お花代の封筒の書き方|薄墨で書く作法と御花料の包みについて

急な訃報を受けお通夜などに供花を送る時、お花代の包み方をご存知でしょうか。

宗教や宗派によってお花代として包む意味が違うことがあります。

お花代として現金を包む場合、二通りの意味があります。

・葬儀に参列する時などに供花などの生花を贈った代金として包む。

・キリスト教では弔慰金(香典)を御花料と表書きして包む。

このように生花の代金としての意味合いと、お花代の代わりにという弔慰金の意味合いがあります。

お花代の相場や、包む時の封筒の書き方・薄墨を使うマナーについてまとめました。

 

スポンサーリンク

 

お花代の封筒の選び方

それでは、まずは供花の代金としてのお花代と包みの選び方についてお話ししましょう。

お花代とは

お花代とは、葬儀の会場で故人の祭壇に供えるお花の代金を言います。

葬儀に参列する時に包むお金のことで、昔から日本では香典とは別にお花代として包んで渡すという風習があります。

別々に包む理由は、香典は相互扶助の意味がありご遺族にお渡しするものですが、お花代は葬儀社や花屋に支払うものだからです。

受付に渡す場合には不祝儀袋に包む

お花代を葬儀社やご遺族経由で注文した場合は、白い封筒に「御花料」と書いて現金を包んでご遺族に渡すのがマナーです。

また供花をおくるだけではなく、香典だけでは足りないと感じた時にお花代の名目で包むこともあります。

白い無地の封筒に入れて、表書きには「御花代」または「御花料」と書き渡しましょう。

市販の不祝儀袋でも構いません。

お花代の包みには薄墨で「御花料」と書く


出典:筆耕例

お花代として包む封筒の書き方について見ていきましょう。

香典と同じように薄墨を使うのがマナーです。

お花代の書き方・墨の色

お花代の現金を包むのは、不祝儀袋か白い無地の封筒です。

表書きの献上には「お花代」「御花料」と書くか、印刷されたものを使います。

水引などで豪華な装飾をしている不祝儀袋は、包む金額によってランクが決まっていますので注意して使いましょう。

市販されている不祝儀袋には、包む金額の目安を表示しています。

包んだ金額と袋が見合っていないと、相手に失礼になりますので注意してください。

お花代のお金の入れ方

<不祝儀袋について>

白い無地の封筒に入れ、水引はかけないのが一般的です。

仏教の場合は蓮の花の印刷されたものが使えますが、仏教以外の場合は使用できません。

 

<表書きについて>

「お花代」「御花料」「御花輪料(おんはなわりょう)」と書きます。

 

実際の供花の代金と包む金額については次にお話しますが、供花は兄弟や同僚・友人一同として贈る場合があります。

こうした場合、包む金額に端数が出る場合は、千円の単位で一番年長者が多く負担するのが一般的です。

何百何十円と均等に割ることはあまりスマートではありません。

また、4,000円や9,000円というように「四」「九」の数字になった場合は、縁起が悪い数字ですのでタブーとされています。

相場の金額に照らし合わせ、多めに出して調整するのがマナーです。

 

スポンサーリンク

 

供花の注文の仕方と相場

お葬式にお供えする花は、花屋か葬儀を担当している葬儀社に注文します。

祭壇の横へ供える名札付きの生花を送る場合は、遺族や葬儀社などに相談して手配し依頼した相手にお花代を渡します。

会場の場所・通夜の日時・故人の正式な名前と自分の名前を正確に伝えておくことを忘れないようにしましょう。

葬儀の会場に供える花を贈る場合は、いくつかの注意点を守りましょう。

 

<贈るタイミング>

訃報を聞いてすぐに準備するのが基本です。

出来るだけお通夜の開始時刻前までに届くように手配しなくてはいけません。

 

<名札のある場合の確認事項>

名札の名前で気を付けなければいけない事があります。

表記されている名前が正しい字かどうかは、正式な儀式の時は用心すべき重要なポイントです。

表記されている故人の名前に誤字があったとなると、大変な失礼になってしまいます。

一字一字間違っていないか喪主や遺族に確認し、注文する時もしっかり確認してください。

 

