お寺さんへのお布施|お布施袋の書き方や選び方などのマナー

お布施と言うと「葬儀や法事の時にお渡しするもの」ですが、そのような機会はそう頻繁にあるものではありません。
そのため、いざお布施の準備となった時に慌ててしまいますね。

お布施には「新札を使う」「お布施袋には黒墨で記入する」というマナーがあるのをご存知ですか?
そして葬儀や法事だけでなく、水子を供養する時もお布施という形でお渡しします。

このようにお布施については意外と知らない事があります。
お布施のマナーについて、まとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

お寺へお布施をする意味

お寺へのお布施は、お葬式などで戒名をつけていただいたり、お経を上げてもらうそのお礼として僧侶にお渡しします。
寄付という形のものなので、決まった金額もありません。

僧侶に支払うものではありますが、本来はお寺のご本尊にお供えするものです。

お布施袋の種類

お布施袋は「奉書紙(ほうしょがみ)」に包む方法と「白い封筒」に入れる方法の2種類が基本です。

奉書紙に包む

お布施の本来の包み方は「奉書紙」に包む方法で、これが正式な包み方になります。
奉書紙に包む時は、お金を包むための半紙か白い中袋が必要です。
半紙にお金を包むか、白い中袋にお金を入れたら、それを奉書紙で包みます。

奉書紙はツルツルしている方が表面になりますので、置き方に注意します。
下は奉書紙でのお布施の包み方の例です。

出典:仏事あれこれ

不祝儀袋または白い封筒を使う

お布施を包む袋は、奉書紙の他に白い封筒や不祝儀袋を使う方法もあります。
白い封筒で中が二重になっているものは、「不幸が重なる」と言われることから、使わずに一重のものを使います。

不祝儀袋は、「お布施」と印刷されているものも販売されており、そちらを使用しても構いません。

お布施の場合水引はなくてもいい

お布施の場合、水引きはつけなくても良いです。
水引きがついているお布施用の封筒も市販されておりますが、そちらを使用しても問題ありません。

 

スポンサーリンク

 

お布施の表面と裏面の書き方

出典:法事のお布施はいくら?

一般的には、お布施の表面の中央上部に「お布施」と書きますが、何も書かずに空白でも良いとされています。

表面の書き方

表面の上部中央に「お布施」と記入します。
下段中央にはフルネームで施主の名前を入れるか、「〇〇家」と苗字を入れる書き方をします。

裏面の書き方

表側に「お布施」とフルネームを書いた場合は、基本的に裏面に何も書く必要はありません。
住所や名前は中袋に記入します。

金額は書かないとされていますが、中には金額を記入する欄が設けられている不祝儀袋があります。
その場合は、金額を一なら壱、二なら弐という漢数字(旧字体)で記入します。

お布施に入れるお札は新札

意外に思われるかもしれませんが、お布施に入れるお札は新札を使います。
封筒に入れる時のお札の向きや、入れ方も弔事の入れ方ではなく、お札の顔がある方(表側)が表面に来るように入れる、慶事の入れ方で入れます。

 
お布施のマナーや包み方が気になる方はこちらの記事がおすすめです。

葬儀の際に僧侶を呼ぶ費用|お布施の相場や包み方などのマナー
お葬式では僧侶による読経が欠かせませんが、僧侶へ支払う費用=お布施の金額は気になりますよね? お布施の相場 お布施の包み方 僧侶へのお布施の渡し方葬儀にかか...

 

お布施には新札を使う

葬儀では「前もって準備していた」と不幸を予期していたかのような印象を与える為、新札は使いませんが、法事・法要の時は「準備していたお金」という考えで良いので新札を使います。

葬儀のお布施の場合、急なことで新札を用意するのが難しい場合もあるので、新札でなくても良いとされます。

お布施には黒い墨を使う

お通夜や告別式での香典袋では、「涙で墨が薄くなってしまった」という悲しみを表す意味で、薄墨を使います。
しかし、お布施の場合は、お布施自体は弔辞ではないという考え方から薄墨は使わず、黒墨を使って書きます。

お布施はお盆などに乗せてお渡しする

お布施を渡すのに、直接手渡しすることは失礼にあたります。
「小さいお盆(切手盆)」にお布施を載せてお渡しするようにしましょう。

渡す時は、お坊さんから見て正面に見えるようにし、お盆に載せてお布施を受け取って頂きます。
お盆が無い場合は、「袱紗(ふくさ)」を使います。
袱紗の上にお布施を載せてお坊さんに受け取って頂きます。

お布施とお車代は別にする

通夜や葬儀などに出向いてもらった場合、お車代をお渡ししますがお車代は、お布施とは別の袋に入れます。

使用する封筒は、お布施と同様に、無地の白い封筒や不祝儀袋です。
表面の上段中央に「お車代」と黒墨で書きます。
下段中央には名前を書かなくても良いと言われていますが、書いても問題ありません。

お車代の他に、お膳料も一緒にお渡しすることがありますが、お膳料もお布施とは別の袋に入れます。
使用する封筒や記入の仕方は、お車代と同じです。

まとめ

・お布施を入れる袋は、奉書紙と白い封筒の2種類
・御布施には新札を準備する
・袋の表書きには、黒墨を使う
・お布施を直接渡すのは、失礼にあたるのでお盆、または袱紗を使って渡す
・お車代はお布施とは、分けて袋に入れて渡す

 

 

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

法事・法要
life-epilogueをフォローする
人生のエピローグ