火葬場に赤ちゃんを連れていくのはNG?連れて行く場合の注意点

急な不幸の知らせで赤ちゃんを頼める人がいない、そんなケースもありますよね。
告別式は知り合い程度でも参列しますが、火葬場へ行くのはごく身内で浅からぬ間柄の方です。
「赤ちゃんを連れて行くのは・・・」と迷う一方で、きとんとお別れをしたい方も当然いらっしゃるでしょう。
赤ちゃんを連れての参列、周囲への配慮などについてお話ししましょう。
 

スポンサーリンク

 

火葬場に赤ちゃんを連れて行かないほうがいい理由

まだ物言わぬ赤ちゃんを火葬場へ連れていくのは大変なので、よほどの親しい人の葬儀でない限りは控えましょう。
ただ理由もなく赤ちゃん連れに反対しているのではありません。

葬儀・火葬は思う以上に負担が大きい

言葉を話せない赤ちゃんだからといって、周囲の雰囲気がわからないわけではありません。
葬儀や火葬場の重苦しい雰囲気は伝わります。

また、あまり知らない人と会う機会の少ない赤ちゃんにとって、いきなり大勢の知らない人との接触は大変な負担になります。
ようするに、赤ちゃんにとっては刺激が強すぎるのです。

故人や参列者への配慮

身内の不幸の場合、火葬場への同行は当たり前ですし、赤ちゃんの誕生をみんなで楽しみにしていたということもあるでしょう。
「最期にお別れを」という気持ちもわからなくもありません。
遺族や身内から是非という声もあるのかもしれませんが、異様な雰囲気の中で泣き出した赤ちゃんの声を歓迎できるかといえばNOでしょう。
それは赤ちゃんの泣き声に嫌悪感があるというのではなく、泣いている状態で平静でいられる人は人間の本能からも少ないはずなのです。

赤ちゃんを連れて参列する場合の注意点

事情が許さず預ける人がいない、自分が喪主あるいは喪主に近い関係の時は参列を選ぶこともあります。
そのような時は、赤ちゃんといる場所や参列の仕方を工夫してみましょう。

退室しやすい場所に着席する

控室に静かに寝かせて置ける一角を設けてもらいましょう。
また、式の間は遺族の席など祭壇の側で奥まった場所ではなく、できるだけ退出しやすい出入り口の近くの席を選びます。
赤ちゃんがぐずりだしてしまったら、すぐに退出するのが赤ちゃんにとっても周囲の参列者にとってもベストな選択です。

お焼香だけ参列する

式のすべてに参加するのは長い時間になるため、お焼香になったら参列し、お焼香を終えたタイミングでそのまま退出するのも一つの方法です。
お焼香だけの参列なら数分で済みますので、赤ちゃんの負担も少ないでしょうし、一時赤ちゃんをどなたかに抱っこしてもらっていても大丈夫でしょう。
読経の時間などは会場の外で待っていた方が、赤ちゃんにとっても楽なはずです。

赤ちゃんの不快感が小さくなるような対応を心がける

葬儀という場所は、普段聞き覚えのない音や大勢の人の気配など赤ちゃんにとって緊張を強いることが多くあります。
こうした経験は脳への刺激が強く、夜泣きの原因になることや不眠の原因になることもあります。
普段使っている毛布や布団などを控室に置いて、お気に入りのおもちゃを持たせるなど、なるべく安心できる環境を作ってあげてください。
発達段階で赤ちゃんは、知らない人を判断し許容・拒否していきます。
月齢によって赤ちゃんは、預け易い時期も人見知りする時期もあるのです。


 
赤ちゃんのお世話グッズ、マザーズバッグについては普段使っているものは大丈夫でしょうか?
マザーズバッグは可愛らしいデザインのことが多く、葬儀には不向きです。
マザーズバッグの代用として、黒や紺などのバッグや大きな黒い袋など目立たないものに入れ直して持参しましょう。
 

スポンサーリンク

 

参列しないことも遺族への配慮

自分が喪主の立場や喪主に近い立場なら、葬儀や火葬に参列しない選択はしにくいですが、許されるのならば赤ちゃんとの同席はしないほうが賢明でしょう。

参列しないという選択

他の参列者への配慮や赤ちゃん自身の負担を考えると、安易に参列を勧める人はいないはずです。
「身内だけだから気にすることはない」と参列を勧められることもあるかも知れません。
しかし、赤ちゃんの泣き声を気にするかしないかという配慮からではなく、泣くような状況が赤ちゃんにとって良いことではないからです。
勇気をもって参列しないという選択も考えましょう。

参列しないときの遺族への配慮の示し方

赤ちゃんのいる人に参列を強要する人はいないと思われますが、参列を辞退する時は配慮が必要でしょう。
赤ちゃん連れで参列した方が良いかどうかは、あくまでも故人との関係や遺族の意向などケース・バイ・ケースです。
赤ちゃんがいることを理由に欠席する時は、香典を夫婦で連名にしたり、出席する家族に事情を説明してもらったりするなど、遺族に対して礼を欠かないよう心がけましょう。

まとめ

・赤ちゃん連れの参列はケース・バイ・ケースで判断する。
・赤ちゃんにとって参列は負担が大きい。
・参列するならなるべく短時間で。
参列する場合も、辞退する場合も遺族に礼を欠かないようにするのが大切です。

赤ちゃんが参列するときの服装については、「通夜に参列する子供の服装や赤ちゃんを連れていく場合に注意したい事まとめ」を参考になさってください。

通夜に参列する子供の服装|赤ちゃんを連れていく場合に注意したい事
お通夜に参列するときのマナーは「急ぎ駆け付ける」ことが多いため、平服でもよいとされています。大人の平服というと男性はお勤め先から直接参列することが多く、色を...

 

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

通夜・告別式
silverをフォローする
人生のエピローグ