葬儀に参列出来ない時の対応|お断りフレーズや弔意の表し方

歳を重ねるほど葬儀に参列する機会は増え、時にはやむを得ず欠席してしまうこともあるでしょう。

葬儀に参列出来ない場合には、「弔電を打つ」や「代理を立てる」などして故人への弔意を表します。

  • 状況別のお断りフレーズ
  • 参列出来ない場合の弔意の表し方
  • 弔電を打つ時の故人の敬称
  • 後日弔問に伺う場合のマナー

この記事では、上記のような葬儀に参列出来ない場合の対応について、欠席の伝え方や弔意を表す時のマナーなどを解説します。

 

スポンサーリンク

 

葬儀に参列できない時の状況別お断りのフレーズ


出典:イオンのお葬式

まずは弔事の考え方や、欠席を連絡する時の伝え方について解説します。

 

弔事は一般的には最優先事項

突然身近な人に不幸が訪れた時、都合がつかず弔事に参列できない場合がありますよね。

 

しかし一つ覚えておきたいのは、弔事はどの予定よりも最優先にすべきということです。

 

他の予定は再調整できますが、故人との別れは一度しかありません。
弔事を理由に予定を断ったからといって、あなたを非難する人は誰もいないでしょう。

 

結婚式などの慶事が重なった場合も、弔事を優先するのがマナーです。
慶事を断る時には相手が気を遣わないように、「やむを得ない事情で」と内容を少し曖昧にしましょう。

 

弔事よりも優先される事情がある場合に説明は不要

遺族から葬儀の連絡を受けた時、すでに欠席がわかっている場合は、欠席の返事をすぐしましょう。

 

葬儀に行けない理由を、こと細かに説明する必要はありません。

 

遺族は葬儀の準備で忙しいため、なるべく時間を取らせないよう手短に伝えましょう。

 

「遠路につき」「療養中のため」「やむを得ない事情があって」「どうしても都合がつかず」といった言葉を添えれば、多くの場合はわかってもらえます。

 

状況別のお断りのフレーズ

通夜や葬儀に参列出来なくても、「通夜のみ参列出来る」「葬儀のみ参列出来る」「どちらも参列出来ない」という状況が考えられますよね。

 

どれに参列出来ないかによって、欠席を連絡する時の伝え方が異なります。

 

通夜のみ参列可能

通夜のみ参列できる場合、「申し訳ございませんが、やむを得ない事情により葬儀に参列できませんので、お通夜に参列させていただきます。」等と伝えます。

 

ただし通夜は特に親しい人が集まるため、日程が合うからといって勝手に参列するのはお勧めできません。

 

訃報を受けた時にお通夜の日時や場所を聞き、相手からすんなりと回答があれば、挨拶をして参列しましょう。

 

葬儀のみ参列可能

葬儀に参列可能ならばお通夜に出席できなくても、特に挨拶する必要はありません。

お通夜よりも葬儀のほうが重要な式なので、葬儀のみ参列出来れば問題ないです。

 

通夜・葬儀のどちらも欠席

訃報を受けた時に欠席がわかっているのであれば、「申し訳ございませんが、やむを得ない事情があり参列できません。」と一言添えましょう。

 

特に親しくしていた場合、通夜振る舞いや精進落としの席が用意されているかもしれないので、言いづらくても伝えるべきです。

 

スポンサーリンク

 

葬儀に参列できない場合の弔意の表し方とマナー

葬儀に参列できない場合でも、弔意を表す方法はいくつかあります。

 

弔意の表し方

  • 弔電を打つ
  • 香典を渡す
  • 代理を立てる
  • 供花・供物をおくる
  • 後日弔問に伺う

 

弔電を打つ際は故人の呼称に注意

弔電は電報によってお悔やみの言葉を送るもので、NTTを始めとした様々な会社で取り扱っています。

 

一般的には弔電の宛名は喪主名にして、お通夜の当日もしくは葬儀の前までに葬儀会場へ届けます。

 

弔電を打つ際は、故人の呼称に注意しましょう。

故人と受取人との関係故人の敬称
受取人の実父ご尊父様/お父様
受取人の実母ご母堂様/お母様
受取人の配偶者ご主人様/ご令室様
受取人の義父・義母ご岳父様/ご岳母様
受取人の子ご子息/お嬢様
受取人の兄弟/姉妹ご令兄様(ご令弟様)/ご令姉様(ご令妹様)

 

弔電では故人への敬意を込めて、受取人(喪主)と故人との続柄を敬称で表現します。

 

弔電の内容は、相手の宗教や忌み言葉にも注意しましょう。

  • 仏教以外「仏」「冥福」「成仏」「ご愁傷様(しゅうしょうさま)」「供養(くよう)」「往生」などの仏教言葉は不要
  • キリスト教:「お悔やみを申し上げます」も不要
  • 忌み言葉:重ね言葉(「重ね重ね」「たびたび」など)、音が不吉な言葉(「四」「九」)、生死を表す言葉(「死ぬ」「生きる」など)

 

弔電の送り方やマナーについて、下記の動画でも紹介していますのでご覧ください。

弔電(ちょうでん)とは?送り方とマナー【小さなお葬式 公式】

 

代理人の参列や香典を預ける場合の注意

弔電や供花の手配が出来ない時は、家族や友人に代理で参列してもらいましょう。

 

