通夜に参列する子供の服装|赤ちゃんを連れていく場合に注意したい事

お通夜に参列するときのマナーは「急ぎ駆け付ける」ことが多いため、平服でもよいとされています。
大人の平服というと男性はお勤め先から直接参列することが多く、色を抑えたスーツに黒っぽいいネクタイで参列するのが一般的。
女性も黒や紺といったスーツやワンピースなどで参列します。

子供の場合は平服といっても普段着ではなくカジュアルすぎない服装で、制服かそれに準じたデザインの服装で参列します。
お通夜に子供が参列するときの服装についてお話します。

 

スポンサーリンク

 

制服がある場合は制服を着るのが基本

大人は会社関係などのお付き合いで葬儀に参列する機会が多くなることもあり、社会人になると喪服・略式礼装や準礼装を準備している人が多くなります。
しかし子供の喪服略式礼装や準礼装を揃えているという方はほとんどいないでしょう。

子供や妊婦さんを葬儀に参列させると「トラウマになる」として、歓迎しない習慣のある地域もありましたが、最近はお通夜や告別式に参列させることが多く見受けられるようになりました。
子供がお通夜に参列する場合、「平服」といっても葬儀にふさわしいものを着せるのに頭を悩ませてしまうこともありますよね?
中学生以上であれば「制服」は通夜も告別式も冠婚葬祭オールマティなアイテムです。
小学生以下でも制服があればやはり制服で参列が基本です。

制服がない場合は黒・紺・グレーの服を身につける

制服は学校によってはないこともあります。
特に幼稚園、小学校では私立は制服がありますが、公立校では私服登校の場合が圧倒的に多いでしょう。
子供といえどもお通夜へは黒や紺、グレーといった色合いの服装がふさわしいのは大人と変わりません。

ブレザーと白シャツが基本

平服はカジュアルな普段着ではないというのがポイントです。
成長が早い時期であっという間に着られなくなる子供服は、フォーマルに着られるものはデザインや装飾が華やかなものが多く冠婚葬祭兼用できる服となるとそうそうありません。
葬祭に着用するにはどうしても地味目になってしまい、一回も着ないままということも出てきてしまいますが、華美な装飾の付いていないシンプルな白のシャツと黒や紺またはグレーのスカートかズボンは一着あった方がいいですね。

男女ともに上着が必要な季節であれば、ダーク系のブレザーが基本になります。
ブレザーの用意がない場合は、無地の黒や紺のスクールカーディガンタイプを着用させましょう。
シャツやブラウスは半袖か長袖というように袖や襟のあるデザインでカジュアルすぎないデザインにします。
女の子のスカートの丈はひざ下くらいのものが無難です。
会場が座敷の場合もありますので、一瞬であっても正座することも想定しておいた方がいいでしょう。
女の子なら上下のセットでなはくワンピースでもOKです。

 

靴下は白か紺、靴は黒かこげ茶

靴下は黒、靴も黒の革靴で統一できればベストです。
学生の場合は靴下と靴は白でも構いませんし、学校指定の多い紺の靴下にこげ茶のローファーで大丈夫です。
小学校以下の子供の場合靴の素材はスニーカーでも構いませんが、白か黒で運動タイプではないものまた装飾のないものにしましょう。

夏の暑い季節でもはだしは厳禁ですのでソックスを履くようにし、同様に靴もサンダルやミュールなどは不可です。

<その他にも注意したいこと>

  • 子供の服装には、大人のように冠婚葬祭で認められている装飾品は不必要です。
  • 襟元などや袖に毛皮が使用されている衣類は、「殺生」をイメージさせるためタブーです。
  • 素材が光るものや光る装飾のついているものは避けましょう
  • 持ち物のハンカチは無地のもので白か黒、グレーや紺を持たせましょう。
  • コートを着用する季節では葬儀会場に入る前に、自宅葬儀の場合は玄関に入る前に脱ぐのがマナー、コートを着るからと下は何でもいいわけではありません

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんは乳児用の白を身につける

赤ちゃんの参列は親族以外はしません。
親族の参列でも泣き出した時にすぐ席を外せる場所で参列するようにします。(通常親族の席は会場の奥で退出しにくい場合があります)
赤ちゃんの服装は、新生児服や乳幼児用の白いベビー服にしましょう。

幼児の服装は派手な色やキャラクターものなどは避け、シンプルな上下白にします
白以外では手に入るようであれば、グレーなどのモノトーンのものか難しければ薄い水色やアイボリーなどにしましょう。

 

まとめ

  • お通夜にいく子供の服装の基本は「制服」です。
  • 制服がない学齢の子供は「制服に準じる」服装なら間違いはありません。
  • 赤ちゃんは白のベビー服、幼児は上下白かグレーや水色など喪の色にしましょう。

子供がお通夜に着る服装はかしこまった服装になるのですが、制服を普段着慣れない子供も多く窮屈なものを着せてしまうと体に負担がかかることもあります。
着てみたときある程度身動きがしやすいものを着せてあげましょう。
 

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

通夜・告別式
silverをフォローする
人生のエピローグ