お供えのお返しと贈る時期|葬儀・四十九日・新盆でのお返しマナー

葬儀や法要でお香典以外にお花やお線香などのお供えをいただくことがあります。
いただいた方へお返しのこと、気になりますね。
いただきっぱなしというのでは気が引けます。

いつ、どなたに、どのくらいの金額をお返しとして差し上げればいいのでしょう。
お供えを頂いた相手が、法要のお食事など接待を受けていない(親戚以外の方など)の場合はお返しをします。
ではお返しをする時期についてと金額の相場についてご紹介します。
 

スポンサーリンク

 

葬儀にお供えを頂いた場合は香典返しと同様

「お香典」は、亡くなった方に手向けるお香を持参する代わりに代金を包む「香の料」という意味で、お返しは「必要」「品物の金額」にも取り決めがあります。
一方「お供え」は本来お返しの必要はなく、しきたりやマナーなどはありません
本来はお礼のお手紙だけでも良いとされていますが、一般的にお供えも死者の霊を慰めるために霊前に供える品物ですので香典と同じようにお返しをしています。

忌が明けた四十九日後に贈るのが通例

お葬式でいただいたお供えのお返しは、四十九日前までにという習慣のところと香典返しと同様に四十九日の法要後にお返しをする場合があります。
四十九日後に香典返しをする習慣の地域の場合、お香典のお返しとお供えのお返しがふたつ同じ時期に贈られることになります。
念のためお供えのお返しには必ずお礼状をつけましょう。

葬儀でいただいたお供えのお返しのお礼状

例:四十九日後の報告を兼ねて出すお礼状

父 □□△△葬儀の節には、ご鄭重なる御厚志を賜り有難く厚くお礼申し上げます。
お蔭をもちまして本日、四十九日忌の法要を無事相営みました。
つきましては供養のしるしに心ばかりの品をお送りいたします。
何卒ご受納賜りたくお願い申し上げます。
早速参上の上ご挨拶申し上げるべきところでございますが略儀ながら書中を持ちまして謹んで御礼申し上げます。

四十九日や一周忌にお供えを頂いた場合

お葬式でいただいたお供えのお返しは、忌明けの四十九日を基準にその前か後かは地域の習慣によって変わってきます。

では、その後の法要四十九日一周忌などではお返しのタイミングはどうなっているのでしょうか。

出来るだけ早く返すのがマナー

四十九日や一周忌といった法事でいただいたお返しは、法要当日か法事が終わってから少なくても一か月以内には贈りましょう。
お供えや供物料をいただいたらすぐに電話や手紙などでお礼を伝えます。
お返しには「法事が滞りなく済んだ」という報告の意味が含まれていますので、いただいたらなるべく早くお届けするのがマナーです。

法事のお供えのお礼状

法事のお返しを郵送する場合はお礼状を必ず同封しましょう。
手続き上同封できないときはお礼状だけ先に送ります。
お礼状には「お供えをいただいたことへのお礼」「法事が滞りなく済んだ報告」「本来ならば直接お礼に伺うべきところを書状でのご挨拶となった旨」を綴ります。

この度は亡祖母○○一周忌法要に際しましてご多忙にも関わらず御鄭重なる御供物を賜り心より御礼申し上げます。
お蔭さまで○○日一周忌の法要を滞りなく済ませることができました。
ご厚情に感謝申し上げますと共に、今後も変わらぬご厚誼を賜りますようお願い申し上げます。 まずは略儀ながら書中をもちましてお礼申し上げます。

 

スポンサーリンク

 

新盆にお供えを頂いた場合

四十九日が終わって初めてのお盆を新盆といいます。
初七日や四十九日は親族など身内だけで法要を行いますので、ご近所の方が初彼岸や新盆など一週間ほど期間がある時期にお供えを差し上げる習慣の地域もあります。

お盆が終わってから贈るのが一般的

お盆の風習や時期(新暦か旧暦か)は地域によって異なります。
お盆は一週間ほどの間に弔問客がきますので、お盆に頂戴したお供えのお返しはお盆が終わったら贈るのが一般的です。
親族からの新盆のお供えのお返しは、新盆の法要(事前に喪主から法要の出欠席の確認をします)の時までに準備しておき当日渡します。
香典のお返しの品とお供え物のお返しの品を分けて用意しておけば、手間が一度で済みます。

お返しの品物を贈る時

いただいたお供え物のお返しの品物を贈る場合は、弔辞用の「志」と表書きした熨斗を使いましょう。
熨斗の表書き「志」には気持ちという意味があします。
また関西地域で用いられる「粗供養」、故人が生前お世話になった方へのお返しの時使う「御礼」などがあります。
一般的には「志」で送ることが多いです。

お返しの時使う弔辞用の熨斗は蓮の花の図柄がないもので「志」の真下に「○○家」書いて使います。
新盆は葬儀や法事とは違うため熨斗はなくても問題ありません。
ただ熨斗がないと送り主が誰からなのか解らなくなることもあります。
贈られた側からも熨斗がされていたほうが「もらった」「もらわない」で紛らわしくなることを避けられます。

お供え物のお返しは必要?不要?その疑問に答えを出します!

引用:お供え物のお返しは必要?不要?その疑問に答えを出します!

品物を選ぶ時の相場など

お供え物は香典とは違いますから香典のように「半返し」の必要はありません。
一般的にお供え物の相場は5,000円から15,000円のものをいただいています。
よくわからない場合は、葬儀を担当した葬儀社などに金額を聞いて決めるのもよいです。
半返しのルールはありませんが、お返しの相場は3,000円ぐらいが一番多い価格帯で高くても10,000円ぐらいまでが目安です。
お線香など1,000円以下のお供えを頂いたときのお返しはしなくても問題はありません
反ってお返しをした場合、先方に失礼に当たることがありますので注意しましょう。

まとめ

 

お供え物のお返しの時期やポイント
・お供え物のお礼は、お礼の手紙だけでも構わない。
・より丁寧にお礼がしたい時は相手が恐縮しない程度の品物を贈る。
・お香典とは別にお供え物を頂いているなら、お供え物のお礼の分として1,000円から3,000円以内のものを。
・お返しをする時期は地域の風習によって違う。
・お葬式の時いただいたら目安は四十九日の前までか忌明けの四十九日
・法事はできるだけ早めに
・新盆はお盆が終わったら

ところによっては「死」を穢れや不幸と捉え、相手に不幸が渡らないようにお礼を差し上げるのは忌明けや送り盆が済んでからという風習もあります。
お返しのマナーは品物よりなにより「お礼状」を出すことが大切です。

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

法事・法要通夜・告別式
silverをフォローする
人生のエピローグ

コメント