【家族だけでの法事】七回忌の服装を男女別とお子さん用で紹介

仏教では亡くなってから49日間を「中陰(ちゅういん)」と呼び、四十九日までの間に七日ごとに法事・法要があります。
四十九日後は区切りの年に法要がおこなれるのですが、亡くなってからだいぶ経っている七回忌は親族だけで執り行われます。
この時「平服で」と案内にあることがありますが、平服と一言にいわれてもどのような服装で参列すればいいのか迷うことがあります。

平服=普段着ではありません、法事でのタブーを冒さず最低限のマナーは守って参列しなくてはなりません。

平服でと言われた時の服装と、日本特有の法要である七回忌のことについてお話します。
 

スポンサーリンク

 

七回忌は区切りの年忌

仏教では四十九日目にあたる日を「満中陰(まんちゅういん)」と呼び、死者がこの世の修行終えあの世に旅立った忌明けとされます。
その後も節目となる年の命日には亡くなった翌年の一周忌、亡くなった2年目の三回忌、亡くなってから6年目の七回忌(ななかいき、しちかいき)などといった年忌法要があります。

七回忌は、亡くなってから満6年目の命日に行う法要で七回会(ななかいえ)や七年忌とも言われています。
7年目ごとに年忌を行うのは本来の伝来仏教の風習ではなく、日本古来の風習によるといわれ七回忌以降の法要は日本独自に後から行われたものです。
また日本独自の風習からできた法要では、干支の十二支が1巡する事に関連付けた「十三回忌」、十二支の2巡した「二十五回忌」があります。
また日本では古来三と七の数字を重視していたことから、七回忌・十七回忌・二十三回忌・二十七回忌・三十三回忌・三十七回忌・四十三回忌・四十七回忌や、五十回忌まであります。

五十回忌以後は50年ごとに百回忌、百五十回忌と続きます。
三十三回忌あたりになると子孫も故人を知らない世代になっていたりしますが、檀家制度で家が絶えない間は菩提寺からお知らせがあり脈々と年忌法要は行われることになります。

 

七回忌に家族だけで法事をする場合の服装

故人の命日からだいぶ時間が経った満6年目の七回忌の法事からは、遺族や親戚だけで規模を小さくして営まれるのが一般的です。

施主も三回忌までは喪服を着用しますが、七回忌以降は略式礼服、または地味な平服でも構いません。

ただし施主が参列者よりも格の低い服装になってはいけません、この点はご注意ください。

法事の手順は他の年期法要と同じで、僧侶による読経や参列者による焼香その後一同での会食となります。
最近では住宅事情などにより法事はお寺の本堂で営まれることが多くなりました。
しかし、お寺の法事は費用が高いため往復の交通費を支払っても自宅に僧侶を呼んだほうが負担が少なく済むこともあります。
七回忌以降は遺族や親戚など参列者が少ないので自宅の仏間で執り行うケースも増加しています。

 

男性はブラックスーツでネクタイはディンプル

参列者のマナーでは三回忌までは喪服を着て参列します。
身内で行う七回忌以降は喪主からの案内状に「平服で参列してください」と書かれていることもあります。

七回忌以降は親族や遺族だけで執り行われることが多く、参列者は服装も略装でかまいません。

略装でいいとはいえ七回忌の男性の服装も基本は喪服が無難でしょう。

基本はスーツを着用し、カジュアルなデザインや素材のものはふさわしくありません。

品目内容 備考
基本はスーツ

 

・ブラックスーツ(ダブルまたはシングルのデザイン)

・黒、グレー、濃紺のダークスーツ

 

スーツも夏用があるなら夏用を着用してもOKです。

室内では冷房が効いていますので上着は必要になります。

ワイシャツ・白夏は中に着るワイシャツは半袖でかまいません。
ネクタイ・黒、黒いネクタイ結び方は普段通りで構いませんが、ディンプルを作ります。

 

ディンプル:太いネクタイや中太のネクタイを結ぶときにつくるくぼみのこと。

カジュアルな細いネクタイは法事では避けた方が無難です。

靴下黒系
黒系革靴

NG項目
派手なスーツや服装、金時計やネックレス、大きなバックルのベルト、爬虫類系の小物類はNGです。

女性は準喪服か略喪服

洋服の類は殆どが略式の喪服です。
正式な喪服は着物で紋付ですから、七回忌も洋装の喪服(略式)が無難で男性の場合と同様女性の場合も洋装喪服が間違いないでしょう。

品目内容備考
基本は洋装の準喪服

 

・黒のワンピースやアンサンブル、ツーピースやスーツ

・グレー、濃紺のワンピースやツーピース、アンサンブルなど

黒のレースをあしらったワンピースや喪服もありますので、目立たない程度であれば着用してもかまいません。
靴下黒かグレーのストッキング
黒系のパンプス黒でフォーマルなバックベルトのパンプスは履いてかまいませんが、素足をさらけ出したりつま先が出るようなデザインの靴は避けるようにしましょう。
バッグ装飾品のない黒
アクセサリー・結婚指輪

・パールかオニキス

・黒の髪留め

宝飾品の派手な指輪は避け、法事で許されているパールとオニキスの宝飾にとどめましょう。

ゴールドやシルバーといった派手な色や目立つ素材は避けるようにします。

NG項目
平服で来るように案内状にあっても、ノースリーブやミニスカート、ショートパンツはNGです。
ヘアカラーで茶髪など目立つ色の頭髪はふさわしくありません。

 

妊婦さんやお子さんの服装

 

幼児や幼い子供の場合は持っている服の中で黒や紺などダーク系のものを着せれば大丈夫です。
小学生や中学生や高校生なら制服にしましょう。

制服がない場合は、黒のズボンかスカートに白のシャツでかまいません。
上着が必要な時期や場所ならば、できるだけ無地の黒や紺のブレザーやカーディガンにしましょう。

靴下は黒で、靴も黒に統一するのが望ましいですが、学生なら革靴ではなく靴下と靴は清潔な白でもかまいません。
スニーカーをはきたいという場合はカジュアルすぎない黒か紺にしましょう。

子供の場合は派手な装飾品をつける必要はありません。
赤ちゃんの場合は地味な色の服でかまいません。

妊婦さんの場合は略式の喪服もサイズが合わなくなっていますので、黒や濃紺またはグレーで光っていない素材のものを着用しましょう。
デザインはワンピースかジャンパースカートに白のブラウスなど、一着あると出産後も重宝します。
 

スポンサーリンク

 

平服=カジュアルではない「親しき中にも礼儀あり」

平服でもいいと言いますが、華美な服装は法要の場にふさわしくありません
パステルカラーや蛍光色、派手な柄の衣類は避けるのがマナーです。

またランニングシャツやノースリーブ、キャミソールなど肌の露出が多い服もマナー違反です。
靴もサンダル、ミュールは黒系であっても足先が出るのはマナー違反となりますので注意してください。

まとめ

身内だけで法要を行う七回忌の服装は、
男性は喪服またはダークスーツでかまわない
女性は喪服かダーク系のワンピースやツーピース、アンサンブル
その他身の回りの小物は葬儀のマナーに準じる

七回忌では親族や遺族しか集まらないとはいえ法要ですので最低限のマナーはお忘れなく。

 

 

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

法事・法要
silverをフォローする
人生のエピローグ