法要後の食事なしは不作法にならない?会食のかわりに準備すべきこと

仏教はじめ多くの葬儀や法要では、法要の後に食事会をして故人を偲ぶ風習があります。
この食事会のことを「お斎(とき)」と呼んでいます。
施主が参列者のおもてなしをするのですが、この食事を出さないことも多くなってきました。
食事なしの法要が増えてきた理由や、食事を出さない時の法要の準備や手配についてまとめました。

スポンサーリンク

法要後の会食をしないことも増えている


出典:ごちクル

法事の後の会食のことを「お斎」と呼びます。
お斎は施主からの振る舞いで、僧侶や親族・縁者、ゆかりの人々と故人を偲び心やすらかに思い出を語りあいながら食事をします。
お斎は故人を偲ぶことで、参列者同士の交流の場となる大切な行事です。

しかし、法要の時間帯や日程などや都合によりお斎をしないこともあります。
また、参列者が家族だけの場合などは、別段改まってお斎はしないということも増えています。

法要後の会食の意味

法要の後、施主が列席者を招待して行なう食事(会食)の場をお斎と言います。
お斎の「斎」という字は、仏教の用語斎食(さいじき)」からきています。
これは正午や決まった時刻にとる食事を指す言葉ですが、法要などの後の食事という意味も含まれています。

会食が行われる法要

通常、お斎(会食)がある法要の種類を挙げてみましょう。

初七日 (しょなぬか)

命日から7日目:最近では葬儀の当日に、火葬後に法要することが多いです。
遺族・親族・友人・知人などが参列します。
僧侶による読経の後、一同で焼香して会食をします。

 

四十九日 (しじゅうくにち)

命日から49日目:遺族・親族・友人・知人などが参列します。
僧侶による読経の後、一同で焼香・会食(お斎)をします。
四十九日は、忌明けとされています。
本位牌を仏壇に納め、それまで祀っていた白木の位牌を菩提寺に納めます。
納骨も一緒の場合が多くあります。

 

一周忌 (いっしゅうき)

命日から満1年目:遺族・親族・友人・知人などが参列します。
僧侶による読経の後、一同で焼香・会食(お斎)をします。

 

三回忌 (さんかいき)

命日から満2年目:遺族・親族・友人・知人などが参列します。
僧侶による読経の後、一同で焼香・会食(お斎)をします。
三回忌になると参列者はほとんど遺族と親族になり、よほどの縁があった友人や知人のみ招待されるだけです。

三回忌以降の法要は、参列者もほとんど遺族だけになり規模が縮小されていきます。

会食をしない場合の手配

お斎を省く場合は法要後、施主が挨拶をする時にその旨を告げ参列者に引き出物等を渡します。
施主がおもてなしの席を設けない時は、食事の代わりに参列者全員に折詰めの料理と酒の小壜(こびん)を用意し引出物と一緒にお渡しします。

 

法要の準備と手配

一般的には法要の準備は、日程を決めお寺の手配をはじめ引出物の手配や食事の手配などをします。
法事・法要の日程を決める時、平日にあたる場合は「直前の土日」に日程を組むのが一般的です。

会食で出す食事の金額相場は、次のようになっています。

・初盆や一周忌などで、親族以外に会社関係や友人・知人なども出席する場合の金額相場は5千円~1万円くらいです。
・地方では3千円〜1万円が相場です。

 
食事代の相場は席を設ける場所によっても変わってきます。

・料亭やレストラン等で手頃な会席を利用する場合は、3千円〜1万円
・ホテルの場合は8千円〜1万2千円くらい、地方では6千円〜1万円くらいです。

 
三回忌以降の法事や親族だけの法要を自宅で行う場合は、仕出しのお弁当などで3千円〜5千円くらいが相場です。

会食の代わりに持ち帰り用のお弁当とお酒を用意

会食をしない場合は、持ち帰り用のお弁当とお酒を用意します。
持ち帰りのお弁当とお酒についても、会食で出す料理を目安に準備しましょう。
法要の後の会食は行わなくても失礼にはあたりません
お弁当とお酒だけでは会食の料理代より見劣りする場合は、その分を引き出物の予算に上乗せして増やすと良いでしょう。
引き出物の目安の金額は、香典やお供えとして頂く金額の1/2〜1/3くらいが相場と言われています。

 

スポンサーリンク

 

宗教家へはお弁当か御膳料

お斎を省く場合は、法要後の挨拶の中で施主がその旨を告げて返礼品等と一緒にお弁当をお渡しします。
またお斎の用意をしても僧侶のみ席に参加されない場合、「御膳料」をお包みするのが通例です。

僧侶が食事を辞退した時は、食事の代わりに料理を箱詰めにするか、御膳料もしくは御斎料をお包みします。

お弁当を渡す時は御膳料は不要

お斎をしない場合は、施主が列席者に折詰めの料理と酒の小瓶を準備しますが、同じものを僧侶にお渡ししても構いません。
折詰めの料理を渡す場合は、御膳料は不要です。
料理を渡さない場合は、御膳料として現金を渡しましょう。

御膳料の相場・封筒・表書き

僧侶がお斎を辞退した時渡す御膳料の相場は5千円〜2万円くらいです。
お斎を準備しない場合も同じ金額でいいでしょう。

お金を包む袋の表書きは、薄墨ではなく濃墨で書きます。
包みの献上は「御膳料」としましょう。
現金を半紙の中包みに入れ、奉書紙で慶事の上包みの折り方をするのが最も丁寧とされています。
一般的には市販の白い封筒で構いませんが、郵便番号欄の無い無地の封筒を用いましょう。

御膳料については「御膳料の書き方|裏書と表書きのポイントとお札の包み方のマナーと金額の相場」にまとめがあります。
ぜひこちらもご確認ください。

御膳料の封筒の表書き&裏面の書き方|金額の相場やお札の包み方
御膳料はお通夜や初七日の法要、忌明け法要などで出すお斎(とき)の会食にお出しするお食事の代金のことです。僧侶が法要の後の食事を辞退したときに、お食事代の代わ...

 

まとめ

法要後の食事と出さない時のマナー
・法要の後の食事をお斎といいます。
・お斎は住職や参列者をおもてなしする食事会です。
・お斎は法要の後に開かれますが、時間の都合などによっては省略されることもあります。
・お斎をしない場合は、折詰めの料理と酒の小瓶を用意して渡します。
・お斎をしない場合、僧侶には折詰めの料理か御膳料のどちらか一方を渡します。

 

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

法事・法要
silverをフォローする
人生のエピローグ