神道の五十日祭に持参する香典|不祝儀袋から金額までのまとめ

「神道の五十日祭への案内状が届いたけど、香典ってやっぱりいるのかしら?」
「不祝儀袋の上段は何て書けばいい?」

あなた自身が神道でない場合、国内でも少数派の神道の法要に参加すること自体が稀だと思います。
仏式とは違うしきたりや流れで執り行われる神道の法要。
急に神道の法要に参列することになったら・・・

そんな時のために予習をしておきましょう。
この記事では神道の零祭や香典についてわかりやすくまとめています。

 

スポンサーリンク

 

神道五十日祭の香典

神道の法要と考え方

神道では、人は亡くなったあと祖霊(それい)となって遺族を守る守護神となり、正月・盆・彼岸・命日に帰ってくると考えられています。
そのため、家人は故人の御霊(みたま)が宿る御霊璽(ごれいじ)を御霊舎(みたまや=神道の仏壇にあたるもの)に安置しお祀り(おまつり)をします。
 

御霊舎の一例
出典:伊勢・宮忠

そして、仏教で言う法要は神道では霊祭(みたままつり)と言います。
霊祭は亡くなった日から数えて十日ごとに墓前、斎場または自宅で行います。
「死は穢れ(けがれ)」という神道の考え方から、神様がおられる神社では行いません。

十日祭、二十日祭、三十日祭、四十日祭、そして五十日祭。
近年では三十日祭、四十日祭は省略されることが多いようですが、いずれの霊祭も故人の御霊を祀るための大切な行事です。
 

神道の法事についての知識はこちらでも↓

神道での法事と香典|会食の有無で変わる金額相場と注意点
いきなり知らされることも多いお悔やみ、お香典や作法などよくわかっているようで実は伺った先で戸惑ってしまうことが多いものです。仏教、神道、キリスト教といった宗...

五十日祭は忌明けの法要

五十日祭は仏教の四十九日にあたるもので、霊祭の中でも最も重要とされます。
親族や友人などを招いて、神官による祝詞奏上(のりとそうじょう=神への祈りを声を出して読むこと)、仏教の焼香にあたる玉串奉奠(たまぐしほうてん=神への捧げもの)などの神事が行われます。

霊祭の後には、参列者に食事やお酒がふるまわれ、皆で故人の思い出を語り合ったり、帰りには引き出物を渡されたりと、このあたりは仏式の四十九日と変わりがないですね。
このように霊祭では食事や引き出物が出されることから、参列者は香典を持参することが前提となります。

また、五十日祭と同日に納骨することが多いのも四十九日法要と似ていますが、仏教用の法具である数珠は持って行かないようご注意ください。

 

スポンサーリンク

 

神道五十日祭の香典の袋・表書き・目安

五十日祭に招かれた参列者は、仏式のお香典にあたる玉串料を持参します。
さて、香典袋はどうしたら良いのでしょう?
いくら包んだら良いのでしょう?

香典袋は双銀・黒白・黄白


出典:高島屋

ご覧のように、無地の香典袋に双銀・黒白(主に東日本)・黄白(主に西日本)の水引がかかっているもの使用します。
蓮の花が描かれている袋は仏式用ですので、間違えないようにしてください。

 

表書きと金額の目安

表書きは御玉串料(おたまぐしりょう)のほか、以下のいずれかでも構いません。

  • 御神前(ごしんぜん)
  • 御榊料(おさかきりょう)
  • 御神饌料(ごしんせんりょう)

ただし、表書きと名前を書く時は必ず薄墨を使うこと。
これも仏式と同じですね。

次に、御玉串料として包む金額の目安を挙げておきますので参考にしてみてください。

【両親】50,000円〜100,000円

【兄弟/姉妹】30,000円〜50,000円

【祖父母】10,000円〜30,000円

【叔父/叔母】10,000円〜30,000

【職場関係】5,000円〜10,000円

【友人】5,000円〜10,000円

【友人家族】5,000円

【近所・自治会】5,000円

 

神道の香典袋についてさらに詳しくはこちらをご覧ください。

神道の法事でのお包の表書き|下段の書き方や封筒の選び方
神道の法事に参列することになって、お包の表書きがわからないと困ってしまいますね。神道では「御香典」や「御仏前」の表書きのお包は使えません。 神道の葬儀・法事...

 

スポンサーリンク

 

神道五十日祭の流れ


 

それでは、実際の五十日祭ではどのようなことが行われるのでしょうか。
当日の流れを確認してみましょう。

①合祀祭(ごうしさい)
故人の御霊(みたま)を仮霊舎から御霊舎(みたまや)に遷す儀式

②献饌(けんせん)
故人が好きだった物を祭壇にお供えする儀式

③祝詞奏上(のりとそうじょう)または祭祀奏上(さいしそうじょう)
神官による祝詞の奏上
「神様へ信奉を誓い、感謝をお伝えする儀式

④玉串奉奠(たまぐしほうてん)
玉串(榊の枝に紙片がついた串)を祭壇に捧げる儀式
仏式における焼香にあたる

⑤直会(なおらい)
神前に供えた御饌御酒(みけみき)やその他の供え物を下ろし、神官および参列者でいただく儀式
共に食べるというこの儀式により神様と人間が一体となるとされる

⑥清祓いの儀(きよはらいのぎ)
神棚や御霊舎を封じていた白紙をはがす儀式
この儀式をもって忌明けとなる
※正式には五十日祭の翌日に行う儀式ですが、近年は五十日祭と同日に行う傾向となっています。

 

④玉串奉奠の仕方は、以下の動画がとても分かりやすいです。

まとめ

  • 神道では法要のことを霊祭(みたままつり)という
  • 霊祭は亡くなった日から数えて十日ごとに、十日祭、二十日祭、三十日祭、四十日祭、五十日祭、百日祭として行われる
  • 仏教の四十九日にあたる五十日祭は、霊祭の中でも最も重要な忌明け行事
  • 香典にあたる玉串料は無地の香典袋に包み、水引は双銀・黒白・黄白とする

 

それぞれの神社におまつりされている神さまのことを意識していなくても、初詣や七五三など、私たちの日常と深く結びついている神道。
「故人の霊魂が家族の守護神になる」と祈る弔いの儀式は、遺族の心に灯をともし、癒してくれることでしょう。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

法事・法要
life-epilogueをフォローする
人生のエピローグ