家族葬では会社への対応をどうするのか|連絡内容や例文も紹介

会社では従業員の不幸に対して香典や弔電などの対応をしなければならないので、たとえ家族葬であっても勤務先への連絡は必要です。

連絡した際には「家族葬であること」や「香典は必要ない」など、必要な情報をしっかりと伝えましょう。

  • 家族葬の場合も会社へ連絡するのが基本
  • 会社への連絡
  • 会社関係からの香典への対処
  • 家族葬を終えた後の会社への挨拶

この記事では、家族葬における会社への対応について解説します。

 

スポンサーリンク

 

家族葬の場合も会社へ連絡するのが基本

出典:千代田セレモニー

家族葬は葬儀の進め方、特に「周囲への連絡のしかた」が通常の葬儀とは少し異なり、参列してほしい人以外には葬儀の日時や場所を知らせないのが一般的です。

 

ただし、故人・遺族が会社員だった場合には事情が違います。

亡くなった本人が会社員の場合、会社側は対応に迫られることになるので、家族葬で身内だけの葬儀であることをしっかりと伝えましょう。

 

家族葬の内容を知りたい方は、下記の動画をご参照ください。

小さな家族葬 ご説明動画【小さなお葬式 公式】

 

スポンサーリンク

 

会社への連絡

葬儀が決まり次第、すぐに直属の上司に電話で連絡します。

葬儀を家族葬で執り行う場合、会社に連絡を入れる際に伝えるべきポイントは、弔問・弔電・供花・香典などについて、会社が対応を判断できるようにすることです。

家族葬では弔問などは辞退することが多く、その旨も明確に伝えておきましょう。

 

電話で連絡した後、改めてメールを送って文面にしておくと間違いなく伝わります。

 

メールの内容は、下記のような簡単なものでいいでしょう。

謹啓〇月〇日、父〇〇が永眠いたしました。
父の遺志により、遺族及び近親者のみでの家族葬を執り行うことにいたしました。
つきましては、故人の意思でご香典、ご弔電などのお気遣いは辞退させて頂きます。生前のご厚情にお礼申し上げます。

 

関連記事参列辞退を伝える時の文例について、下記の記事で解説していますのでご参照ください。

参列辞退を伝えるときの文例|連絡すべき相手やタイミング
この記事では、家族葬で参列辞退の連絡をする相手やタイミング、文例について詳しく解説します。家族葬をする予定の方、参列辞退の文例で悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク

 

会社関係からの香典への対処

  • 上司・同僚からの香典は固辞しない方がいい
  • 会社からの香典は「慶弔金」の場合があるので要確認

つづいて家族葬における会社関係の香典の対処について解説します。

 

上司・同僚からの香典は固辞しない方がいい

家族葬では香典辞退をするのが一般的なので、会社関係の人にも葬儀前に事務連絡と合わせて伝えておきます。

しかし連絡をしていても、香典を用意してくれる人がいるかもしれません。

 

相手は善意で持ってきているのでその気持ちを汲み取り、「ご厚意は嬉しいのですが」と柔らかく断りましょう。

 

「それでも」と申し出があった場合は、何度も拒否し続けると逆に失礼ですので、ありがたく受け取るのが礼儀です。

 

会社からの香典は「慶弔金」の場合があるので要確認

勤めている会社に慶弔金の規程がある場合は、近親者が亡くなった時にお金を受け取ることができます。

 

出典:会社規定・規則の書き方

家族葬では会社からの香典は辞退しますが、慶弔金は別のものとするのが一般的です。

 

香典は葬儀の負担を軽減する支援的な意味合いであるのに対し、慶弔金は「故人への弔い」と「家族を失った社員への慰め」で会社の福利厚生の一部であり、返礼の必要もありません。

 

スポンサーリンク

 

家族葬を終えた後の会社への挨拶

  • 口頭でのお礼で伝えること
  • 職場仲間や同僚への対応

最後に家族葬を終えた後の会社への挨拶について解説します。

 

口頭でのお礼で伝えること

葬儀後に出勤した際、挨拶はメールでもできますが可能なら口頭でお礼を伝えるといいでしょう。

 

挨拶例文は下記の通りです。

この度は忙しい中でお休みをいただき、ご迷惑をお掛けして申し訳ございませんでした。
おかげさまで、無事葬儀を終えることができました。
本日からまた精一杯勤めてまいりますので、宜しくお願いいたします。

 

職場仲間や同僚への対応

休んだ期間にフォローしてくれた上司や同僚に、出勤したらすぐお詫びとお礼を伝えにいきましょう。

 

職場でも分けられるようなお菓子も持っていき、挨拶と一緒に渡すといいでしょう。

出典:エキサイト

 

まとめ

  • 会社側も対応しなければならないので、家族葬でも連絡が必要
  • 会社にはまず直属の上司に連絡し、家族葬で執り行うことを伝える
  • 香典は連絡する時に辞退の旨を伝える
  • 葬儀後に出勤したら、上司や同僚にお菓子をもって挨拶に向かう

「家族だけで…」という家族葬であっても、周りの人への配慮を忘れてはいけません。

会社や上司、同僚の立場を踏まえて、状況にふさわしい行動をとりましょう。

 

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

通夜・告別式
heyponをフォローする
人生のエピローグ