多くの葬儀社では、生花の注文を受ける時に表記する故人の名前を聞き、間違いがないか遺族に確認をします。

遺族側に問題ないとした上で名札を作成していますが、遺族も動揺していることがありますのでチェック漏れは出る可能性があります。

依頼する側でもきちんと確認をしましょう。

 
供花の代金の相場

供花の相場はサイズや種類で違います。

・花輪一基が12,000円~15,000円前後

・花篭は10,000円前後

・アレンジメントの花篭の場合、3,000円~を上乗せ

・花輪とお供え物がセットになっているものは15,000円~

 

供花を注文した代金だからといって、実際のところはお花代として包む金額は実費分ではありません。

 

御花代として包む場合の相場

故人との関係や年齢によって金額が異なってくるのが常識です。

・故人が自分の両親の場合:30,000円~100,000円

・兄弟姉妹の場合:30,000円~50,000円

・祖父母の場合:10,000円~50,000円

・叔父叔母など:10,000円~30,000円

・同僚・友人・知人:5,000円~10,000円

 

キリスト教ではお花代は香典と同義

お花代という言葉には、二つの意味があるとお話しました。

葬儀に参列する時の供花などの生花代と、弔慰金(香典)の表書きや香典の金額が不足していると思った時の補足として包んでいます。

香典は仏教の「お香の代わりに」という意味があり、キリスト教では弔慰金と言っています。

キリスト教のお花代とは

神道やキリスト教では、香典とはいいません。

仏教ではお香を供える代わりにという意味ですが、神道では弔い金といい玉串の代わりに、キリスト教では弔慰金といい献花の代わりということになります。

 

<弔慰金としての御花料の相場>

両親:100,000円

祖父母:10,000円~30,000円

職場関係者:5,000円~10,000円

友人・知人:5,000円~10,000円

 

<宗派によって使える表書き>

キリスト教では弔慰金は「御花料」と書いて渡します。

カトリックでは「御ミサ料」とすることもあります。

また、プロテスタントでは「忌慰料(きいりょう)」を使います。

 

「御霊前(ごれいぜん)」の表書きについて

御霊前はほとんどの宗教・宗派で利用できるといわれています。

ですが、プロテスタントの福音派など一部の宗派では「宗教観から外れる」と言われ使えません、注意しましょう。

 

【関連記事】キリスト教の葬儀の香典袋の書き方と金額の目安について、こちらにまとめがあります。

キリスト教の葬儀での香典袋の書き方|金額の目安と参列時のマナー
キリスト教式の葬儀に参列する場合、香典袋はどのような物を使えばいいのでしょうか。日本では仏式の葬儀が多い為、キリスト教での葬儀はあまり馴染みがありません。キ...

 

キリスト教で供花をしたい場合

キリスト教では、仏教のように親類や参列者からのお供え物やお花は飾る習慣はありません。

教会で遺体の周辺に置く花は家族が用意しています。

また教会の祭壇や会場の花などの装飾は、司祭や牧師が取り仕切っています。

どうしても教会に送りたい場合は、教会の司祭や牧師の指示に従いましょう。

 

供花も供物も教会で飾るのではなく、故人の自宅に届けましょう。

キリスト教では、献花や供花は生花でなければいけないという決まりがあります。

贈る花の種類に厳しい決まりごとはありませんが、白いユリは聖母マリアの象徴とされメインで用いられます。

また贈る場合は、多くは持ち運びしやすいバスケットアレンジや陶器にアレンジして贈ります。

贈られた遺族が自宅で飾るか、教会へ持っていくのかを決めています。

おしゃれなお家でドアなどに飾られているリースは、元来「葬花」です。

リースは永遠の命という意味で「丸」ですが、肉親や友人・教会の信者仲間が贈るのは「クロス(十字架)」、親族やとくに親しい友人が贈るのは「ハート」の形などがあります。

リースはお墓に供えたり、遺族がお棺を飾ったりされています。

 

まとめ

お花代には二つの意味がある

・仏教では香典とは別に葬儀で供える供花の代金を包む。

・キリスト教では香典のことを御花料として包む。

お花代の表書きは「御花料」四十九日までは薄墨を使う。

 

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

宗教・宗派法事・法要通夜・告別式
silverをフォローする
人生のエピローグ