仮通夜でのお布施はいつ渡す?|本通夜との違いやマナーについて

仮通夜は家族や親族だけで故人を偲ぶので、本来は僧侶を呼ぶ必要はありません。

ただし、地域によっては仮通夜でも僧侶を招いて読経をする場合があり、その際のお布施は「後渡し」でまとめて渡します。

 

  • 仮通夜におけるお布施
  • 本通夜と仮通夜の違い
  • 仮通夜でのマナー

この記事では、上記のような仮通夜が執り行われる際のポイントを解説します。

 

喪主が遠方に居るなど、仮通夜をした方がいい場合などは参考にしてください。

 

スポンサーリンク

 

通夜とお布施について

  • 仮通夜と本通夜
  • お布施とは読経へのお礼
  • 枕経・仮通夜・本通夜のお布施は葬儀後に

まずは、仮通夜で読経を依頼した時のお布施や渡すタイミングを解説します。

 

仮通夜と本通夜

出典:浄邦堂

「通夜」とは、死者を葬る前に家族や親しい人たちが棺の前で一晩を過ごすことです。

生前と同様に食事をだすなどの世話をして、遺族や身近な人は故人と最後の時間を過ごします。

 

一般的には通夜と呼ばれていますが、正式名称は「本通夜」といいます。

本通夜に対し、仮通夜は亡くなった当日に家族や親族など親しい人だけで行います。

 

仮通夜が行われるケースはおもにこのようなケースです。

  • 亡くなった時間が遅く当日に通夜ができない
  • 火葬場が取れない
  • 喪主が遠方にいる

 

お布施とは読経へのお礼

お布施は法要で読経した僧侶に対し、感謝の気持ちを込めて渡すものです。

枕経(まくらきょう)・仮通夜・本通夜にて、僧侶に読経してもらったのであればお布施を渡しましょう。

しかし、読経してもらったからといって、仮通夜だけでお布施を渡すことはしません

 

御車料については、来て頂いた都度で僧侶に渡します。

 

枕経・仮通夜・本通夜のお布施は葬儀後にまとめて渡す

枕経・仮通夜・本通夜での読経に対するお布施は、葬儀後にまとめて渡します

 

お布施の渡し方は
小さなお盆にお布施を乗せるか、袱紗(ふくさ)の上にお布施を置いて僧侶に渡します。
渡す時には「ご供養いただきありがとうございます」などと一言添えましょう。

 

お布施の渡し方については、下記の動画でも紹介しています。

お布施の渡し方について

 

スポンサーリンク

 

枕経・仮通夜・本通夜の違い

続いて、枕経・仮通夜・本通夜の内容や違いを解説します。

 

臨終後に最初に行われる宗教儀式

出典:やすらぎ

臨終から納棺までの流れを解説します。

 

末後の水(まつごのみず)

「末後の水」とは、死者があの世で渇きに苦しまないようにとの願いを込めた風習です。

茶碗に水を用意し、割り箸の先に挟んだ新しい脱脂綿やガーゼに水を含ませ、故人の唇を潤します。

 

枕飾り

「枕飾り」では、白木の台に香炉、線香、燭台を用意し、花立てにはしきみなど1輪の花を添えます。

遺体の胸の上または枕元には「守り刀」を置いたり、枕元に逆さにした屏風を置いたりもします。

多くの場合は、葬儀社で用意してくれます。

 

枕経

「枕経」とは臨終に際して執り行う仏教儀式の一つであり、亡くなっていく人が仏弟子となって往生できるように称える読経です。

仏教の儀式であるため、神式やキリスト教式にはありません。

 

即身成仏(そくしんじょうぶつ)を唱える浄土真宗では、故人の枕元では読経はせず、仏壇や掛け軸の本尊に向かって読経します。

 

枕経に立ち会うのは遺族のみで、親戚を呼ぶ必要はありません

 

湯灌(ゆかん)

「湯灌」とは故人の身体や髪を洗い清め、死化粧を施し、死装束に着替えさせるなど身支度を整える儀式のことです。

 

最近では、入浴の代わりに身体を拭くだけの清拭(せいしき)のみで済ませることが多くなっています。

 

多くの場合は、納棺作業を専門とする湯灌師(ゆかんし)がいますが、地域によっては遺族や親族もともに湯灌することもあります。

 

納棺

故人の旅立ちの支度をする大切な儀式です。

遺族の手で遺体を棺に納め、合掌した後に蓋を閉じます。

 

