収骨の手順や待ち時間の過ごし方|骨を拾う際のマナーと地域による違い

通夜や葬儀によって故人への別れをした後は火葬し、遺族で遺骨を拾う収骨へと移ります。

大切なのは気持ちではあるものの、骨を拾う手順一つとっても作法があり、理解して臨む必要があります。

  • 収骨における手順
  • 宗教・地域による収骨の違い
  • 収骨までと収骨後の過ごし方

この記事では、上記のような葬儀の一部である「収骨」におけるポイントを解説します。

 

スポンサーリンク

 

収骨の手順

まずは、収骨に使用する箸や拾い方などを解説します。

 

収骨は故人と縁の深かった人から行う

「収骨」とは、火葬後にお骨を箸で拾い骨壺(こつつぼ)に納めることをいい、遺族などが2人1組でお骨を箸で拾います。

収骨の順番は、故人との縁の深さによって決まります。

故人と縁の深い喪主から始まり、家族、親族、友人・知人の順番に2人1組で拾っていきます

最後に1人残った場合は、一度終わった人とするなどして必ず2人で拾います。

 

拾う骨にも順番があります。

足の骨から頭に向かって拾い、最後に喪主が喉仏(のどぼとけ)を拾って骨壺に蓋をします

 

緊張のあまり骨を落としてしまったとしても、慌てることなくやり直せば問題ありません。

 

収骨のお箸は竹製と木製を一組とする

出典:冠婚葬祭研究所

収骨には、竹製と木製を一組にしたお箸を用います。

 

なぜ収骨を箸でするのか
箸渡しと呼ばれ、箸を順番に渡しながら収骨することで、故人が三途の川を渡る手助けをするという意味合いがあります。

 

揃え箸(そろえばし)を用いないのは逆さ事(さかさごと)のひとつといわれ、あえて日常との違いを出して死の世界と区別するためと考えられています。

 

お箸以外にも、逆さ水(真水に熱湯をいれる方法)や逆さ屏風などもあります。

 

火葬終了から拾い上げまでの流れは下記の通りです。

  1. 係員の案内に従い、収骨室に向かう
  2. 骨上げ台に運ばれたお骨を全員で囲む
  3. 係員の指示に従い、用意された箸を受け取る
係員の案内に従いそろって移動をするため、トイレや控え室に行くなど単独行動はなるべく控えるようにしましょう。

 

故人・遺族への敬意を忘れずに

収骨の際の箸の仕様や骨の拾い方などには、「故人が無事あの世に行けるように」という願いが込められています。

一つ一つの作法に戸惑ってしまうかもしれませんが、大切なのは故人や遺族に対して敬意を持って向き合うことです。

 

関連記事 収骨の手順やマナーは下記の記事でも解説していますので、あわせてご覧ください。

お骨拾いのマナー|出棺から火葬と骨上げの作法や分骨する時の注意点
亡くなった方の葬儀の後、火葬をして骨上げの儀式になります。 ごく限られた身内だけで骨上げをしますが、あまり多くの経験がある方は少ないでしょう。 骨上げの仕方にもマナーがあります。 お箸を使って骨上げをする時の順番や、骨の納め方などにつ...

 

スポンサーリンク

 

地域によって収骨の量に差がある

続いて、宗教や地域による収骨の違いを解説します。

 

宗派・地域によって異なる「箸渡し」

宗教や地域によって、骨壺への納め方や納める骨の量が異なります。

 

宗教での違い

宗教ごとの箸渡しは、下記の違いがあります。

  • 仏教・神道・無宗教祭:2人1組で箸渡しして骨壺に納める
  • キリスト教:1人1人が直接骨壺に納める

 

地域での違い

地域によっては箸渡しに下記のような違いがあります。

  • 2人でお骨を拾いあげる
  • 1人がお骨を拾いあげ、もう1人に箸を掴んでいる状態で渡す
多くの場合は、2人でお骨を拾う方法が取られています。

 

お骨の入れ方・量は地域によって異なる

箸渡しの方法に加えて、お骨の入れ方も地域で異なります。

  • 関東:全収骨(すべてのお骨をいれる)
  • 関西:部分収骨(喉仏や頭といった主要なお骨をいれる)

