後の年忌法要にあたる祖霊祭など一連の儀式があります。 初めて神式の儀式に参列する場合、お金の包み方や服装などのマナーが間違って...
葬儀後に必要なこと

火葬許可証の保存年限について|申請の流れや再発行の手続きの可否

亡くなった方を弔う方法は多くの場合、お通夜・葬儀・告別式を経て火葬されています。 遺体を火葬する時必要なのが「火葬許可証」で、この火葬許可証がないと、遺体は勝手に火葬できません。 そして火葬が終わると、今度は火葬したことを証明する火...
法事・法要

二十七回忌のお香典|金額についての考え方や参列時の服装マナー

二十七回忌は、亡くなってから26年目の命日にする法要のことです。 年忌法要としてもだいぶ年月が経ち、招く人も少なくなっています。 お招きがあった場合、服装や香典の準備は大丈夫でしょうか。 主に親族だけしか参加しない少人数の法要です...