子供の喪服について|制服がない学生のケースや乳幼児の服装

突然の不幸で、葬儀に参列しなければならなくなった場合、短時間でいろいろな準備をしなければなりません。

大人の場合は大体の方が喪服をお持ちだと思いますが、お子さんがいる場合、子供の喪服をどうするか悩んでしまいますね。

制服があれば制服での参列が一番適していますが、制服がない場合の対応はどうしたら良いのでしょう。
ここではお子さんの喪服について、どのようなものがあるのかご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

喪服は子供には必ずしも必要ではない

子供用のきちんとした喪服も販売されていますが、値段もそれなりに高いです。
子供は成長が早く、すぐに服も着られなくなってしまうので、喪服を買ったとしてもほとんど葬儀1回だけの為になる事が多いでしょう。

もし購入するのであれば、葬儀だけでなく他でも着回しができるようなものをお勧めします。
お子さんの喪服に関しては、ある程度のルールを守れば、大人の喪服ほど厳しく考える必要はありません。

「子供だから仕方ない」は周囲の気遣い

大人に比べて子供が葬儀に参列する時の服装は、あまり型にとらわれる必要はありません。
しかし、子供だからと言って派手な色の服、あまりにカジュアル過ぎる格好での参列は考えものです。

「子供だから仕方ない」と周囲の人は言うかも知れませんが、それは周囲の人の気遣いです。
もしかすると半分くらいは、嫌味が込められているかもしれません。

保護者であれば、常識の範囲で子供の服を考えて参列させることも必要ですし、それは最低限のマナーと言えます。

これは服装だけに限らず、参列中に騒いだり、ぐずったりした時の対応に関しても同じことが言えるのではないでしょうか。

制服がある時の注意点

制服を着用して参列する場合、靴は黒の革靴が好ましいですが、なければ派手な物ではないスニーカーでも良いでしょう。

女子の場合、ミュールやサンダルなどカジュアルな履物はダメです。
髪の毛を結ぶゴムやピンなどは光る物を避け、地味な色のものを使いましょう。

男女とも生足はダメで、靴下やタイツを必ず着用します。
制服を腕まくりしたり、着崩して着ることもNGです。

 

スポンサーリンク

 

お通夜・お葬式での子供の服装

制服は礼服として認められますので、あれば制服で参列するのが1番良いです。
制服がない場合でも、喪服を購入する必要はありません。

基本は黒を基調とした服装にし、原色の派手な色や柄のついた服を避けるなどのマナーに気を付けて、すでに持っている服でうまく代用しましょう。

乳幼児の服装

・赤ちゃんの場合
黒色の服でなくても大丈夫です。
紺、茶、白などの落ち着いた色の服を着せて参列します。

 

・幼児の場合
幼稚園の制服があれば制服で参列します。
制服がなければ、黒を基本としたコーディネートを心掛けます。
【靴下】 黒・白・紺の無地のもので、レースなどの装飾されているものは避けます。
【靴】   黒の革靴か派手ではないスニーカー

 

・注意点
キャラクター物や派手な色は避けましょう。
デニム生地やフリースなどカジュアルな印象を与える素材も控えます。
・夏場でもノースリーブやタンクトップなど露出の多い服は避け、袖のある服を着せます。

 

【関連記事】お通夜に参列する子供の服装については、こちらも参考にして下さい

通夜に参列する子供の服装|赤ちゃんを連れていく場合に注意したい事
お通夜に参列するときのマナーは「急ぎ駆け付ける」ことが多いため、平服でもよいとされています。大人の平服というと男性はお勤め先から直接参列することが多く、色を...

制服がない場合の小学生の服装

男の子はブレザーとズボン、女の子はブレザーとスカート、ワンピースを基本としたスタイルが無難です。

【服の基本】
制服がない場合、色は黒・紺・茶色・グレーなどの暗い色の服を選びます。
このような色であってもデニム生地やフリース、スエットなどカジュアルなものは避けます。

 

【靴下】
白・黒・紺の無地にします。
模様が入っているものやレースなどの装飾がされているものは避けます。

 

【靴】
黒の革靴などフォーマルなものがベストですが、なければ派手な物ではないスニーカーでも良いです。

法事での子供の服装

服装は、基本的に葬儀の時と同じ考え方で、制服があれば制服を着て出席するのが良いでしょう。

法事は回を重ねるごとに規模も小さくなっていくのが一般的です。
しかし「平服でお越しください」と言う案内があったとしても、内輪だけの法要ではない限り、葬儀の時と同様のスタイルが無難です。

乳幼児の服装

乳幼児の服装も基本的には、葬儀の時と同じで良いです。
乳児の場合は、派手な色や柄物は避け、幼児は幼稚園の制服で出席します。
制服がない場合は、黒を基調とした服で参列します。

制服がない場合の小学生の服装

この場合も基本的に葬儀に参列する時と同じ服装と考えてください。
黒を基調としたコーディネートで、派手な色や柄物は避けます。

まとめ

・子供の喪服は基本的には必要がない
・制服があれば制服が礼服になる
・黒やグレーなど派手ではない色を基調としたコーディネートで、手持ちの服をうまく利用する
・デニムやフリースといったカジュアルな印象のものは避ける
・タンクトップやノースリーブなど露出の多い服装も避ける

 

葬儀に参列する子供の服装は上記のことに気を付ければ、特に喪服でなくても問題はありません。

 

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

法事・法要通夜・告別式
life-epilogueをフォローする
人生のエピローグ