三回忌の法要での御仏前として包む金額|香典の相場と香典袋やマナー

三回忌の法要に招かれたときは供物をもって伺うのが正式ですが、最近では代わりに現金を包むのが一般的になっています。
仏式では、「御仏前」「御供物料」「御香料」と表書きしたのし袋でお渡しします。

三回忌の香典の金額の相場は、故人との関係によって違います。
血縁関係が濃いか薄いかによって、濃いほうが多めに包んでいます。
香典を入れる香典袋の選び方、書き方などのマナーについてもまとめてみました。
 

スポンサーリンク

 

三回忌の基本の金額は1万円

一周忌を過ぎた後の法事・法要では、招待される人の範囲が縮小されていきます。
親族以外の親戚もあまり遠縁では呼ばれなくなりますし、友人関係もよほど故人と親しい交友があった人でなければ声はかかりません。
三回忌の香典を包む金額について、周囲の人に相談できず迷うこともあるのではないでしょうか。
目安は、一周忌の相場と同じと考えて大丈夫です。
法事の香典の金額には、基本の部分とプラスアルファが必要なことがあります。

<三回忌の香典の基本部分の相場>

・家族や親しい親族であれば、相場は1万円から3万円
・知人友人、会社の同僚などであれば、相場は5千円から1万円

 
<プラスアルファ>
故人と生前親しくしていたかどうかや、法要の後に会食に招かれて出席するかなどで上乗せが必要になります。
会食は前もって会場を知らせてきますので、料理の金額を一緒に包むのがマナーです。

・レストランや料亭などの会食なら、5千円から1万円。
・軽食程度なら2千円から5千円。

 

故人との関係別の御仏前相場

故人との血縁関係、友人や知人・ご近所などの人間関係別の御仏前の相場をみてきましょう。

 

故人が一親等・二親等の場合

自分の両親、結婚している人は配偶者の両親を一親等といいます。
また、自分の祖父母、兄弟や姉妹、孫、配偶者の祖父母、兄弟・姉妹、孫が二親等です。。

一親等・二親等までの三回忌の法要の香典の相場

<1人で出席する場合>

・法要のみ出席で会食なしの場合は、1万円~3万円
・法要と会食に出席した場合は、2万円~5万円

 
<夫婦で出席する場合>

・法要のみ出席で会食なしの場合は、2万円~5万円
・法要と会食に出席した場合は、3万円~6万円。

 
会食の会場やコース料理の内容にもよりますが、多くの場合5千円~1万円程度の懐石料理が用意されます。
参列者は、香典の金額に会食代を上乗せして香典を包むべきです。
三回忌の香典として包む金額は、夫婦なら2人分をまとめて包みます。
2人分をまとめるときは、シンプルに1名分×2の金額を包むのが妥当でしょう。

 

故人が三親等の場合

三親等は自分の兄弟・姉妹の子供、叔父・叔母、曽祖父母、曾孫、配偶者の兄弟・姉妹の子供、叔父・叔母、曽祖父母、曾孫をさします。

<1人で出席する場合>

・法要のみ出席で会食なしの場合は、5千円~2万円。
・法要と会食に出席した場合は、1万円~3万円。

 
<夫婦で出席する場合>

・法要のみ出席で会食なしの場合は、1万円~3万円。
・法要と会食に出席した場合は、3万円~。

 

故人が四親等以上の場合

四親等以上の親族は、従兄弟・従姉妹等が含まれます。

<1人で出席する場合>

・法要のみ出席で会食なしの場合は、5千円~2万円
・法要と会食に出席した場合は、1万円~3万円。

 
<夫婦で出席する場合>

・法要のみ出席で会食なしの場合は、1万円~3万円
・法要と会食に出席した場合は、3万円~。

 
遠縁の親戚は、連名できりのいい金額を包んでも大丈夫です。

 

