直葬で「戒名なし」を選ぶ時の注意点|納骨先や親戚の理解について

葬儀を簡略化する直葬が選ばれる人が都市部で増えています。

直葬の多くが「戒名なし」で執り行われますが、注意すべきポイントがいくつかあります。

  • 直葬・戒名なしの葬送が増えている理由
  • 直葬・戒名なしの問題点
  • 菩提寺との関係と納骨先

この記事では、上記のような「直葬」「戒名なし」する場合の注意点を解説します。

 

スポンサーリンク

 

直葬・戒名なしが増えている理由

  • 直葬を選ぶ人が増えている
  • 金銭的な問題
  • 親戚・近隣との関係性の変化

まずは、直葬・戒名なしが選ばれる背景と理由についてまとめてみました。

 

直葬を選ぶ人が増えている

最近では一般的な葬儀よりも直葬を選ぶ人が増えてきており、下記のような背景があります。

  • 信仰心の希薄化:教育や科学の発達により、「天国」や「死後の世界」という宗教的な考えを信じている人が減っている
  • 高齢化社会:故人と同じ年代の友人や同僚の健康状態に配慮し、「身内だけの葬儀」を選ぶ。また医療・介護などの老後にかかる費用も増え、蓄えがないことから費用を抑えなければならない
  • 親戚や近隣との疎遠:生まれた地で生涯を終える人も減り、親戚や近所の人との付き合いが少なくなってきている

 

金銭的な問題

出典:小さなお葬式

 

一般的な葬儀に比べて簡易な直葬には、下記のようなメリットがあります。

メリット
  • 費用が抑えられる
  • 参列者への対応が不要

 

特に若い世代の収入が少なくなって家計が厳しくなっていることに加えて、寿命が長くなったことで老後の費用もかかっているからです。

 

親戚・近隣との関係性の変化

昔のように「親戚が近くに住んでいる」「近所の人ともずっと付き合いがある」ということも少なくなってきました。

 

遠方の親戚に気兼ねして訃報を知らせなかったり、ご近所に知らせずに身内だけで葬儀を済ませたりと、簡略化が進んでいると言えます。

 

スポンサーリンク

 

直葬・戒名なしの問題点

  • 親戚の理解が得にくい
  • 参列を希望する方が皆無ということは少ない
  • 菩提寺との関係と納骨先

続いて、直葬・戒名なしを選ぶ際の注意点について解説します。

 

親戚の理解が得にくい

出典:雅葬会

通夜や告別式のない直葬は、「味気ない」「故人がかわいそう」と思う人も少なからずいます。

 

「来てもらうのは大変だから」と遠方の親戚を気遣い、相談もなく直葬を進めてしまうのはトラブルの元です。

 

後々にトラブルにならないように、直葬の場合は親戚にしっかりと伝え、事前に理解を得ておくと安心です。

 

親戚の中には、どうしても葬儀には出たいという人もいるでしょう。

直葬をするにしても、故人と関りがある人の気持ちをくみ取り、誰もいやな気持ちにならない葬儀にしたいですね。

 

参列を希望する方が皆無ということは少ない

何十年という人生では多くの出会いがありますので、故人と関りのある人はたくさんいるでしょう。

関りが多ければ、参列を希望する人も必ずいます。

 

「故人の友人・知人に訃報を伝える時に直葬を伝えられていない」「人から人へ訃報が流れた」などによって、葬儀の当日に多くの弔問者が訪れてしまうというトラブルもあります。

 

弔問者に失礼がないよう、事前に参列を断る旨を伝えるようにしましょう。

 

参列できないことに悲しむ人もいるかも知れませんので、葬儀後に弔問の機会を設けるなどして配慮しましょう。

 

菩提寺との関係と納骨先

出典:桜井山菩提寺

直葬・戒名なしによって、菩提寺への納骨を断られるケースがあります。

 

お墓には大きくわけて3つの種類があります。

  • 行政が管理する公営墓地
  • 宗教法人などが管理する民営墓地
  • 寺院が管理する寺院墓地

 

「公営墓地」や「民営墓地」は基本的に宗派のきまりはないため、直葬・戒名なしでもお墓に入れます。

 

しかし「寺院墓地」ではお寺での作法もあり、直葬・戒名なしで「供養できません」といわれることもあります。

 

菩提寺に納骨するつもりであれば、直葬に決定する前に住職と相談して葬儀の形式を決めましょう。

 

戒名にかかる費用はランクによって異なりますので、金額も合わせて確認しましょう。

 

関連記事下記の記事でも、直葬で戒名をつける際のポイントを解説しています。

直葬でも戒名はつけてもらえる|納骨時の墓地や霊園の選び方と注意点
最近では家族葬や無宗教葬などのごく親しい方や身内だけでお別れしたり、身内だけで火葬をする直葬、または火葬式といった形式で見送る人が増えています。 中でも直葬というと、ただ火葬だけをするというイメージが強いのではないでしょうか。 直葬...

 

戒名の相場については、下記の動画でも解説しています。

葬儀・葬式ch 第58回「戒名って実際いくらなの?」

 

まとめ

  • 「信仰心の希薄化」「高齢化社会」「親戚や近隣との疎遠」で直葬・戒名なしを選ぶ人が増えている
  • 親戚の理解を得られないこともあるので、事前に連絡して丁寧に説明する
  • お寺によっては納骨できない場合があり、菩提寺があれば事前に相談する

金銭的・時間的な問題などの理由から、直葬・戒名なしを選ばざるおえないこともあります。

 

後から周りの人とトラブルにならないよう、事前に確認するなど注意して臨みましょう。

 

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

通夜・告別式
heyponをフォローする
人生のエピローグ