直葬でも戒名はつけてもらえる|納骨時の墓地や霊園の選び方と注意点

最近では家族葬や無宗教葬などのごく親しい方や身内だけでお別れしたり、身内だけで火葬をする直葬、または火葬式といった形式で見送る人が増えています。
中でも直葬というと、ただ火葬だけをするというイメージが強いのではないでしょうか。

直葬は簡素な弔いの方法ですが、戒名をもらうことや火葬場で炉前の読経をしてもらうこともできます。
直葬で戒名をもらうタイミングや、納骨の時の注意したいことについてまとめました。

 

スポンサーリンク

 

直葬でも戒名はつけてもらえる

直葬とは、故人と交友関係があった方々を呼ばず限られた人だけで見送る、様々な弔いの方法の中で一番簡素な葬儀といえます。
葬儀費用もかなり抑える事ができ、儀式にかかる時間も半日あれば送ることができます。

宗教的な儀礼を省略する場合も多いですが、火葬場での炉前法要や戒名をつけてもらうことはできます。

戒名は仏弟子になった証し

最近のお葬儀では「戒名がないと成仏できない」と真剣に悩む人はそういないと思いますが、それでも亡くなると戒名をもらうケースは依然として多いようです。
戒名とは親がつけた名前(俗名)ではなく「仏陀の弟子」になったという証に授かるものとされています。
出家して仏門に入る時にもらっていたものが、亡くなってからもらうという慣習が定着しました。

直葬でも戒名はつけてもらえる

直葬は儀式をしないで火葬のみするというイメージがあります。
ですが、実際は亡くなってから24時間は火葬できません。

遺体は自宅か葬儀場、または火葬場の安置室などで安置されています。
火葬までの間、遺族とのお別れもきちんとできるのです。

安置の時間や火葬前の炉前法要に、僧侶を呼んでお経をあげてもらうこともできます。
その際、費用はかかりますが、直送であっても戒名をもらうことは可能です。

火葬後に戒名をつけてもらうこともできる

実は戒名をもらうタイミングは、葬儀の時だけではありません。
生前に戒名をもらうこともありますし、お墓に遺骨を納める前などにもらうこともできます。

火葬してしまったらもう「戒名をつけてもらえない」ということはないのです。

寺院墓地では戒名がないと納骨できないことがある

仏教の葬儀をしなかった場合、戒名をもらっていないこともあるでしょう。
戒名が「あるか・ないか」については、納骨の際に注意しなくてはならないことがあります。

寺院墓地だと納骨を拒否されることがある

納骨をする場所は複数あり、公営や民間の墓地、お寺の墓地など宗教系の墓地など、その種類によって運営者も異なります。

一般的に、菩提寺がある方はそこへ納まることが多いはずです。
この時、無宗教で葬儀をしたり直葬で戒名をもらっていないと、菩提寺のお墓に入れることを拒否される場合があります。

 
【関連記事】無宗教葬の場合戒名がないメリットとデメリットについては、こちらにまとめがあります。

無宗教の葬儀は戒名がない|入れるお墓が少なくなる等のデメリットも
日本人の多くは仏教でお葬式をします。現代では昔からの風習であって特に信仰しているという意識もせず、仏教でお葬式を上げるものという感覚が希薄な方も多くなってい...

 
仏教寺院の墓地では戒名が「ない」場合は「付けない」とお墓に入れてもらえないというのが慣例です。

他にも次のようなトラブルがあります。
それは、戒名を菩提寺(お墓を運営しているお寺)でもらわなかった場合です。

・菩提寺の住職が新しい戒名を付け直し、さらに戒名料を支払う。

・別の戒名のまま法要をする場合は、年忌法要やお盆などのたびに高額のお布施をまるでペナルティのように要求される。

戒名がないとお墓に入れないというのはざっくりした表現ですが、戒名料をお寺の収入として見込んでいる風潮があるため、このようなトラブルが絶えないようです。

 
【関連記事】生前戒名など菩提寺でもらわないケースについて、こちらのまとめ注意事項があります。

浄土宗の生前戒名|受戒会や五重相伝会への参加費用の相場
戒名について世の中で問題とされているのが、「戒名にそのものの意義」「戒名料が高い」「現世の身分の固定化は差別的」と大まかには3点です。お布施 (戒名料やお経料)...

 

民営・公営の霊園は戒名なしで納骨できる

墓地には宗教系の墓地のほかに、公営と民営の墓地があります。
宗教に関係のない運営母体の霊園では、宗教を問われることはなくもちろん戒名の有無も関係なく納骨ができます。

公営の霊園は宗教フリーが魅力ともいえますが募集があまりなく、なかなか新規で入ることが難しいです。

一方で公営ではないのに「宗教不問」として募集している霊園もあります。
このような霊園は民間の霊園墓地のような雰囲気で、見た目には「お寺色」が感じられなくても寺院の管理の霊園だったりします。

この手の霊園の広告で謳われている「宗教不問」の言葉の裏には以下の二つのパターンがあります。

・「過去の宗教宗派は問わないが、檀家になるのが条件

・「過去も今後も宗教・宗派は問わない

よく確認して検討してください。

「菩提寺で納骨を拒否(戒名を強要など)されたため、宗教不問の墓地を探し当てたのに」
檀家になることが条件だったとあっては、それまでの苦労が水の泡になってしまいます。

 

 

まとめ

・直葬の場合でも戒名はもらえる。

・直葬後でも戒名はもらえる。

 

直葬の費用は、遺体搬送と火葬で18万円前後が相場です。
直葬という葬儀は費用を押さえられ、時間が短縮できることから2000年以降は都市部を中心に増えています。

一方で菩提寺がある場合は、葬儀のやり直しや戒名がないと納骨させない・離壇(離壇料が発生する)を迫られお墓を移すといったトラブルも増えてきています。
お寺によっては「直葬」を認めないという強硬な姿勢のところもあり、菩提寺がある場合はよく話し合うことが必要です。

 

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

通夜・告別式
silverをフォローする
人生のエピローグ