告別式でもらう清め塩ってどうするの?|使い方と由来について

お葬式から戻ったら「家に入る前に身体に塩を振るのは何故」かご存知ですか?

子供のころから親にそう言われて育ったので、特に理由も知らずにきたけど、この疑問に正確に答えられる方は多くはいません。

通夜や告別式で帰り際に渡される会葬返礼品には清め塩がセットされてる場合もあれば、ない場合もあります。

これは地域や宗派によって「付く・付かない」が変わり、通夜だけ付く場合もあったりとバラバラです。

この記事ではそんな清め塩の意味や使い方などを解説しています。

 

スポンサーリンク

 

清め塩を告別式などでもらった時の正しい使い方

小さな紙の包に入れられた清め塩は、告別式終了時、ご遺族から渡される会葬礼状に同封されていることが多いと思います。

家に入る前にパパっと体にふりかけて「おしまいっ」というあなたに、まずは清め塩の正しい使い方をご紹介しますね。

 

清め塩は玄関をまたぐ前に使う

清め塩は死による穢れ(けがれ=不浄なこと)を払う目的で使います

告別式から戻ったら家に入る前、つまり玄関をまたぐ前にかけましょう。
自分でかけても良いのですが、誰かが在宅している場合は、その人にかけてもらうのが一番です。

 

清め塩の正しいかけ方


①手を洗う

お清めの前に手を洗うのは、神社参拝前に手水舎(ちょうずや)で手水を使うことと同じです。
ただ、家の外に手を洗う場所がない家も多いと思いますので、その場合は省いても問題ありません。


②塩をふりかける順番は、胸→背中→足元

ひとつまみずつ塩をとって、胸→背中→足元と上から順にパラっとかけます。
実は、この順番は血が流れる順番です。
穢れは血流に乗って全身をめぐるとされているため、同じ流れで清めていきます。


③足元の塩を踏む

最後に足元にまいた塩を踏んで、全身の清めは完了となります。

ふりかけて体に残っている塩は穢れを吸い取っているため、手でしっかり払ってから家の中に入りましょう。

清め塩の正しいかけ方は動画でもチェック!

 

スポンサーリンク

 

清め塩をかけ忘れて屋内に入った場合

あわてずに、もう一度玄関の外に出て最初から清め直します。

ただ清め塩をかけ忘れたからと言って不浄が宿るとか、不幸が訪れるなどということは一切ありません。
あくまでも気持ちの問題ですのでご安心ください。

 

清め塩の由来とその賛否

ここからは清め塩のルーツを辿って(たどって)みましょう。
 

もともとは神道の儀式

清め塩の儀式は実は神道、神社がルーツです。

神道にとって一番大切とされるのは清浄、つまり清らかで穢れ(けがれ)のないことです。
神様へのお供えやお参りをする時は、必ずお祓い(おはらい)をして不潔や不浄の穢れ(けがれ)を清めなくてはなりません。

また、穢れは気枯れ(気が枯れる)とも言われています。
気が枯れるとは字の通り、元気、覇気がなく気力が低下している状態です。
神道ではこの状態は不浄とされ、お祓いをしないまま神社にお参りしてはなりません。

そして究極の気枯れである「死」を祓い清めるために塩を用いるのですが、ここで誤解してはいけないのは、神道は「死」そのものを穢れものとしているのであって亡くなった本人が穢れているということではありません
塩が清め祓ってくれるのは、「死」についてやってくる邪気なのです。

なるほど、神道における清め塩の重要性が理解できますね。

 

使うかどうかは自分の気持ち次第

あれ、神式でない仏式の告別式で清め塩をいただいたけど?

そうなのです。
本来「死」を穢れと考えない仏教では清め塩は必要でないはずです。
実際、浄土真宗では清め塩は不要であるという姿勢を明白にしています。

とはいえ仏式でも清め塩が配られることがあるのは、「古代日本を起源とする宗教である神道によってすでに慣習化されていたため」と言われています。
長い歴史を経て、神道と仏教の間に曖昧さを残しているのは日本人の寛容さゆえでしょうか。

このように清め塩は信仰というより慣習で行っていると説明した方が正しいのかもしれません。
なので、もしあなたが特にこだわりがないのであれば清める必要はないのです。
あなたの気持ち一つで使うかどうかをご判断ください。

 

スポンサーリンク

 

使わなかった清め塩は捨てましょう

では、使わなくて残った清め塩はどうしましょう?

はい、そのまま廃棄してください。

塩と言っても告別式で配られる清め塩は食用ではありませんので絶対料理などに使わないでくださいね。
捨てたからと言って邪気に取りつかれるとか、厄がやって来るとか、全くありませんのでご安心ください。

 

まとめ

  • 清め塩は玄関をまたぐ前、胸→背中→足元の順番にかける
  • かけ忘れて家に入ってしまったら再び玄関の外に出て清め直す
  • 清め塩は「死」を祓い清めるために始まった神道の儀式
  • 清め塩を使うかどうかはあなた自身の自由な選択で

 

今までなんとなく玄関先でふりまいていた清め塩。
両親の答えは間違っていませんでしたが、一つの慣習と捉えれば、体にふりかけなくても不幸が舞い降りるわけではない、と分かって安心しました。
でもきっと私は、死についてくる邪気を払ってくれると信じながら、清め塩、これからも続けようと思います。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

通夜・告別式
life-epilogueをフォローする
人生のエピローグ