会社関係者の家族葬でのマナー|遺族の意向の確認と弔問の際の注意点

最近多くなってきている家族葬は「最後は家族だけで静かに送ってほしい」と願う故人やご遺族の方の意向があります。

そんな家族葬の場合、親族以外の型は葬儀を終えた後に挨拶状で訃報を知ったということも珍しくありません。

会社関係者でお付き合いのあった方が亡くなった時「家族葬」と言われたら、弔問などどうしたらいいのか迷ってしまいませんか?。

増えつつある家族葬への弔問などに関するマナーをご紹介します。

スポンサーリンク

 

家族葬の内容と遺族の意向を確認する

家族葬の場合、親族やごく親しい人で葬儀を行うため、参列者以外には案内がこないことがあります。

家族葬で葬儀が行われた場合は、葬儀の終わった後に挨拶状が届くのが一般的です。

しかし、会社関係の場合すぐに案内は届かず、亡くなったことを知らせなくてはならない時に案内が届けられたりします。

この案内の内容からご遺族側の意向をくみ取ることができます。

 

「葬儀は家族葬にて執り行います」の案内が届いたら

まず、斎場の場所や時間が明記されているかを確認します。

場所や時間が明記されている場合は参列願いとして出されている可能性もあります。

また、参列不要の場合でも弔電のみ受け付けていることもあります。

こうした案内が届いた時はご遺族に「葬儀に参列してもいいか」を確認しましょう。

 

斎場の場所や時間が記されていないなら基本的に参列は遠慮するのがマナーです。

家族葬の場合は明確に「参列のお願い」と記していなければ参列はしないまた記載のないため遺族に問い合わせをして煩わせることも遠慮しましょう。

家族葬では一般的な葬儀で準備される弔問客への御返しや芳名帳といった事務的なものから、通夜振舞い・お斎(おとき)などを数多く準備していません。

いくら弔問に伺いたいと思ってもご遺族に弔問の挨拶などで負担をかけてしまうことになります。

反ってご迷惑になりますので配慮が必要です。

さがみ典礼の家族葬(親・友・葬)

引用元:さがみ典礼の家族葬(親・友・葬)

会社からの香典や参列は遠慮されることが多い

ご遺族からの連絡で家族葬で執り行います」という場合、会社関係の方からの香典や参列はご遠慮くださいという意向が含まれていることがほとんどです。

会社関係の相手へ弔意というだけでは素っ気ないと感じて、お悔やみと参列を申し出てみても大抵はお断りされるのが現状です。

ご遺族も弔電だけは無下には断らず受け取るということがありますが、基本的には静かにご冥福をお祈りするだけに止めておきましょう。

不要だと言われたら何もしないのがマナー

一般的な葬儀では遠方や都合が悪く参列できない時、弔電や献花・供物やお香典を郵送することがあります。

家族葬であってもお世話になった方になにかしたいと考えて、弔問は遠慮してもせめて弔電やお花などをと考えがちです。

しかし、家族葬の場合は参列や香典は不要と申し出があったら原則何もしないのがマナーです。

折角の好意も香典や供花などは返礼品を用意する必要があり、ご遺族にとって負担になってしまうからです。

スポンサーリンク

 

葬儀後にお焼香に伺いたい場合

訃報を後で知った場合は、一般的にご自宅に弔問してお焼香をあげることで弔意を伝えています。

故人に親しくさせて頂いたまたはご遺族に親しくして頂いているという方が、葬儀後にお焼香したい時はどのようにしたらいいのでしょうか。

家族葬の場合のご自宅への弔問やお焼香に伺う時期などもご紹介します。
 

ご自宅への弔問

ご遺族は家族葬の場合、一般的な葬儀よりご自宅での弔問客への対応で大変忙しくなります。

弔問に伺いたい場合は、挨拶状が届いたら電話で弔意と弔問へ伺ってもよいか確認します。

ご遺族から「お気持ちだけで結構です」といわれたら、あまり強くお願いするのはやめてお悔やみの気持ちは電話で伝えるか後日改めて手紙伝えましょう。

伺うなら家族葬から1週間以内に

弔問に訪れる場合は、葬儀から間を置かずに伺うようにします。

伺う時期は葬儀から一週間以内が目安です。

ご遺族は家族葬であっても葬儀後に弔問客が訪れる事は想定しています。

「しばらくしてご遺族が落ち着いてからのほうが」と遠慮しがちですが、あまり間が開くと普段の生活に戻りつつあるところへの弔問となってしまいます。

弔問の許しを伺うのも訪問の日程も葬儀から一週間以内遅くても四十九日の法要までにしましょう。

 

ご遺族から弔問を許された時は地味な平服で伺います。

「敢えて喪服で伺ったほうがよいのでは?」と思われがちですがご遺族に葬儀を思い起こさせて悲しみが増すこともあります。

ご自宅へ伺う時は、派手な服装やアクセサリーは避け色合いを控え目にした平服で伺いましょう。

 

伺った際も香典は渡さず早めに引き上げる

ご自宅への弔問では、家族葬なので香典や供花・供物の持ち込みも控えるのがマナーです。

ご遺族とのお付き合いの深さによりますがあまり長居はせずに辞去しましょう。

ご遺族は葬儀を終えて疲れていますし、葬儀が終わった後も色々な手続きなどに追われています。

お線香をあげてお参りしたら、ご遺族に弔意を伝えご遺族から申し出がない限り早々と引き上げるようにします。

 

まとめ

・家族葬は「参列のお願い」がない限り参列すべきではない

・返礼品が必要な香典・供花・供物は、原則送らない(弔電は可)

・家族葬の挨拶状が届いたら弔意は電話や手紙で伝える

家族葬の場合は「故人と最期の時間をゆっくり過ごしたい」という趣旨を何より尊重しましょう。

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

通夜・告別式
silverをフォローする
人生のエピローグ

コメント