 

関東では大きめ、関西では小さめの骨壺に納めるなど、骨壺の大きさにも違いがあります

  • 関東の骨壺:七寸(直径21.5㎝)
  • 関西の骨壺:二寸~五寸(直径6~15.5㎝)

 

実際に、写真で見てみましょう。


出典:おこつ供養舎

 

スポンサーリンク

 

収骨中の過ごし方と収骨後にすること

最後に、収骨までの過ごし方や、収骨後の流れを解説します。

 

告別式後に出棺

棺は遺族や親族、故人と親しい人の中から、原則として男性の手で運び出されます。

喪主が位牌を持って先頭に立ち、喪主に次ぐ人が遺影を持って続きます。

火葬場と葬儀会場が別の場合は、自家用車やバスなどで移動します。

 

火葬

  1. 火葬場に着いたら、係の人に火葬許可証を提出します。
  2. その後、祭壇の前で納めの式が執り行われ、僧侶の読経と喪主から順に焼香します。
  3. 棺を火葬炉の中に納める時は、全員で合掌して見送ります。

 

火葬には1時間ほど掛かりますので、その間に控室で喪主は僧侶や親族などをお酒や茶菓でもてなすのが一般的です。

 

収骨後は埋葬許可証を受け取る

火葬が住むと火葬許可証に火葬証明印が押され、これがそのまま埋葬許可証(火葬証明書)となります。

埋葬許可証はお墓に遺骨を納めるときに必要であるため、紛失しないよう大切に保管しましょう。

 

遺骨は喪主が胸に抱えて、喪主に準じる遺族が位牌と遺影をそれぞれ胸に抱えて火葬場を出ます。

 

関連記事 火葬証明書について、下記の記事でも詳しく解説しています。

火葬許可証の保存年限について|申請の流れや再発行の手続きの可否
亡くなった方を弔う方法は多くの場合、お通夜・葬儀・告別式を経て火葬されています。 遺体を火葬する時必要なのが「火葬許可証」で、この火葬許可証がないと、遺体は勝手に火葬できません。 そして火葬が終わると、今度は火葬したことを証明する火...

 

お骨を持って帰ったら後飾り壇に安置する

出典:花水木

骨壺に納められた遺骨を自宅に持ち帰った後は、「後飾り祭壇」に安置します。

「後飾り祭壇(あとかざりさいだん)」とは、火葬して持ち帰った故人の遺骨を安置する祭壇をいいます。

 

後飾り祭壇を作るのは安置場所だけでなく、故人の冥福を祈る場所でもあります。

また、お葬式に参列できなった人が弔問する際に、お参りする大切な場所になります。

特に設置場所に決まりはありませんが、設置期間は忌明け法要までとされています。

 

その後は納骨となりますが、最近では、納骨以外に手元供養や粉骨をした上で散骨などと供養方法も多様化してます。

 

関連記事 お墓への納骨以外の供養方法については、下記の記事でも解説しています。

収骨と宗教は本来は無関係|火葬後の流れと納骨の方法
日本では、亡くなった方の99%が火葬されていることをご存知でしょうか。 そして火葬後、遺骨を骨壺に収めることを収骨や骨上げと言っています。 収骨は仏教だけの儀式ではなく、神道でも無宗教葬の場合でもされています。 収骨は特定の宗教の...

 

まとめ

  • 収骨は2人1組で骨を拾い、竹製と木製を一組にしたお箸を用いる
  • 収骨では縁の深かった人から骨を拾う
  • 宗教や地域によって、骨壺への納め方や納める量が違う
  • 遺骨を自宅に持ち帰ったら、忌明け法要まで後飾り祭壇に安置する

骨を箸で拾うことから後飾り祭壇に安置するまで、故人に対して冥福を祈る気持ちを表しています。

故人を想うあなたの祈りが届くように、作法をしっかりと理解して臨みましょう。

 

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

葬儀後に必要なこと通夜・告別式
heyponをフォローする
人生のエピローグ