キリスト教の葬儀での香典袋の書き方|金額の目安と参列時のマナー

キリスト教式の葬儀に参列する場合、香典袋はどのような物を使えばいいのでしょうか。
日本では仏式の葬儀が多い為、キリスト教での葬儀はあまり馴染みがありません。

キリスト教はカトリックとプロテスタントという宗派に大別され、それぞれに相違点があります。
葬儀は仏式でもなかなか慣れないものですが、あまり良く知らない宗教の葬儀となると、更に戸惑ってしまいますね。

ここではキリスト教の葬儀の時に使う香典袋の種類、気を付けなければならない点など、基本的な事をご紹介したいと思います。

※キリスト教では「御香典」という言葉は使わず「弔慰金」と呼びます。
 

スポンサーリンク

 

キリスト教の香典袋の取扱店は少ない

キリスト教で使用する専用の香典袋は、十字架やユリの花がついている物です。
白いユリの花は、聖母マリアを表していると言われています。

仏式の香典袋と違って、キリスト教専用の香典袋は、コンビニでの取り扱いはあまりされていません。
取り扱っているお店は、大きな文房具屋、百貨店などです。

キリスト教専用の香典袋を使用するのが好ましいですが、どうしても手に入らない時は、「御霊前」の香典袋を使用するか、何も描かれていない白い封筒を使用します。

「御霊前」の香典袋の水引は黒白か銀一色のものを使用します。
蓮の花が描かれている物は、仏教専用なので避けます。

※「御霊前」が使えるのはカトリックで、プロテスタントでは使えませんので注意して下さい。

キリスト教の香典袋の書き方

キリスト教の香典袋の表書きは、「御花料」と記入するのが、一般的です。
「御花料」であれば、カトリックでもプロテスタントでも両方の宗派で使うことができます。

香典袋の下段に会葬者のフルネームを記入し、薄墨を使います。
キリスト教の香典袋の書き方も、基本的に仏式と同様です。

カトリックの香典袋の表書き

表書きには「御花料」と記入します。
カトリックの場合は、「御霊前」も使えます。

プロテスタントの香典袋の表書き

表書きには「御花料」と記入します。
「御花料」の他に「忌慰料(きいりょう)」を使う事もあります。

プロテスタントの場合「御霊前」は使えません。

状況別の名前の書き方

●個人で出す場合
香典袋の下段中央にフルネームで名前を書きます。

●夫婦で出す場合
一般的に、結婚している場合は夫のフルネームだけを中央に書きます。
夫婦の一方だけの知り合いの場合、知り合いだった方(夫だけ、妻だけ)のフルネームを書きます。

・(夫婦連名で出す場合)
夫婦ともに故人と親しかった場合は、夫婦連名で書きます。
下段の中央に夫のフルネーム、左側に妻の名前のみを書きます。

●複数名で出す場合
・(2~3名まで)
右側から目上(上司など)の方、左側に向かって序列に従い、それぞれのフルネームを書きます。

・(4名以上)
中央に代表者の方のフルネーム、左側に「外一同」と書きます。
別紙に全員のフルネームを書いて、香典袋の中に入れます。

●会社名義で出す場合
中央に会社の代表者のフルネーム、右側に会社名を書きます。

●部署・グループ名で出す場合
中央にグループ名、その右側に会社名を書きます。

出典:超便利!冠婚葬祭マナー
 

スポンサーリンク

 

キリスト教の香典金額の目安

基本的には仏式の金額と同じと考えて良いでしょう。
下記は大体の相場です。

・友人・知人         5,000円~10,000円
・親類          10,000円~20,000円
・身内          30,000円~100,000円
・職場関係          5,000円~10,000円

キリスト教の葬儀の注意点

キリスト教の葬儀に参列する時の服装は、仏式の時と同じように喪服で良いです。
仏式のお葬式には数珠を持っていくことが多いですが、キリスト教の場合は、何か特別に持っていくような物もありません。

葬儀で気を付けなければならないのは、「お悔やみの言葉」です。
「この度はご愁傷様でした」「ご冥福をお祈りします」と、仏式の葬儀では当たり前のように言いますが、キリスト教では「お悔やみの言葉」というものがありません。

キリスト教では、仏教のように人の死を「終焉」とは捉えず、地上の罪を許され、神のいる天に召されることを祝福されるべきことと捉えているのです。

ご家族を亡くされた遺族に対して、何か声をかけてあげるのであれば、「安らかに眠られますようにお祈りいたします」といった故人の安寧を祈る言葉を伝えましょう。

まとめ

●香典袋は、キリスト教専用のものを使用する。
●キリスト教でも宗派によって使える表書きと使えない表書きがある。
・カトリックで使えるのは「御花料」「御霊前」
・プロテスタントで使えるのは「御花料」「忌慰料」

 

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

宗教・宗派法事・法要
life-epilogueをフォローする
人生のエピローグ