通夜や葬儀での玉串料は薄墨で書く|包み方のマナーと濃墨で書く場合

神道や天理教の葬儀に参列する際に持参する玉串料は薄墨で書きます。

通夜や葬儀以外で、霊祭などに持参する場合は濃墨を使うので間違えないように注意が必要です。

 

  • 通夜・葬儀の玉串料は薄墨で書く
  • 霊祭の玉串料の表書きと包み方
  • 玉串料の不祝儀袋におけるマナー
  • 通夜・葬儀の不祝儀袋の書き方

この記事では、上記のような玉串料におけるマナーや書き方などを解説します。

これから神式の行事に参加される方、玉串料の書き方を知りたい方はぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク

 

玉串料も通夜・葬儀の時は薄墨で

まずは、玉串料における意味と通夜・葬儀に用いる際のポイントを解説します。

 

弔い金としての「玉串料」

出典:廣田神社

玉串料とは、玉串に代わり神様に納める金銭を指し、神社に対する謝礼のほかに葬儀等に持参する弔い金としても用いられます。

「玉串」とは、神前に捧げるために榊(さかき)の小枝に紙垂(かみしで)付けたものを指します。

 

仏教では「御香典=御香」を差し上げるという意味ですが、神道では玉串を捧げるという意味からきています。

神社等への謝礼と葬儀とでは、書き方が異なりますので注意しましょう。

 

玉串料のほかで神様にそなえるものとして「初穂料(はつほりょう)」という言葉もあり、下記のような場面で用いられます。

  • 玉串料のみ:通夜、葬儀
  • 初穂料のみ:御札、御守り
  • 両方:七五三、お宮参り、結婚式、各祈祷、厄払い、合格祈願、安産祈願、交通安全、厄除け等

 

通夜・葬儀の玉串料は薄墨がマナー

宗旨(しゅうし)によって葬儀の形式が違うように、不祝儀袋(ぶしゅうぎぶくろ)の選び方や表書きも決まりがあります。

宗旨表書き包みの絵柄水引
神道玉串料・御神前白無地黒白、双銀
仏教御霊前・御香蓮(はす)の花黒白、双銀
キリスト教お花料十字架やユリの花なし

 

宗旨ごとの不祝儀袋の例は下記の通りです。


出典:川上葬祭

宗旨がわからない場合は、無地の不祝儀袋に黒白か双銀の結び切りの水引をかけ、表書きを「御霊前」と書けばほとんどの宗教に共通して使えます。

ただし、浄土真宗では御霊前という表現は使わず「御仏前」となります

 

不祝儀袋に文字を書くときは、必ず薄墨で書くよう注意しましょう。

薄墨で書くのは、「涙で墨の色もにじむ」という悲しみの意味合いがあります。

もし不祝儀袋の表書きが濃墨(こずみ)で印刷されている場合は、濃墨で記入して問題はなく、「心を込めて丁寧に墨を磨り、想いを込めて書いた」という解釈になります。

 

詳しくは後述しますが、葬儀以降の霊祭(れいさい)における玉串料は濃墨で書きます

 

関連記事 神道祭における「のし袋」については、下記の記事でも詳しく解説しています。

【神葬祭の法事】のし袋の書き方や気をつけるべきポイントとは?
「神葬祭の法事に持参するのし袋はどう書くの?」 「水引は仏教と同じでいいのか」 神道の場合、仏教徒は様々な習慣や用語が異なります。 これまで仏式の葬儀にしか参列したことがない場合、いざ参列するとなると色々戸惑いますよね。 この記...

