枕飾りのご飯の作り方|お米の量やお箸の立て方はどうする?

「お茶碗はどれでもいいの?」
「どのぐらいのお米の量にすべき?」
「お箸を立てるときに気をつけることは?」

いざ枕飾りのためにご飯を用意しようと思うと、いろいろと悩みますよね。
見たことはあっても、作るとなると細かなことまで知っておく必要があります。

この記事では、枕飾り用のご飯の作り方と気をつけるべき点について詳しく解説します。
枕飾りを準備する方はぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク

 

枕飾り用のご飯の作り方


出典:安楽寺
 
故人が生前使っていたお茶碗にご飯を盛り、お箸を立てて供えたものを、枕飯(まくらめし)といいます。
一膳飯(いちぜんめし)、一杯飯(いっぱいめし)と呼ぶこともあります。
仏式では他の枕飾りとともに小机に並べて飾ります。

食事のときにご飯にお箸を立てたままにしておくと、親から「縁起が悪い」と注意された方もいるのではないでしょうか。
枕飯は「死者のもの」という印であり、「忌みの掛かった物」と考えられているためです。

枕飯の意味には、「故人がよみがえることを期待して供えた」「無事にあの世にたどり着くためのお弁当」などいくつかの説があります。

枕飯を供える意味については、下記の動画でも解説されています。

枕飯は仏式の作法で、神式やキリスト教式のお葬式では供えないので、注意しましょう。
また、浄土真宗では「人間は死と同時に浄土にいく」とされているため、枕飯は用意しません。

枕飯の一般的な作り方は下記の通りです。

  1. 個人が生前愛用していたお茶碗とお箸を選びます。
  2. 選んだお茶碗のすり切り一杯のお米を炊きます。
    他のお米とはわけて炊くのがよいとされています。
    もしくは、他のお米と一緒に炊いた場合は一番初めに盛り付けましょう。
    地域や宗派によっては、玄米を炊くところもあるようです。
  3. 故人のお茶碗以外にもう一つお茶碗を用意し、内側を水でぬらします。
    炊いたご飯は両方にぎゅうぎゅうに盛り付けます。
    お米をひとつぶも残さないよう、注意しましょう。
  4. ご飯をつめたお茶碗を二つ合わせるようにして、二つ目に用意したお茶碗をそっと離すと、きれいな山の形に盛り上がった大高盛ができあがります。
    ご飯は高ければ高いほどよいとされています。
  5. ご飯の上にお箸を立てます。
    お箸の立て方には、「二本垂直に立てる」「二本の箸が一本に見えるようにする」「箸の高さを合わせずに立てる」「一本だけ垂直に立てる」「一本は垂直で、一本は横に挿して十字にする」など、さまざまな方法があります。
    地域によって異なるので、親戚や周囲の方に確認してみましょう。
    お箸は割りばしで代用しても問題ありません。

 
枕飾りの配置、宗教や宗派による違いについては下記の記事で詳しく解説しています。
関連 枕飾りの配置やお参りのマナー|枕飾りの意味や宗教別の飾り方について

 

スポンサーリンク

 

枕飾り用のご飯は他の物と一緒に通夜の前に用意する


出典:浄土宗
 
枕飯は枕団子とともに通夜の前に用意します
できれば、他界したその日から作るのがいいとされています。
また、火葬日まで毎日作り替え、前日までの枕飯と枕団子は半紙に包んでお棺の中に入れていきます。
ただ、一度つくったら取り替えないところもありますので、自分の地域の風習を調べ、それにならうのがいいでしょう。

続いて、枕飾りとして他に用意すべきものについても解説します。

枕飾りとは、供物を捧げる仮の祭壇です。
故人が亡くなった日から通夜や葬儀が始まるまでは安置した場所の枕元に供えます。

仏式では、白木か白い布をかけた台に、「三具足(香炉、燭台、花立)」「鈴(りん)」「水」「枕飯・枕団子」「線香」を並べます。
宗派や地域、家々によっても差があるので、ご親族や葬儀社、僧侶によく相談した上で決めましょう。
また、枕元に逆さ屏風を立てるというしきたりもありますが、最近は省略されることが多いようです。

香炉
香炉灰を入れ、線香を立てます。
地域によっては通夜で一晩中香を絶やさないようにするという風習があります。

燭台
ろうそくを1本灯し(ともし)ます。
こちらも地域によっては夜通し火を絶やさないようにします。
「故人があの世で迷わないよう、あかりを灯す」という意味があります。

花立
樒(しきみ)をひと枝か、菊や白百合、水仙を1本挿します。
「あの世への花道を作る」という意味があります。


僧侶がお経を読む時に打ち鳴らす、銅製の小鉢形の仏具です。


コップや湯呑に入れて供えます。お茶碗で代用することもあります。
「故人があの世に行く道中、のどがかわかないように」という意味があります。

枕飯
大盛りに盛った一膳のご飯に箸を立てて供えたものです。

枕団子
うるち米の粉で作ったお団子を小皿に盛り付けたものです。
「地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上」の六道をあらわすという意味で、6個供えるところが多いようです。
ただ、個数は地域によってまちまちで、13個や49個のところもあるようです。
枕団子の意味としては、「あの世に行く道中お腹がすいた時に食べるお弁当」という説があります。
早団子(はやだんご)とも呼ばれています。

枕団子の作り方については、下記の動画で詳しく解説されています。

 

スポンサーリンク

 

枕飾り用のご飯に使用したお茶碗は使用後に必ず割る


出典:Sou・Life
 
通夜と葬儀が終わり、枕飾りを片付けるとき、枕飾り用のご飯に使用したお茶碗は「茶碗割り」の儀式で割って処分します。
これは故人に決別を悟らせるための風習で、「この世に未練を残さず安心してあの世へと旅立ってほしい」という願いが込められています。

くれぐれもお茶碗を大切に保管することのないよう、注意しましょう。
また、使用するお茶碗は故人が使用していたものの中でも、割っても問題ないものを選ぶようにしましょう。

枕飯で使用したご飯は、箸や枕団子と一緒に故人の棺に入れ、出棺します。

 

まとめ

枕飯を作るときは、下記の点を抑えておくといいでしょう。

  • 故人の愛用していたお茶碗とお箸(ただし、使用後に割ってもいいもの)を使う。
  • ご飯はお茶碗を2つ使い、できるだけ山盛りにする。
  • お箸の立て方は地域によって異なる。

 
最近は枕飾りも葬儀社が準備してくれることが増えてきていますが、自分で作る機会もあるかと思いますので、基本的な作り方や注意すべきポイントは覚えておくと安心です。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

通夜・告別式
yayakoをフォローする
人生のエピローグ