ドライブスルー葬儀とは?その他の最新の搬送・供養方法も紹介しています

ついに葬儀までがドライブスルーでできる時代になったのかと驚きますよね。

ファーストフードのイメージが強い「ドライブスルー」ですが、葬儀においては一体どんなものなんでしょうか?

  • ドライブスルー葬儀とは
  • 葬送・供養にもテクノロジー

この記事では、ドライブスルー葬儀や宇宙葬など、最新のサービスについて解説します。

 

スポンサーリンク

 

ドライブスルー葬儀とは

車に乗ったまま焼香できる「ドライブスルー葬儀」は、身体が不自由な人や忙しい人でも参列がしやすい一方で、今まで大切にしてきた形式を変えてしまうものでもあります。
今の時点では賛否両論ありますが、検討したいのならどちらの言い分も聞いた上で考えるといいでしょう。

 

高齢者・身障者が最後のお別れをしやすい

車に乗ったまま焼香ができる「ドライブスルー葬儀」は、高齢者や障害者など身体の不自由な人や、忙しくて長い時間は参列できない人でもお別れをしやすい形式です。

 

ドライブスルー葬儀では葬儀場の受付に車で入り、タッチパネルで住所・氏名を入力し、係員に香典を渡した後に焼香するスペースに進みます。
あとは焼香台にあるボタンを押すことにより、葬儀場の祭壇に置かれたランプが灯り、社内で手を合わせてからゲートを抜けるという流れです。

 

受付に車で入ってから、手を合わせてゲートを抜けるまで車から降りることはありません。

 

他にもドライブスルー葬儀では、利用した人の分だけ席を減らすことができ、飲食を出す必要もないので葬儀費用を抑えることができるのもメリットの一つといえます。

 

焼香だけでは失礼という声も

「今まで参列をあきらめていた人も焼香できる」「葬儀費用を抑えられる」というメリットがある一方で、「故人や遺族に対して失礼では?」という声もあります。

 

実際に長野県上田市の葬儀場「上田南愛昇殿」で「ドライブスルー方式の車上焼香システム」が完成し、内覧会を開いた際にはネット上で様々な意見が出ました。

 

<ドライブスルー葬儀に対する意見の一部>

「歩けない方にはいいだろうけど、 窓からお焼香している様子を見てどうなんだろうと思う。」

「だったら来れないと言ってもらいたい。むしろ家族の法事や葬儀にドライブスルーで来てほしくない。」

今まで大切にしてきた葬儀の在り方を考えると、こんな意見があってもおかしくはありませんね。

 

スポンサーリンク

 

葬送・供養にもテクノロジー

テクノロジーの発展により「宇宙葬」や「コンピューター制御型納骨堂」、「スマ墓」など、従来の搬送・供養方法も変わりつつあります。
便利になったことでできることが増えたものの、同時に「便利さと引き換えになったもの」も考えなければなりません。

 

空に散骨する「宇宙葬」

宇宙葬とは故人の遺灰が入ったカプセルを人工衛星にのせて宇宙まで運び、宇宙空間で散骨する搬送方法で、日本人の中でも人気が高まっています。

 

宇宙葬とは?

  • 高度100km以上の宇宙空間まで遺灰を人工衛星で運ぶ
  • 遺灰をのせた人工衛星は軌道を数ヶ月周回した後、大気圏内に突入して燃え尽きる
  • 専用のアプリで人工衛星の現在地を確認できる
  • 費用は30万円~50万円

 

「数十万円で宇宙に行けるなんてすごい!」という人もいれば、「遺灰が回収できないのはちょっと…」という人もいます。

 

また宇宙葬は定員数に達した時点で実行されるので散骨する日を希望できず、「いつできるかわからない」というデメリットもあります。

 

ICカードやタッチパネルで操作する「コンピューター制御型納骨堂」

「コンピューター制御型納骨堂」とは、納骨堂でタッチパネルに専用のICカードをかざすと、バックヤードに安置された遺骨が自動搬送される納骨堂のことです。

 

「価格が手ごろ」「気軽にお参りできる」といった理由から、特に土地の少ない都心部で選ばれています。

 

コンピューター制御型納骨堂のメリット

  • 立地条件がよく、交通の便がいい
  • 館内がコンピューター制御のため安心のセキュリティ
  • 掃除や管理をしなくてもよい
  • 手ぶらでお参りができる

 

一方でコンピューター制御型納骨堂のデメリットもいくつかあります。

 

コンピューター制御型納骨堂のデメリット

  • 都心部にしかない
  • 災害や建物の老朽化が心配
  • お盆やお彼岸など時期によっては混雑する

 

高層ビル全体がコンピューター制御型納骨堂であり、少ないスペースに多くの遺骨が安置されているので、混雑時には長い行列に並ばないといけないかもしれません。

 

遺骨は業者預かりお墓はスマホの「スマ墓」

「スマ墓(すまぼ)」とはスマートフォンでお墓参りができるサービスで、遺骨は業者が預かるのでセキュリティも安心です。

 

どのように利用するかというと、故人が慣れ親しんだ実家や公園、散骨した場所などをGPSに登録するだけです。

 

登録した場所に訪れると、あらかじめ登録している写真や動画などが遺族のスマホに流れる仕組みとなっています。

 

スマ墓のポイント
  • 登録場所を訪れるとAR(拡張現実技術)で写真や動画が流れる
  • 月額500円(年間6,000円)で利用可能
  • 遺骨の保管は最大で15年間

 

「価格を抑えた最低限のお墓が欲しい」という要望に応えて、株式会社良心石材が開発したサービスです。

電話やメールで申込ができますので、気になる方は下記のホームページをご覧ください。

株式会社良心石材「スマ墓」のホームページはこちらから

 

こちらの動画では、葬儀ビジネス展の様子を映していますので、最新のサービスなどに興味がある方は是非ご覧ください。

2018フューネラル・ビジネスフェア レポート 葬儀・葬式ch 再

 

まとめ

  • 車に乗ったまま焼香できる「ドライブスルー葬儀」は賛否両論ある
  • 数十万で宇宙に散骨できる「宇宙葬」、ICカードでタッチするだけでお参りできる「コンピューター制御型納骨堂」などの新しいサービスがでている
  • 「スマ墓」では「仮想現実技術」が利用され、今後も最新技術を搭載したサービスは増えていく

ほんの数年前には考えられなかったようなサービスが、次々と出てきている時代です。

便利になる一方で、失われるものがあるかもしれないことを考えていかなければなりません。

 

関連記事今の時代では気になる「デジタル遺品」について、下記の記事で解説していますのでご興味ある方は一読ください。

故人のスマホのロックを解除するには|パスワードを探すヒントや業者のおすすめ
故人のスマホのロックを解除するときの対処法を解説しています。 パスワードの探し方やおすすめのデジタル遺品整理業者も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

葬儀後に必要なこと通夜・告別式
heyponをフォローする
人生のエピローグ