初盆のお供えにお返しは必要?気になる相場やマナーとは

故人が亡くなり、四十九日を過ぎてから初めて迎えるお盆を初盆(はつぼん)または新盆(にいぼん)といいます。
生前親しかった方からお供え物が送られてきたり、お線香をあげに来てくださった時にお供え物をいただいたりしますよね。
何かお返しをするべきなのか?と悩まれることもあると思います。
また、お返しをする場合は金額や品物の選び方、手渡しをするのか郵送で送るのかなど、迷いますよね。
この記事では、初盆のお供えにお返しをする際の相場やマナーについて解説します。

 

スポンサーリンク

 

初盆のお供えにはお返しするのが一般的

初盆でお供え物をもらった時は、お返しをします。
お供え物の金額やお返しの相場について解説します。

 

一般的な初盆のお供え


出典:引き物ドットコム

初盆は全国的には8月13日から16日です。
ただ、関東地方や北海道、沖縄の一部の地域では、今も旧暦の7月13日から16日に行われる場合があります。

初盆のお供え物は、下記のようなものが一般的です。
金額としては、3,000円から5,000円が一般的で、特別親しい間柄だった場合は10,000円ほどのものを選びます

お線香・ロウソク 1,000円から3,000円
定番のお供え物ですが、たくさんもらいすぎてしまうことも多いもの。
無難ではありますが、できれば他のものを選んだ方が喜ばれることが多いようです。

ユリ、胡蝶蘭などの花 5,000円から10,000円
白を基調とした淡い色合いでまとめることが一般的です。
地域差もあるので、地域の花屋さんに相談して決めると無難でしょう。
花束だと墓前にお供えする際に分けられますし、フラワーアレンジメントはお仏壇にすぐに飾っていただけます。

盆提灯 5,000円から15,000円
地域によっては故人と近しい親族が盆提灯を贈る習慣があります。
提灯には、故人の霊が迷わず成仏することを祈るという意味合いがあります。
初盆では「白提灯」を用意し、翌年からは色がついた提灯や絵の入った提灯を選びます。
最近では、提灯を飾るスペースの確保が難しいことから、提灯の代わりに「御提灯代」を包むことが増えてきています。

お菓子 1,000円から5,000円
常温保存ができ、日持ちするものが望ましいです。
おせんべいなどの和菓子やクッキー、季節感のあるゼリーや羊かんなどの水菓子が適しています。
小分けにして持ち帰れるような量の多いものを選びましょう。

旬の果物 3,000円から10,000円
箱入りの果物や果物の詰め合わせも一般的です。
果物は日持ちしないため、瓶詰めのものを選ぶなど気を遣いましょう。

乾麺や昆布・海苔 1,000円から10,000円
持ち帰ってからも日持ちするのと、夏でも劣化しないためお供え物に適しています。
夏に最適というので、最近ではそうめんがとても人気があるようです。
他に調味料のセットなども喜ばれます。

タオルや洗剤などの消耗品 1,000円から10,000円
お供え物は食べ物が多くなりがちなので、喜ばれることがあります。

故人が好きだったものをお供え物として持参する場合もありますが、故人が若くして亡くなった場合などは、ご遺族が思い出して悲しい気持ちになることがないよう、配慮しましょう。

初盆については下記の動画で詳しく解説されています。

 

スポンサーリンク

 

返礼品の相場はいただいた額の1/3~1/2

お供え物のお返しとして渡すのは、いただいた額の1/3から1/2が相場だといわれています。
金額の目安は下記の通りです。
いただいたものより高価なものをお返しするとかえって相手に気を遣わせてしまい、失礼だとされているので、注意しましょう。

3,000円 → 1,000円から1,500円
5,000円 → 1,500円から2,500円
10,000円 → 3,000円から5,000円

 

初盆のお返しはできるだけ早く

初盆でお供え物をいただいた時はお返しをするのが一般的ですが、初盆で法要も行い、食事会をした場合などはお返しは不要という場合もあります。
地域の慣習にもよるので、親族に確認すると安心です。

法要をせず食事会もない場合などは、お返しを準備しておく方が丁寧です。
事前に用意しておく場合は、帰り際にお渡ししましょう。
ただ、事前に準備しておくとどうしても金額の目安などで迷うこともあるので、後日お返しを送っても失礼にはあたりません。

郵送でお供え物が届いた場合は、食事会の有無にかかわらずお返しをするのが一般的です。
お返しはお茶、そうめん、洗剤など日持ちするもの、消えてなくなるものが人気となっています。

また、初盆のお返しは8月末までには送るのがマナーです

 

スポンサーリンク

 

初盆のお返しのマナー

初盆のお返しをするときののし紙の記載の仕方や、郵送する場合の注意点について解説します。

 

お返しに適した品物と掛け紙


出典:ギフト館ふじむら
 

初盆のお返しをするときは、黒白や黄白の水引ののし紙をつけましょう。
表書きには「志」「初盆志」「初盆供養」「新盆志」「新盆供養」「粗供養」などと記載します。
一般に東日本では「志」を用い、西日本では「粗供養」を用いることが多いです。

のしの下には「苗字のみ」「○○家」「施主氏名」などと記載します。

 

郵送する場合の注意点


出典:ギフト館ふじむら
 

かつては参列者の多くが近くに住んでいたことから、初盆のお供え物のお礼についても、手渡しが基本とされていました。
しかし現代では、遠方から来る参列者も多く、それぞれに手渡しすることは現実的に困難なため、自然と郵送でお礼の品を渡すことを選ぶ方が増えています。

品物だけを贈ってしまうのはぶしつけなので、郵送する際には、必ずお礼状を添えます
お礼状を書くときには、下記の点に注意しましょう。

  • 故人の名前を必ず入れる。
  • 文中に句読点(「、」や「。」)を使わない。
  • 差出人の名前をフルネームで入れる。

 

最近では通販でもお礼状をあわせて依頼できるところが増えています。
ギフトの取り扱いに慣れているお店なら、店頭で購入した場合もお礼状を添えることはできるので、購入の際お店に確認してみましょう。

また、品物とは別にハガキなどでお礼のみ先に送っておくのもいいでしょう。
「本来であれば、お伺いしてお礼を差し上げるべきですが」と一言断っておくとより丁寧です。

贈る相手に結婚式や誕生日などの祝い事があるとわかっている場合、急いで送る必要はありません。
水を差してしまうとかえって失礼にあたるので、時期をずらして送りましょう

 

まとめ

初盆のお供えにお返しをする時は下記の点に気をつけましょう。
お礼状を添えることや適正な金額であることも大切ですが、それぞれの方に合った品物を選ぶなど、感謝の気持ちを表すことを大切にしたいですね。

  • お食事会をする場合は、当日来られた方のお供え物にお返しは特に必要ない
  • お食事会をしない場合、郵送で届いた場合はお返しをするのがマナー
  • 初盆のお返しは8月末までには送る
  • 郵送する場合はお礼状を添える

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

法事・法要
yayakoをフォローする
人生のエピローグ