故人と親族関係にない場合

友人や知人で故人と親しかった人が、三回忌の法要の会食に招かれる場合もあります。
また、長年親交があったご近所さんや、地域によって隣近所を呼ぶ地域もあるようです。

<1人で出席する場合>

・法要のみ出席で会食なしの場合は、3千円~2万円
・法要と会食に出席した場合は、1万円~3万円

 
<夫婦で出席する場合>

・法要のみ出席で会食なしの場合は、5千円~3万円。
・法要と会食に出席した場合は、3万円~。

 
近隣の人として招かれたときは、その地域社会のルールがあります。
同じように招待されている方と相談して、金額を包むのが一番良い方法です。
なにかとお付き合いがある隣近所ですので、失礼にならない金額をお供えしましょう。
友人や知人は、親戚でなくても特別に親しくお付き合いがあったなら、親戚の相場と同じ金額を包みます。
 

スポンサーリンク

 

香典袋の選び方・書き方・お札の向き


香典袋には、仏教でも宗旨宗派によって「御仏前」や「御供物料」などと書きます。
宗派がよくわからないときは「御香典」とすると障りがありません。

 

香典袋の選び方

三回忌の香典袋を準備するのは、もちろん不祝儀袋です。
様々な装飾のされた不祝儀袋が売られていて目移りしてしまいますが、不祝儀袋には「格」があります。

「格」は、包む金額に合わせて準備をするのが作法です。
例えば、5千円以上であれば、白黒などの水引が付いたものを用意します。

 
香典袋の格による選び方は「仏式の香典袋の選び方と書き方のマナー~香典に包む金額の相場やスマートな渡し方について~」にまとめがあります。

仏式の香典袋の選び方と書き方|包む金額の相場やスマートな渡し方
社会人になると何かと増えるのが、冠婚葬祭のお付き合いです。学生時代のように仲の良い間柄なら多少は大目に見ていたことも、社会人になるとマナーを守らなくてはいけ...

 

香典袋の書き方

香典袋の表書きなどを書くとき、注意したいことがあります。
お通夜や葬儀では薄い墨を使って表書きを書きますが、三回忌では黒墨を使いましょう。。
墨の色を薄くして書くのは、遺族に「悲しみの涙で墨が薄くなりました」「急な知らせで墨をする時間がありませんでした」といったことを伝えるための作法です。
三回忌では亡くなってから時間が経っていることと、前もって準備しているものですので黒い墨で大丈夫なのです。

 

お札の向き

お札の向きはすべて揃えて入れます。
不祝儀のときは、お札の表側の顔のある方が見えないよう、裏にして入れるのが一般的です。
お札の向きは、それほど神経質にならなくても良いという説もあります。
ですが、複数のお札を入れる場合はお札の向きを揃えて入れたほうが美しいですね。

 

香典として使わない方が無難な金額がある

香典に包む金額には、注意する事があります。
「四」や「九」が付く数字は縁起が悪いとされ、避けたほうが良いでしょう。

<香典の金額は数字に配慮する>

祝儀と不祝儀では「四」は「死」を、「九」は「苦」を連想するため避けるのがマナーです。
例え包む金額の相場が、2万円~5万円の場合でも「四」は避けましょう。

 
結婚祝いのときのみ、偶数の金額は「別れる」と言われてタブーですが、不祝儀では問題ありません。

 

まとめ

・三回忌でも香典「御仏前」「御供物料」「御香料」は持っていくのがマナー。
・故人の親戚は法要のみで1万円~3万円が相場。
・親戚が夫婦で参列するなら2人分をまとめて包む。
・親戚以外の友人は法要のみなら5千円~1万円が相場。
・親戚でなくても特別近しい人は親戚の相場と同じ。
・遠縁の親戚は連名できりのいい金額を包んでもよい。
・血縁がなければ、相場は5千円前後。
・会食にも参加するなら食事の代金を上乗せして包む。
・仏教でも宗派がわらなければ「御香典」が無難。
・表書きは黒墨を使う

 
香典に包む金額は相場がありますが、あくまでも目安です。
親戚でルールがあったり、地域で風習があったりしますので身近な人に最終の確認をすることをお勧めします。

 

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

法事・法要
silverをフォローする
人生のエピローグ