のし紙は薄墨で書くのがマナー|薄墨を使う場面と法要別のし紙の選び方

不祝儀で使うのし紙は、葬儀の香典やお供え物へのお礼の品にかけてお返ししています。
また、法事などで参列者にお渡しする引き出物や、葬儀の香典返しなどにはのし紙がついています。
のし紙の表書きには様々な種類があり、使用する時期や宗教などによって使い分けられています。
不祝儀の引き出物や返礼の品、お供物にかけるのし紙についてお話します。
 

スポンサーリンク

 

のしの薄墨は通夜・葬儀に関わる場合のみ


出典:香典返しの熨斗

不祝儀の表書きには「薄墨」を使って書くというのが一般的なマナーとされています。
この薄墨を使う理由や使い分けをご存知でしょうか。
不祝儀はすべて薄墨というわけではありませんので、使い分けを覚えておくと後々恥をかかなくてすみますね。

薄墨を使う理由

薄墨を使う理由は、

「予期せぬ訃報に動揺してしまい、墨をきちんとする時間がありませんでした」
「本来であれば、きちんと墨を摺(す)って濃い文字で書くべきところなのですが、
悲しみのあまり力が入らず墨を摺ることができません。」
「涙が硯に落ちてしまい、摺っても摺っても薄くなって薄墨で書くしかありませんでした」

 
ということから薄墨で書くといわれています。
したがって不祝儀の表書きは、薄墨で書かねばならないという決まりはありません。
弔意を示す、悲しみを表現する習慣として広く伝わってきているマナーです。

薄墨を使うのは予期せぬ訃報のために、薄墨のまま表書をしたという意味があります。

<香典袋や供物に薄墨を使う時期の違い>

・香典袋や供物の表書きが薄墨なのは、四十九日の忌明け法要までです。
・忌明け法要後の供物は、前もって準備していますので薄墨ではなく、普通の濃さの墨を使用します。
・法事に欠席する場合の断り状を書く場合も、薄墨ではなく普通の濃さの墨で問題ありません。

香典・お供えへの返礼は薄墨を使う

香典返しの品やお供えの返礼品ののし紙は、水引の上の部分に薄墨で「志」と記せば全国的に通用します。
地方によって忌明け法要の表書きに特徴がでます。

<地域による表書きの違い>
・関西地域では「満中陰志」
・関東では「七七忌 志」「七七日忌 志」

 
一般的にはのし紙の水引の下には香典返しやお供えのお礼薄墨で、喪家の苗字のみを記します。
同じ地域に同一姓ばかり、全国的に多い名字など名字だけではわかりにくい場合はフルネームで記すことも多いですね。

宗教家に渡すものは黒い墨を使う

葬儀では僧侶や神職から香典をもらうことはありませんので、忌明け法要に用意する香典返しはないでしょう。
お寺宛てのお品となると、一般的に忌明け法要などの法事の返礼品・引き出物になります。
僧侶や神職へののし紙の表書きの文字は黒い墨で書きます。
法事の引き出物ののしの表書きは、「忌明」「四十九日忌」「志」などで、内のしで用意しましょう。

<表書きに何を書くか迷ったら>
志は香典返しから忌明け法要の引き出物まで、弔事の返礼について何にでも使用できます。
どうしていいのかよくわからない場合は「志」としましょう。

 

スポンサーリンク

 

法要別ののしの選び方と表書き

 

 

 

出典:香典返しの熨斗

不祝儀ではのし紙の水引には、不幸を繰り返さないという意味で結び切りの水引ののし紙を使用しています。

 

<宗教による水引の選び方>
・仏教では黒と白の水引のし(蓮の絵入など)
・神道やキリスト教では黄色と白の水引ののし

蓮の絵入りは仏教の専用で、仏教以外のすべての宗教で使えるものが黄色と白の水引です。
不祝儀の香典返しの品や、引き出物にかけるのし紙の表書きも、法要によってまた宗教によって書き方が違います。
通夜や葬儀の時いただいた香典返しののしの表書きと、追善供養の引き出物ののし紙の表書きの違いについてご紹介します。

通夜・葬儀の場合

通夜や葬儀の時には一般的に会葬礼品を参列してくれた方々に渡します。

会葬してくれた方にお礼として渡すものの例
・お茶やハンカチなど500~1,000円程度の品物
・挨拶状
・清めの塩

「志」と表書きしたものもありますし、挨拶状が2つ折りのカード形式になっていて「御礼」として差し込んであることもあります。

初七日以降の法要の場合

葬儀で会葬礼品をお渡ししなかった場合は、初七日から忌明け法要の期間には基本的に法要の香典返しはしません。
すべては、忌明けした後に無事に忌明け法要が済んだことを報告するお礼状とともに返礼品を贈ります。

・仏教では、49日の忌明け法要の報告と一緒に「志」「忌明」「満中陰」と表書します。
・神道の場合は、50日法要のとき「志」「忌明」の表書きでお礼をします。
・キリスト教では、一か月後または30日後に「志」と表書をして返礼しています。

 
法要に参列された方には、この席で引き出物としての品物を渡します。

・仏教では、法要の当日の参列者への引き出ものに「志」「粗供養」と表書をして渡します。
・神道でも、法事の当日に「志」「偲草」の表書きの引き出物を渡します。
・キリスト教では基本的に香典(弔慰金)への御返しの風習はありません。

 
法要に参列されず香典を送ってくださった方には、後日お礼の品を送ります。
また、参列いただいた方で香典とは別に高額のお供え物をいただいてしまったという場合は、半額程度のお礼を送ることもあります。

まとめ

弔事ののし紙に薄墨を使う理由やマナー
・香典返しや法要の引き出物ののし紙の表書きは薄墨
・香典袋の表書きを書くとき薄墨にする意味は「突然の訃報」に動揺や悲しみを表現
・香典や供物に薄墨で書く時期は忌明け法要まで
・宗教家への引き出物ののし紙は濃い墨で書く

 
故人の宗教や、地域の風習によってものし紙の選び方は違っています。
家族に詳しい人がいないときは、同じお寺の檀家さんや僧侶に確認しましょう。
忌明け法要までは、通夜や告別式でお世話になった葬儀屋さんがサポートしてくれることも多いので、遠慮なく尋ねてみましょう。
 
「法事の引き出物の熨斗(のし)の書き方【宗教別・法要別】の書き方をご紹介」も参考にしてください。

【宗教別・法要別】法事の引き出物の熨斗(のし)の書き方と使い方
法事などで参列者にお渡しする引き出物や、葬儀の香典返しなどにはのし紙がついています。のし紙の表書きには様々な種類があり、使用する時期や宗教などによって使い分...

 

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

法事・法要
silverをフォローする
人生のエピローグ