関西で使われる粗供養の正しい知識|葬儀と法事で意味が変わる?

関西で「粗供養」といえば葬儀での会葬返礼品のことですが、葬家として粗供養を選ぶ機会はあまりないので何を選んでいいのか迷いますよね?

  • 関西で粗供養と言えば意味が2通り
  • 粗供養の金額の目安と好適品
  • 初盆(新盆)での粗供養

この記事では、関西の葬儀の会葬返礼品や香典返しなどで使われる「粗供養」について解説します。

 

 

関西で粗供養と言えば意味が2通り

  • 粗供養=会葬返礼品
  • 法事・法要でのお返し
  • のしの表書きの例

まずは粗供養の意味について解説します。

粗供養=会葬返礼品

粗供養(そくよう)とは、葬儀や法事・法要で供養してくれた人に対して、施主から贈るささやかなお礼をいいます。

 

主に関西や四国などの西日本で葬儀や法事・法要の返礼品全般に使われ、東日本でいうところの「志」のようなものです。

 

粗供養には、「葬儀の会葬返礼品」と「四十九日以降の法事・法要の引き出物」の2通りがあります。

葬儀では「粗供養」や「御会葬御礼」と書いた会葬返礼品を、会葬礼状とよばれるお礼状と一緒に参列してくれた人全員に渡します。

もし香典の「当日返し」をする場合には、その返礼品とは別々で用意するので注意しましょう。

法事・法要でのお返し

葬儀の後にも、忌明けや一周忌など故人の供養のために法事・法要をし、参列してくれた人には施主から感謝の気持ちを込めてお礼の品を渡します。

 

「粗供養」に対して、「お供え」は参列者が仏様を供養するために持参するお金や品物のことを指します。

 

あくまで施主が準備する返礼品が「粗供養」であり、親族であっても施主以外が持ってきた品は「お供え」になるのでご注意ください。

 

ただし関西の一部では、法事・法要の参列者が他の参列者に品物を持ち寄る風習があり、その場合も「粗供養品」と呼ばれます。

のしの表書きの例

出典:粗供養ドットコム

 

施主から参列者に渡すお礼品は、それぞれの場面において、東日本と西日本で主に使われる言葉が異なります。

 

場面西日本東日本
葬儀粗供養、御会葬御礼志、御会葬御礼
香典返し粗供養
四十九日(満中陰)明け満中陰志志、忌明志
四十九日後の法事・法要粗供養
年忌法要一周忌粗供養、三回忌粗供養一周忌志、三周忌志

 

不祝儀に用いられるのし紙の水引の色は、一般的には「白黒」です。

年忌法要では掛け紙の種類を使い分けることもあり、一周忌までは黒白か双銀の結び切り、三回忌以降は青白か黄色の結び切りの水引を使います。

 

関西では黄白が用いられていて、三周忌前の早い時期に使う地域もあります。

 

のし紙の表書きに書く「粗供養」と「祖供養」の違いについて、下記の動画で解説しています。

【粗供養と祖供養の違いは?】お仏壇ちゃんねる

 

 

粗供養の金額の目安と好適品

  • 粗供養の金額の目安
  • 粗供養に向いている品物

続いて粗供養の金額の目安や適している品を解説します。

粗供養の金額の目安

法事のあとに会食を予定している場合は、一般的には粗供養品の相場は3千円~5千円とされています。

仮に親族間の取り決めで、お供えに現金1万円包んで来られることがほぼ決まっている場合は、
5千円(1万円の半返し)-会食代=粗供養品の金額
と考えるとよいでしょう。
(例)お供えが1万円で会食が2,000円程度なら、3,000円程度のお品を粗供養として用意します。

 

もし会食の席を設けない場合は、「仕出し弁当を持ち帰っていただく」か「粗供養品の予算を増やす」ことで対応します。

お弁当のメニューは仕出し屋によって違いますので、生ものは選ばないようにするなどの遠方の人への配慮を忘れないようにしましょう。

 

粗供養品の予算を増やす以外に、お食事代に相当する商品券などを「粗飯料(そはんりょう)」として追加で渡すこともあります。

 

粗供養に向いている品物

出典:粗供養ドットコム

粗供養品には故人が好きだったお菓子の詰め合わせやお茶、調味料のセット、タオルセットなどの日常的に使えるものが選ばれています。

 

食べ物を選ぶ場合はなるべく日持ちするものを選び、軽く小さい、持ち運びやすさにも配慮した品物を選びましょう。

 

最近では受け取った側が自由に選べるカタログギフトを選ぶ人も増えています。

 

 

初盆(新盆)での粗供養

出典:納骨堂辞典

初盆の法事に参列する人は香典や提灯代、御供物料などを持ってきてくれるので、お返しとして粗供養品を渡します。

粗供養品の予算は受け取った香典や御供物料などの半分~3分の1程度が目安で、相場としては3千円~5千円です。

 

参列できなくとも郵送で香典などを送ってくれた人にも、粗供養品を送ることを忘れないようご注意ください。

 

もし高額の香典などをもらって用意した粗供養品に見合わない場合には、別で商品券などのお返しを送りましょう。

 

 

まとめ

  • 粗供養には「会葬御礼品」と「法事・法要でのお礼」の意味を持ち、関西では黄白の結び切りの水引を早めに使う地域がある
  • 粗供養の相場は3千円~5千円で、持ち運びやすい品物で、食べ物なら日持ちする物を選ぶ
  • 初盆でもらう香典や提灯代などのお返しにも粗供養を渡し、相場は3千円~5千円である

「粗供養」は西日本で使われる言葉ですので、中には聞きなれない人もいるかもしれません。

それぞれの場面で使い分けるのが少々面倒かもしれませんが、しっかりと確認しましょう。

 

初盆について、さらに知りたい方は下記の記事をご覧ください。

関連記事 葬儀で生花をいただいた際のお返しについて紹介したこちらの記事も併せてどうぞ。

葬儀で生花をいただいた時のお返し|金額の相場やお礼状の文面も紹介
この記事では、葬儀で生花をいただいた場合のお返しについて、お返しの時期とお礼状の文面・品物を贈る場合の相場や掛け紙の書き方など詳しく解説します。葬儀で生花をいただきこれからお返しをする予定の方はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

法事・法要通夜・告別式
heyponをフォローする
人生のエピローグ