孫が読む弔辞の書き方|文章の構成と使ってはいけない言葉【文例あり】

幼い頃から可愛がってもらった祖父母、祖父母が亡くなった時に読む弔辞はどのような言葉で送ったらよいのでしょうか。
いざとなったら定型文が見当たらない弔辞は例文を探すのが大変です。
ここでは孫として故人に送る弔辞の注意点と例文をご紹介します。
 

スポンサーリンク

 

孫が読む弔辞の構成


故人と親しくお付き合いのあった方にお願いする弔辞、最近お孫さんが読むことも多く見受けられます。
弔辞は故人に向けた最後の言葉で故人への想いを書き綴ります。

優れた文章や素晴らしい美辞麗句を並べ立てる必要はありません。
自分自身の素直な気持ちを言葉にして書くことが大切です。

孫として弔辞を書く場合は故人との思い出を記すとよいでしょう。

 

弔辞を書く時は?

弔辞を頼まれる時、孫の中から代表して読む場合と複数の孫が読む場合があります。
複数で読む場合は弔辞の内容が重ならないように事前にお互い確認しましょう。

 

通常1人が読む弔辞の分量は?

400字詰め原稿用紙2~3枚程度、時間にして約3分~5分が適量です。
しかし、葬儀の内容や弔問客の人数などで弔辞の配分時間が変わります。
弔辞を依頼されたら葬儀を執り行っている方や葬儀社などに確認しておきましょう。

 

出だしは寂しい気持ちを書く

弔辞の構成は、まず冒頭文で「故人への呼びかけ」から始めます。
故人が亡くなって寂しい気持ちを孫として自分の言葉で表現すればいいのです。

 

メインは祖父母との思い出話を書く

次に、メインの内容を書きます。
弔辞の一般的な内容ではまず故人の経歴や自分と故人の関係について簡単に触れておきます。
メインの内容には故人の人柄について長所や美徳のエピソードなどを記載します。

孫の立場の場合は、関係者は周知のことですので故人との思い出を記すだけにします。
「故人にかわいがってもらったこと」や「一緒に過ごしたこと」「言われたことの中で印象に残っていること」をエピソードとして紹介してみましょう。

 

締めはねぎらいの言葉や感謝の気持ちを書く

一般的な弔辞では、個人との思い出の後に遺族に対して慰めの言葉を綴ります。
孫は遺族ですので慰めの言葉は省略して結びの文章を書きましょう。
結びの文章は、故人の冥福を祈る言葉と今までの感謝の気持ちやねぎらいの言葉で締めくくります。
 

スポンサーリンク

 

弔辞に使ってはいけない言葉


弔辞で故人へ送る言葉にはいくつかのタブーがあります。
まず、遺族や参列者が不快に感じる言葉は避けるのが原則です。
さらに弔辞では忌み言葉は使用しません。
忌み言葉には次のような特徴があります。

不幸が重なることを連想させる言葉はダメ

忌み言葉には「重ね言葉」「繰り返すことを連想させる言葉」があります。

例えば「重ね重ね残念です」重ね重ねは同じ言葉が重複しています。
不幸が重なることを連想させてしまう重ね言葉は使用してはいけません

重ね言葉重々
次々
再三
くれぐれも
いよいよ
たびたび
ますます
かえすがえすも

 

不幸を繰り返すことを連想させる言葉再び
再々
続く
引き続き
追って
追いかける
また
なお
次に

忌み言葉の「重ね言葉」「繰り返すことを連想させる言葉」使用しないよう注意します。

死を連想させる直接的な言葉はダメ

忌み言葉には直接的に死を表現する言葉も含まれます。

直接的に死を表現する言葉死亡
死去
死ぬ
生きる
ご存命中
自殺
急死

四・九という数字は避ける

また縁起の悪いとされる四(死)と九(苦)忌み言葉ですので使いません。

宗教によって使ってはいけない言葉もありますので注意が必要です。
仏教では、「浮かばれない」「迷う」は使用しません。
神道やキリスト教の場合は、「成仏」「冥福」「供養」「往生」は使わないのがマナーです。

こうしてみると使えない言葉が多くて困ってしまいませんか?

そのような時はこんな言葉に置き換えてみましょう。

「悲しみ」>「哀悼」
「死去」>「ご逝去」「他界」「永眠」
「ご存命中」>「ご生前」

また、忌み言葉以外では故人に対してマイナスの印象を与えるエピソードなども避けなくてはなりません。

孫が読む弔辞の例

孫が弔辞を書く場合の例文をご紹介します。

・孫がまだ小学校くらいの場合

おばあちゃんへ

おばあちゃん、いつもぼくをかわいがってくれてありがとう。
いっぱい遊んでくれたおばあちゃん、おばあちゃんがいなくなってしまうのはさみしいです。

おばあちゃんの家に遊びに行くと、いつも「よく来たね」と言って笑ってくれました。
誕生日のプレゼントやお年玉、おもちゃやお菓子を買ってくれてありがとう。

運動会を見に来てくれた時、手をふって大きな声でおうえんしてくれてありがとう。
ときょうそうは一番になれなかったけど、「よくがんばったね」とほめてくれてありがとう。
いままでどうもありがとう。

いつまでもぼくたちを見守っていてください。
さようなら。

孫代表(署名)

 

 

お別れの言葉

引用元URL:お別れの言葉

・孫が成人している場合

 

おじいちゃん長い人生ご苦労様でした。

おじいちゃんの穏やかな笑顔が忘れられません。

「おじいちゃん」と呼び掛けると、目尻をくしゃっとさせてにっこり笑ってくれるような気がします。
おじいちゃんは、いつも遊びにきた私たちのことを暖かく迎えてくれましたね。

一緒に工作の宿題をしてくれました。

学校の話をすると、「そうか。そうか」と言って嬉しそうにうなずいて聞いてくれましたね。

小さい頃から可愛がってくれてありがとう。
よく大きな手で頭をなでてくれましたね。

そんなおじいちゃんが大好きです。
おじいちゃんの笑顔は私の一生の宝物です。
私はおじいちゃんの孫で本当に幸せです。

どうか、ゆっくり休んでください。
今までありがとう。

孫代表(署名)

 

 まとめ

孫の弔事は、
・孫から祖父母への素直な言葉で気持ちを書く
・冒頭には「寂しい気持ち」を添える
・内容は祖父母との思い出をメインに
・最後にねぎらいや感謝の言葉で締めくくる
忌み言葉を使わない

ポイントを押さえておけば自分の言葉祖父母に語りかける口調の文章で構いません。
ご自分らしい弔辞を送ってあげましょう。
 

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

宗教・宗派通夜・告別式
silverをフォローする
人生のエピローグ

コメント