納棺の際には、故人の愛用品等を副葬品としていれることができます。

 

親族のみで行う仮通夜には特に決まりがない

仮通夜は親族のみで行われるため、本通夜のような決まりはありません。

かといって、なんでもいいわけでもなく、最低限守るべきマナーはあります。

 

服装

落ち着いた色で地味な服装であれば平服でも構いません

ただし、動物の皮が用いられている服は、殺生を連想させるため厳禁です。

 

香典

仮通夜から葬儀を通して御香典は1回です。

手ぶらが気になるようでしたら、お花などをもっていくのもよいでしょう。

地域によっては、お饅頭(まんじゅう)を持っていくところもあります。

 

弔問

一般の弔問客は仮通夜には参列しません。

どうしても仮通夜の日しか時間が取れない場合は、挨拶やお悔やみの言葉だけを述べ長居しません。

 

関連記事 仮通夜のマナーについて、更に詳しく知りたい方は下記の記事をご参照ください。

【仮通夜のマナー】参列するときの香典の渡し方や注意点まとめ
この記事では、仮通夜に参列するとき気を付けるべきマナーや仮通夜でのお供えや香典・通夜振る舞いの考え方について解説します。仮通夜をする予定の方、仮通夜に参列する予定の方はぜひ参考にしてください。

 

一般会葬者を招き通夜振る舞いを用意する本通夜

前述の通り、本通夜は一般的な通夜を指しますので、親族以外にも弔問客を迎えて式を執り行います。

それでは、本通夜の流れについて解説します。

 

弔問客の受付

受付では、参列された方の名前・住所・連絡先を記帳してもらいます。

香典を持参された方は記帳の後に受付で預かります。

返礼品を郵送する時に住所や連絡先が必要ですので、正確に記帳してもらいましょう。

 

僧侶入場

開式15程前から案内があり一同が着席した後、開式時刻に僧侶が登場します。

入場の際は一同起立して迎え入れたり、起立ではなく合掌したりと地域や宗派によって様々です。

 

読経

読経の時間は30~40分ほどであり、その後に法話があります。

 

焼香

読経が始まってから程なくして焼香の案内があり、喪主・遺族・親族・弔問客の順番で進めていきます。

 

僧侶退場

すべての参列者の焼香が終わり、法話も済むと僧侶が退場します。

入場と同じ動きにより見送ります。

 

通夜挨拶

僧侶が退場した後、喪主による通夜挨拶があります。

通夜挨拶が終了したところで、お通夜式の閉式です。

 

通夜振る舞い

通夜振る舞いがある場合は、式場内の準備が整うと始まります。

食事の間、遺族は各テーブルに挨拶し、1~2時間ほどで終わるところが多いです。

 

スポンサーリンク

 

葬儀後にお渡しするお布施の相場

出典:よりそうのお葬式

最後に、葬儀が終わった後にまとめて渡すお布施の相場や内容を解説します。

 

お布施の相場

通夜・葬儀・告別式のお布施は、少なくとも15万円ほどが相場とされます。

また、地域でも相場が違い、地域ごとの相場は下記の通りです。

  • 北海道・東北地方:15万円
  • 関東地方・近畿地方:20万円
  • 中国地方・四国地方・九州地方:15万円

 

葬儀社に問い合わせてみれば、具体的な金額を教えてくれるでしょう。

 

お布施に含まれるもの

お布施に含まれているのは、「読経料」のみです。

戒名料や御車料、御膳料は含まれていません

戒名料や御車料の相場は
戒名料は、お寺や戒名のランクによって大きく変動し、10~100万円ほど必要となります。御車料や御膳料は、5千~1万円がどの地域でも相場とされます。

 

御膳料は僧侶が食事会に参加されなかった際に、御膳の代わりに出す「御心づけ」であるため、食事会に参加されたのであれば必要ありません。

 

まとめ

  • 通夜が二日以上になる場合に本通夜前に執り行われるのが「仮通夜」
  • 枕経・通夜・本通夜のお布施は葬儀後にまとめて渡すが、御車料は都度で渡す
  • 本通夜と違い仮通夜には決まりがないが、マナーには気を付ける
  • お布施の相場は15~20万円で、読経料のみ戒名料や御膳料などは含まれていない

枕経や仮通夜、本通夜のどれもが、故人の冥福を祈るために執り行われます。

流れやマナーなどに配慮しながら、大切な故人との最後の時間を過ごしましょう。

 

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

通夜・告別式
heyponをフォローする
人生のエピローグ