喪服着物の着付け|出張着付けの相場とトラブルの対処法

予期せぬ不幸が突然訪れても、遺族は悲しむ間もなく、葬儀の準備をしなければなりません。
喪服で着物を着ようと思ったら、喪服の準備も必要になります。

着物を着慣れていない人にとって、何が必要でどうやって着物を着るのかなど、分からないことだらけですよね。
不幸事の準備はしたくないですが、いざという時のために、ある程度の知識があった方がスムーズです。

喪服着物に関する基本的なことをまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

喪服で着物を着用するのは葬家側だけ

葬儀では葬家は、「正喪服」を着ます。
「正喪服」とは最も格式が高いとされる喪服の事を言います。

地域によっても違いはありますが、着物の場合、黒無地の染め抜き五つ紋付きの着物に、黒共帯と呼ばれる名古屋帯が一般的な正喪服です。
参列者は、遺族より格式の高い喪服は着てはいけないとされていますので注意して下さい。
 

黒無地の染め抜き五つ紋付き 出典:あい山本屋

 

スポンサーリンク

 

女性の喪服着物の着付け方

しっかりとした着付けをする事はもちろんですが、着付けに必要な小物を適当に省いてしまうと、着崩れを起こしやすくなります。

葬儀ではメイクや髪型など、すべてにおいて控えめにしましょう。
なるべく肌を見せないように着付けをし、化粧も薄化粧、髪型も落ち着いたものにします。

着付けに必要なもの

喪服
長襦袢(白地)(白の半衿が縫い付けてあるもの)
黒共帯
帯揚げ(黒)
帯締め(黒)

腰紐 3~4本
伊達締め 1~2本
帯板
帯枕

足袋
補正用タオル
肌襦袢
裾よけ

草履(黒)
バッグ(黒)

 

襦袢の着用と補正の仕方

着物では「襦袢(じゅばん)」と呼ばれる和装専用の肌着を着用します。
左衿が前に来るように羽織り、衿を思い切り後ろに引いて、衿ぐりを大きくして着ます。

着物を美しく着こなすには、体型の凹凸をできるだけなくすというのがポイントです。
腰回りが細い人や胸の大きさが目立つ人などは、体型の補正をする必要があります。

体型補正には、補正したい場所に目立たない色のバスタオルやフェイスタオルなどを巻いて調整します。

喪服着物の着付け方

<着物>


 
1.足袋を履く。
(着付け後に足袋を履くと、着崩れの心配があるので先に履いておく)
2.襦袢を着て、体型補正をした後に長襦袢を着る。
3.着物を着て、着丈を床スレスレになるよう上前位置を決める。
腰ひもをしっかり結び、おはしょりを綺麗に落とす。
4.半衿が控えめになるように、衿合せをし、腰ひもを締める。
5.衿元が崩れないよう伊達締めを締める。

<帯>


 
1.帯板をつけ、帯を胴に2回巻く。結び方は一重太鼓。(不幸が重ならないようにという意味で一重にする)
2.お太鼓の大きさは小さめにし、帯揚げは控えめに出す。帯締めは少し下向きにする。

※紋のついている喪服は、紋の位置がずれていないか(左右対称か)確認しながら着ます
 

喪服の出張着付けの相場

着物は自分で着られなければ、着付けをお願いしなければなりません。
喪服の出張着付けの料金相場は、だいたい5,000円くらいです。

この料金の他に交通費がかかります。
そして営業時間外にお願いする時は、時間外料金が発生します。
 

喪服着物のトラブルの対処法


つけないように気を付けていても、ついうっかりシミを付けてしまう事があります。
洋服と違い、着物は高価で生地もデリケートです。
対処法を試しても解決しない場合は、無理をせずクリーニング店に出しましょう。
 

シワはハンガーに吊るす

正絹の着物(絹のみの素材の着物)についてしまったシワは、まずはハンガーに吊り下げておきます。
湿気や体温を飛ばすことにより、シワが取れることがあります。

それでも取れない場合は、アイロンを使います。
正絹の着物に、当て布(糊気のない白の木綿生地)をして、裏側からアイロンをかけます。

中温~高温(絹の表示があればそこに合わせる)のアイロンで素早く、軽く押さえますが、変色する恐れがあるので初めに目立たない部分で試してからにしましょう。
またいきなり高温にせず、中温から試すようにして下さい。

スチームアイロンは厳禁です。
刺繍や金銀箔の部分は変色する恐れがあるので、アイロンをあてないようにします。
 

シミは種類ごとに対処法が異なるので注意

シミの種類ごとに対処が違いますが、どのシミにも共通しているのは「こすらない」という事です。

(油性汚れ)ファンデーション、口紅、マジックなど
綿ガーゼにベンジンをたっぷり含ませ、着物の下に布を敷く
上から綿ガーゼで生地をトントン叩き、下の布に汚れを移動させる

 

(水性汚れ)お茶、コーヒー、酒など
食器洗い中性洗剤を水で15倍くらいに薄めたものをシミ部分に濡らす
着物の下に布を敷く
綿ガーゼか歯ブラシでトントン叩き、下の布に汚れを移動させる

 

(油性と水性の混合汚れ)マヨネーズ、チョコレートなど
ベンジンの油性汚れの処理後、中性洗剤による水性汚れへの処理を行う

 

 よく乾かしてからブラシで払う

 

血液 中性洗剤での処理を行う
血液は熱を加えると固まるのでお湯は使わない

 

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

通夜・告別式
life-epilogueをフォローする
人生のエピローグ