 

通夜・葬儀の不祝儀袋の書き方

通夜・葬儀における不祝儀袋について、「表書き」と「中袋」の書き方を解説します。

 

表書き

お包みの上段は「御玉串料」と書き、下段には名前をフルネームで書きます

連名は3名までとし、4名以上の場合は表書きに代表者1名の名前と「他一同」と書き、中袋や別紙に「住所、氏名、金額」をそれぞれ全員分明記します。

 

中袋

中袋の書き方は2通りあります。

  1. 表面の中央に「金額」を書き、裏の左側に住所と氏名を書く
  2. 表面には何も書かず、裏の右側に「金額」を書いて、左側に住所と氏名を書く

 

金額には、下記の漢数字を用います。

通常香典
圓・円

 


出典:豊島区葬儀社/葬儀屋/のひとりごと

紙幣を入れる時は、中袋を裏にして、表(人物が描かれている方)が見えるように、人物が下にくるようにしましょう。

 

気にしない方も多いですが、不祝儀の時は裏、祝儀の時は表(人物が描かれている方)という習慣が残っていることがありますので注意しましょう。

 

スポンサーリンク

 

通夜・葬儀以降の霊祭は濃墨で

続いて、通夜・葬儀以降の霊祭における玉串料の表書きや包みの選び方を解説します。

 

神道の霊祭一覧


出典:シャディ

神道(しんとう)では、仏式の法要にあたるものを霊祭といいます。

霊祭の一覧は下記の通りです。

種類時期
十日祭亡くなって10日目
二十日祭20日目
三十日祭30日目
四十日祭40日目
五十日祭50日目
百日祭100日目
一年祭1年目
二年祭2年目
三年祭3年目
五年祭5年目
十年祭10年目
二十年祭20年目
三十年祭30年目
四十年祭40年目
五十年祭50年目
百年祭100年目

霊祭は葬儀の翌日から始まり、まず十日ごとに五十日目まで執り行われます。

五十日祭の後には百日祭があり、その後は式年祭(しきねんさい)の形で定められた年の命日にします。

 

一年祭までは「神葬祭」という死を弔う儀式の延長であり、それ以降は「祖霊祭」という家の守り神として鎮祭する儀式の意味合いが強くなるからです。

 

一年祭までは家族だけでなく親族や故人の友人等を招き、二年祭からは家族のみで執り行う場合が多いです。

 

神式における玉串奉奠の作法を知りたい方は、下記の動画でも解説しています。

玉串奉奠作法(神式)

 

霊祭の玉串料の表書きと包みの選び方

霊祭における玉串料の表書きは、下記の通りです。

  • 御玉串料
  • 御榊料(おさかきりょう)
  • 御神饌料(ごしんせんりょう)
  • 御神前
  • 御霊前

 

地域によっては「御神前は五十日祭の後から使えるようになる」といった、しきたりがある場合に注意しましょう。

 

通夜・葬儀と同様に、霊祭においても包みには蓮の花がないものを選びましょう

また、霊祭に使用する水引や表書きの濃淡にも違いがあります。

霊祭水引表書き
葬儀黒白、双銀薄墨
一年祭まで黒白、黄白、双銀、双白濃墨
祖霊際黄白、双銀、双白濃墨<

 

関連記事 神道における法事のお包みについて、もっと知りたい方は下記の記事をご参照ください。

神道の法事でのお包の表書き|下段の書き方や封筒の選び方
身近な人に神道の方がいない時、突然神道の法事に参列することになってしまったらお包の表書きはどのようにしたらよいのか困ってしまいます。 神道では「御香典」や「御仏前」の表書きのお包は使えないのです。 神道の法事に招かれた時、持参するお...

 

まとめ

  • 玉串料は通夜や葬儀に持参する弔い金としても用いる
  • 通夜・葬儀の不祝儀袋は薄墨で書くが、既に印刷されている場合は濃墨でも問題ない
  • 表書きの名前はフルネームで書き、連名の場合は3名までとする
  • 神式の行事における包みは、蓮の花がないものを選ぶ

葬儀の不祝儀袋一つとっても、書き方や包みの選び方があったり、宗旨ごとで違ったりと気を付けることが多いです。

しかし、故人や遺族に対する礼儀でもありますので、一つ一つにしっかりと配慮していきましょう。

 

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

宗教・宗派法事・法要通夜・告別式
heyponをフォローする
人生のエピローグ