不幸があった人への挨拶メール|言葉遣いと注意すべき忌み言葉

電話に比べて相手の忙しい時間帯などを気にせず送れるメールはとても便利なツールです。
訃報が届いた時、メールならお悔やみの気持ちを早く伝えてご挨拶ができます。

ですが、ちょっとお待ちください。
メールは便利ですが、あくまで略式の伝達方法です。
友人やごく親しい相手なら許されますが、目上の方には失礼な行為にあたります。

日ごろとても親しくお付き合いしている方でも、年上や目上の方にはメールでのお悔やみは注意しなくてはいけません。
どのような場合ならお悔やみのご挨拶をメールで送って良いのか、メールで伝える場合のマナーについてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

ご不幸への挨拶メールは親しい相手以外はNG

本来は、お悔やみの言葉は直接会ってお伝えするのがマナーです。
それでも相手との関係や状況によっては、メールでお伝えしても問題ないことがあります。

では具体的にどのような場合なら、お悔やみのメールを送っても失礼にならないのかご紹介しましょう。

メールはもっとも略式なツール

お悔やみの挨拶をする時、直に会ってご挨拶できないなら手紙や弔電で出すのが正式なマナーです。
メールはあくまで略式のご挨拶になります。
メールは出す側にとって、時間的な制約や届くまでのタイムロスがありません。

また、受け取る側も葬儀などで忙しくしているでしょうから、自分の都合の良い時に受け取れるためとても便利です。
失礼のないように送れるのであれば、多くの方が利用したいと考えますね。

お悔やみメールを送ってよい相手とダメな相手

メールでのご挨拶は「目上の方」にはマナー違反となります。
しかし次のような状況なら、お悔やみをメールで伝えても問題ないでしょう。

条件は、メールでご不幸の連絡をもらった場合で、送り主との関係が以下のようなケースは大丈夫です。

・送り主が、友人・知人など親しい間柄

・送り主が、取引先の担当者や会社の上司、同僚といったビジネス関連の間柄

 
不幸のあった方との関係が深い場合、あるいはビジネス上の関係の場合で至急の時に限ります。

お悔やみメールの基本


お悔やみを伝えるメールは、通常のメールとは違います。
略式の挨拶状としてのマナーや、注意点についてみていきましょう。

お悔やみメールを送る時、相手は葬儀の準備や支度で忙しくしている可能性があります。
文章はシンプルに相手に負担をかけないように、また読みやすい構成にしてください。

件名はわかりやすく

件名は「(名前)よりお悔やみ申し上げます」というように、相手が送り主を一目で判断できるようにしましょう。

名前は珍しい苗字ならすぐわかりますが、基本的にはフルネームで入れましょう。
そして用件が「お悔やみの挨拶」だとすぐに分かるようにして、緊急のメールと区別できるように配慮してください。
相手が会社関係の場合は、名前の前に会社名と部署名を入れておきましょう。

時候の挨拶は不要

お悔やみのメールでは、時候の挨拶といった前置きは必要ありません。
いきなり本題に入り、お悔やみの言葉から書き出します。

読む相手に時間を取らせないようにすることが大切です。

相手への気遣いと丁寧な言葉遣いを

お悔やみメールは、略式とはいえ弔意を表す「挨拶の文書」です。
亡くなった方には敬称を使い、普段の文面よりも丁寧な言葉遣いをしましょう。
極端に畏まった文章でなくても構いませんし、ごく親しい関係の場合は相手を思いやる一言を付け加えると良いでしょう。

<ビジネス関係の相手>

 

・「心身ともに大変な時と存じますが、どうかご無理をなさいませんように」

・「お力をお落としのことと存じます。くれぐれもご自愛下さいませ」

 

<親しい友人や知人>

 

・「何かあったらいつでも連絡してくださいね」

・「頑張り過ぎているのではないか心配しています」

 

<親しい間柄へのお悔やみメールの例>

 

・「御母様の突然のご逝去を知り、大変驚いています。」

・「ご家族の皆様のお悲しみはいかばかりかと、心よりお悔やみ申し上げます。」

・「本来なら直接お悔やみに伺うべきところではございますが、このような形になり申し訳ありません。」

・「私にできることがあればいつでも連絡してください。」

 

スポンサーリンク

 

お悔やみの文章で注意する言葉


お悔やみの手紙や弔電にマナーがあるように、メールでもマナーがあります。
どのように親しい間柄であっても、略式であってもお悔やみのメールでは故人に対しては敬意を払いましょう。

また、使ってはいけない言葉もあります。

故人の敬称

故人に対して敬意を込め、故人の名前は氏名ではなく、敬称で故人との続柄を表現しましょう。

・亡くなった方が実父の場合は「御尊父様」「お父様」「御父上」

・実母の場合は「御母堂様」「お母様」など

・配偶者の場合は「御主人様」または「御令室さま」

・兄弟や姉妹の場合は「御令兄様」「御令弟様」「御令姉様」「御令妹様」

 

 

忌み言葉

お悔やみのメールでは、「忌み言葉」は使ってはいけません。
不祝儀で使ってはいけないお悔やみの言葉と同じで、宗教や地域に関わらず共通のマナーです。

忌み言葉には、不吉な意味を連想させる言葉「重ね言葉」と直接「死」を連想する言葉があります。
「重ね重ね」「またまた」「再三」といった不幸が繰り返すことを連想してしまう言葉は避けましょう。

直接、死を連想させる言葉には「死ぬ」「滅ぶ」「死亡」「生存」「生きている」などがあります。
このような言葉は「ご逝去」「ご生前」「お元気な頃」というように遠巻きにした表現に言い換えて伝えましょう。

 
【関連記事】日本全国で共通のNGワードについては、こちらにまとめがあります。

死亡された方やご遺族への挨拶とお悔やみの言葉と注意するポイント
お悔やみの言葉は亡くなった方の死を悼み、ご遺族の心をいたわるためのものです。突然のご不幸に対し悲しみや動揺もあり、いざとなるとなかなか言葉が出てこないもので...

 
不祝儀で使わない共通のマナーの忌み言葉ではありませんが、宗教によって配慮する言葉があります。
仏教ではない方に送る場合「仏」「冥福」「成仏」「ご愁傷様」「供養」「往生」「冥途」は使えません。

これらは、仏教用語です。
キリスト教の方の場合は、さらに「お悔やみ」という言葉も死に対する教えの違いから使うことは避けましょう。

 
【関連記事】宗教別のお悔やみの言葉については、こちらにまとめがあります。

葬儀で使えない忌み言葉|宗教によって違う「死」の捉え方に注意
結婚式でも言ってはいけない言葉がありますね、切れるとか別れるは縁起が悪いと言われています。同様に葬儀や法要で言ってはいけない言葉があることをご存知でしょうか...

 

まとめ

メールは葬儀で忙しい遺族が都合の良い時に読むことができ、送る側もすぐにお悔やみを伝えることができるとても便利なツールです。

お悔やみの挨拶をメールで送る場合は、相手に失礼のないように状況や関係性を考えた上で送りましょう。

メールの文章の内容は、お悔やみの挨拶の時のマナーと同じです。

 

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

通夜・告別式
silverをフォローする
人生のエピローグ