「お花代」と「お花料」の違い|供花や花輪の送り方と代金の支払い

お葬式で
「あの家では花輪が大通りまで出た」
など、葬儀の規模を伝える言葉を聞いたことはありませんか。

仏教のお葬式ではよく目にする会場の外に立てられた花輪や、祭壇に飾る供花(きょうか)などには名札が付いています。
遺族や身内、お付き合いのあった人達が贈っているのが花輪や供花です。
花輪や供花のその代金として包んでいるのが「お花代」なのです。

一方、キリスト教では「お花を贈る代わりに」という意味で弔慰金の包みに「お花料」と記す習慣があります。
仏教での「お香の代わりに」という意味の「お香典」と同じですね。

宗教によって違う「お花代」「お花料」についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

お花代とお花料の違い


出典:花輪を葬儀に送るなら、押えておきたい手順とマナー

一般的には、お花代というとお花の代金のことですね。
お葬式では仏教でもキリスト教でも「花」を手向ける習慣があります。

仏教では祭壇などのお供えとして、キリスト教では葬儀の中で献花として使っています。

一般的なお花代は「供花代」

仏教のお葬式で、遺族や親しい人が贈る花輪や花かごなどの供花の代金のことをお花代といいます。
仏教では供花は五供(ごく)に数えられる定番のお供え物で、仏花などとも言われています。

外に飾る花輪は、大正時代に葬儀社の発案で始まりました。
現在ではほとんど造花で作られています。

外で飾る花輪とは別に、祭壇の脇や葬儀会場に置く供花や供花スタンド(フラワースタンド、花スタンドとも言います)があります。
このような花輪や供花の代金をお花代と呼んでいます。

プロテスタント式葬儀では香典と同義

キリスト教の葬儀や告別式では、参列者がお焼香ではなく献花をします。

キリスト教では参列者が喪主に贈る現金を「お香典」とは言わず弔慰金といって、プロテスタントでは弔慰金を包む時の言葉に「お花料」という言葉を使っています。
その由来は仏教のお香典(お焼香などに使うお香の代わりに)と同じで、献花するお花の代わりにという意味があります。

 

スポンサーリンク

 

お花代の渡し方

お花代の渡し方には注意点があります。

仏教でのお花代は、贈った花輪や供花の代金です。
葬儀社や花屋に支払うべき代金ですので、仮払いしてくれた方へ渡さなくてはいけません。
ここが遺族への相互扶助として渡すお香典とは大きく違う部分です。

お花を贈りたい場合は葬儀社・親族に確認する

葬儀にお花を贈る時は、葬儀社か親族に確認をします。

葬儀の会場で花を飾るスペースの都合や、他の方からの供花とのバランスがあるからなのです。

お花代は香典と別に用意する

花輪や供花を贈った場合の代金は、葬儀社などの業者に直接渡す場合と窓口になった親族などに渡す場合があります。
お花代は誰に渡すのか迷うことも多く、直に手配してくれた人に会えないこともあります。
そのような場合は、受付にお香典と一緒に渡しましょう。

ケースバイケースの支払い方

<業者へ直に支払う>

花輪や供花スタンドなどの代金ですので、依頼した業者に支払うが一般的です。

<親族などへ支払う>

親族が取りまとめて調整する場合は、窓口になった方に支払います。
供花の多くは、故人の兄弟や親族から贈られるものです。
親族が身内や知り合いの分もまとめて依頼し、数の調整や種類の選択を業者とすることがあります。

贈る側は「花輪を」「花かごを」というように、あれこれ選んで贈ることはあまりありません。
祭壇に飾る供花は左右対称が基本ですし、花輪は数がたくさん飾れないなど会場の事情などと照らし合わせて現場で調整する人が必要になります。
こうした調整を業者とする親族がいる場合は、親族が取りまとめて支払っています。

<お花の手配が間に合わなかった場合>

供花の手配は、訃報が来たらまずしなくてはならないほど早くする必要があります。
取りまとめを親族がしないなど、個別に贈っている葬儀では間に合わないことも出てきます。

そのような場合は、「お花代」と包んで現金を遺族に渡す場合もあります。
またお花代の包みは、お香典だけでは金額が少ないと感じた時の補足分としても包まれています。

<供花を辞退している場合>

家族葬や直葬など様々な形式の葬儀がされている中で、喪主が供花を辞退していることがあります。

「勝手ながらお香典、お供花、お供物の儀はご辞退申し上げます」

 
こうした喪主の意向がある場合は、供花やお花代を贈るのはやめましょう。
何となく心に引っ掛かりますが「何も差し上げない」ことが正解です。

 

喪主がこのように辞退をするのには、それ相応の事情があるものです。
しかし、「自分の身内の時はお香典もお花もいただいたのに・・・」というケースもありますよね?
このような喪主の辞退に対して、「どうしたら故人への供養の気持ちが表せるの?」「ご遺族をお慰めするのに何か方法は?」と気持ちが落ち着かないのも事実です。

そのような場合は、次のようなことを考えてはいかがでしょう。

・葬儀の後日を改めて弔問に伺う。

・お悔やみの手紙を出す。

・個別でお墓参りをする。

 
物やお金を贈る以外にも気持ちを表すことができます。

 
【関連記事】弔問のマナーについてはこちらにまとめがあります。

葬儀に行けない時の後日弔問時のマナー|事前の連絡や服装について
突然の訃報、葬儀の案内をいただいたのにどうしても参列できない時もあります。遠方だったり家を留守にできなかったり、事情は様々ですが心苦しい気持ちで悩むことも多...

 

お花代の包みと表書き


出典:祝儀・不祝儀

供花の代金を入れるのは、白い無地の封筒でも構いませんし市販の不祝儀の袋でも構いません。
不祝儀の袋には、地域差が少しありますので風習を確認して包みましょう。

黄色と白の結び切りの不祝儀袋は、関西で多く使われています。
関東では、黒白の結び切りの水引のついたものを使っています。

中に入れるお札はお香典と一緒で新札は避け、表書きは「お花代」としましょう。
あまりにみすぼらしい状態の旧札も無礼になりますので、きれいなものを選びましょう。
包む時は、お札の肖像画のある表が袋の裏側にくるようにして入れます。

 
【関連記事】お花代の二つの意味と包み方や相場については、こちらにもまとめがあります。

お花代の封筒の書き方|薄墨で書く作法と御花料の包みについて
急な訃報を受けお通夜などに供花を送る時、お花代の包み方をご存知でしょうか。宗教や宗派によってお花代として包む意味が違うことがあります。お花代として現金を包む...

 

 

まとめ

 

・仏教の葬儀では「お花代」は花輪や供花などの代金。

・キリスト教のプロテスタントの弔慰金は「お花料」で包む。

・お花代は、葬儀社や取りまとめた窓口の人に渡す。

・喪主が「供花を辞退」と表明していたら贈らないのがマナー。

 

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

宗教・宗派法事・法要通夜・告別式
silverをフォローする
人生のエピローグ