お寺で葬儀(寺院葬)のメリット&デメリット|手配方法と費用も紹介

お寺で葬儀をする事を「寺院葬」と言います。
日本で行われる葬儀の9割以上が仏式と言われていますが、現在は葬儀社にお願いして葬儀会館や斎場で葬儀をされる方が多く、お寺で葬儀をされる人は少ないですね。

お寺でお葬式をする場合、どのような手順が必要なのでしょうか。
そもそも「菩提寺(ぼだいじ)」がなくてもお寺で葬儀は出来るものなのでしょうか。

普段、お寺とのつきあいがないと、知らない事がたくさんありますね。
ここでは意外と知られていないお寺での葬儀について、お話ししたいと思います。

※「菩提寺(ぼだいじ)」
先祖代々のお墓があり、それを管理・供養してくれるお寺のこと

 

スポンサーリンク

 

お寺での葬儀のメリット・デメリット

檀家(だんか)でなければ葬儀ができないというお寺もありますが、時代の流れと共に檀家制度を廃止するお寺が出てきました。
そのような背景もあり、最近では檀家でなくても葬儀を行ってくれるお寺が増えているようです。

昔に比べると、お寺での葬儀をしやすくなって来ているとも言えますが、お寺で葬儀をするメリットとデメリットにはどのような物があるのでしょうか。

※ 「檀家(だんか)」
お寺に所属し、お布施等によりお寺を援助する事で葬儀や法事などを行ってもらう家のこと

お寺での葬儀のメリット

・仏式葬儀の場として格式がある
・お寺の本堂に祭壇が設けられているので、高額な祭壇料金がかからない
・檀家になっている場合は融通が利きやすい
・仏教徒にとって供養上、最適な場所

お寺での葬儀のデメリット

・バリアフリーに難あり
・駐車場が狭い、少ない場合がある
・冷暖房がない場合がある
・ずっと正座をしなければならない場合、ご年配の方には負担
・宗旨・宗派が限定されることがある
・お寺に出入りしている葬儀社を指定される場合がある

お寺での葬儀にかかる費用

葬儀の費用は、大きく分けると次の3点になります。
1.葬儀本体費用はほぼ固定費、2.寺院費用と3.飲食接待費は、戒名のランクや参列する人数によって変動する費用です。

1.葬儀本体費用(葬儀そのものにかかる費用)
遺体のお迎え・搬送、通夜、葬式の準備、人件費など

2.寺院費用
お布施(読経料、戒名料、御膳料、お車代)

お布施の相場

読経料   15万~30万程度
お車代   5,000円~
御膳料   5,000円~10,000円
戒名料  15万~(ランクによります)

※ランクにより金額が変わる「戒名料」が、お布施の金額を大きく左右します。
 

出典: 小さなお葬式

3.飲食接待費
通夜ぶるまい、精進落とし 会葬返礼品 香典返し

※ お布施の金額は、葬儀社で紹介してもらったお寺であれば、定額である所が多いです。
菩提寺の場合「お気持ちで結構です」と言われることが多く、はっきりとした決まった金額がありません。
(葬儀社では菩提寺に関してのお布施の金額については介入できません。)
 

スポンサーリンク

 

お寺で葬儀をする時の手配

お寺で葬儀をする場合、お寺と葬儀社に連絡をします。
「菩提寺」がある場合は、菩提寺に連絡をしますが、無い場合は自分でお寺を探すか、葬儀社にお願いしてお寺を探してもらいます。

お寺と葬儀社へ依頼する

<お寺への連絡>

 1.故人の名前
 2.死亡日時
 3.享年
 4.生年月日
 5.連絡した人の名前、連絡先

 
以上を伝え、ご都合の良い日時などをお寺にお伺いします。

<葬儀社への連絡>
葬儀社へ連絡し、まず下記を伝えます。

 1.連絡した人の名前、連絡先
 2.故人の名前、身長
 3.亡くなった場所
 4.遺体を安置する場所

 
お寺のご都合を伝え、詳細を打合せて通夜・葬儀の日程を決めます。

お寺での葬儀の流れ

基本的な流れは、斎場などで行われる葬儀と変わりません。

 1. 遺体の搬送、安置
 2. 打合せ・準備
 3. 寺院で通夜を行う
 4. 寺院で葬儀・告別式を行う
 5. 出棺 ・火葬

お寺で葬儀をする時の注意点

<菩提寺がある場合>
菩提寺がある場合は、遠方であっても、まず菩提寺に連絡をしましょう。
遠方でも来て下さる事もありますし、来ることが出来ない場合は、菩提寺より近隣のお寺を紹介して頂きます。
何の連絡もせず、葬儀をした場合、納骨する時にトラブルになる事があります。

<菩提寺がない場合>
一般的にこれまでお寺とつきあいのなかった家が、お寺で葬儀をするいう事は、そのお寺の檀家になるという事になります。
葬儀だけお願いしたいという場合、その依頼を引き受けてくれる所とそうではない所がありますので、事前にきちんと確認する必要があります。

まとめ

・菩提寺がなくてもお寺での葬儀は可能
・基本的な葬儀の流れは、斎場などで行うのと変わらない
・お寺での葬儀は、厳かな雰囲気の中で行うことが出来るが、バリアフリーや冷暖房といった設備に難がある所が多い

 

 

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

通夜・告別式
life-epilogueをフォローする
人生のエピローグ