代理に立てる人は、故人と直接の面識がなくても問題ありません。

 

香典も代理人に託して遺族に届けてもらえますが、香典の書き方には注意が必要です。

 

香典は代理を依頼した当人の名前で出します。

また記帳の際にも当人の名前を書き、その下に「代理」と記します。

 

代理を立てるのは本人が参列したと同じことですが、出来れば後日改めて弔問に伺うのが望ましいです。

 

供花や供物を送る場合は葬儀社に注文する

宗教ごとに飾る花の種類が違ったり、葬儀社で手配した供花・供物以外は持ち込めなかったりする場合があります。

 

葬儀社がわからない場合は、喪主や葬儀会場に問い合わせて確認します。

 

注文の際に代金の支払い方法を確認しておくと、支払いをスムーズに済ませられます。

 

スポンサーリンク

 

後日弔問に伺う場合のマナー

後日弔問に伺う場合のマナーについて、服装や香典、振る舞い方などを解説します。

 

事前に遺族に弔問の意思を伝える

改めて弔問する場合は、必ず事前に連絡して遺族の都合を確認しましょう。

葬儀が終わった後も、遺族は事務手続きや法要の準備などで慌ただしいため、連絡もなしに押し掛けると迷惑になることがあります。

 

弔問の時期は、遺族の都合も考えて、葬儀後の3~49日の間が望ましいです。

 

葬儀の直後だと、後片付けもあって弔問客を迎える準備ができておらず、遺族に負担がかかります。

 

服装は地味な平服でOK

基本的に弔問では、カジュアル過ぎる服装でなければ、普段着で問題ありません。

とはいえ、派手な服装や露出の多いデザインの服装は望ましくないので、地味な平服を着用しましょう。

 

男性はスーツまたはスラックスにジャケット、女性はアンサンブルスーツなどが一般的です。

 

「喪家に訪問するのだから黒…」と思うかもしれませんが、葬儀ではないため喪服や黒の着用はしません。
むしろ遺族が喪服や黒の服装を目にして、葬儀を思い出す恐れもあります。

 

葬儀を連想する喪服や黒の着用は控えて、日常に戻りつつある遺族の心情に寄り添いましょう。

 

香典は葬儀の案内に従う

出典:小さなお葬式

 

葬儀に参列できず、郵送もできなかった場合は、弔問時に香典を持っていきます。

しかし最近では家族葬が増えていることもあり、香典を辞退されるケースがあります。

 

弔問前には葬儀の案内に目を通し、香典辞退の記載がないかを確認しましょう。

 

香典を持っていく時のポイントは下記の通りです。

  • お札は「新札以外」を用意する
  • 香典の表書きは、宗教や弔問の時期によって異なる
  • 高額な金額にならないように相場を確認する

 

お供えを持参する場合のマナー

お供えを持参する場合の包装や渡し方、最適なお供え物について解説します。

 

包装

お供え物を持ってくるときには、のし紙で包装します。
49日前までは、黒白の水引がプリントされているものを選びます。
表書きは「御供」や「粗供養」などとし、下段にご自身の名前を記します。

 

渡し方

お供え物をいきなり仏壇に供えることは避けましょう。
お線香をあげて、お悔やみの言葉や遺族への気遣いを述べたタイミングで、持ってきたお供え物を渡すのが望ましいです。

 

最適なお供え物

出典:高島屋

お供え物はかさばらなくて、分配しやすいものが適しています。

一般的には食べ物がよく用いられ、小分け包装されて日持ちするものが望ましいです。

肉や魚などの殺生を連想させるもの、バラなどのトゲがあるものはやめましょう。

 

お供え物具体例
食べ物果物・焼き菓子・佃煮・缶詰・個人が好きだった食べ物
消耗品ろうそく・線香
飲み物お茶・酒
胡蝶蘭やユリなどが一般的

 

お供え物の一つである「ろうそく」には、食べ物やお花の形に模したものなど、様々な種類があります。

 

関連記事最近のお供え用ろうそくに興味がある方は、下記の記事をご参照ください。

お供え用ろうそくの種類|故人の好物シリーズならご遺族にも好評
この記事では、ちょっと変わったろうそくや見るだけで楽しくなるろうそくをご紹介します。また、お仏壇に供えてはいけないものやお供え物の注意点についても解説します。ろうそくを購入する予定の方はぜひ参考にしてください。

 

長居をしないように注意する

葬儀が終わっても、何かと遺族は忙しい日々を過ごしています。

 

遺族の負担を考慮して、故人との思い出を2~3分ほど話し、長居せず引き上げるようにしましょう。

最後に「何か手伝えることがあればおっしゃってください」など、一言添えると丁寧です。

 

まとめ

  • 参列出来ない場合は断りの挨拶をするが、葬儀に参列出来るのであれば不要
  • 弔電では受取人(喪主)と故人との続柄を敬称で表現し、忌み言葉などは使わない
  • 代理人を立てて葬儀に参列する場合は、香典の書き方に注意する
  • 後日弔問に伺う時には、相手の状況に配慮した服装や振る舞いを心がける

葬儀に参列出来ないからといって、後ろめたさを感じることはありません。

マナーや相手への配慮に気を付けて、あなたの出来る範囲で弔意を表しましょう。

 

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

通夜・告別式
heyponをフォローする
人生のエピローグ