納骨式でかかる費用の相場|当日の流れや準備すべき持ち物とは

「納骨式にはどのぐらいの費用がかかるの?」
「納骨式はいつすればいいの?」
「納骨式に参列するとき、準備するものは?」

葬儀が落ち着いたら、四十九日法要や納骨式の準備が始まります。
どの程度の費用がかかるのか、何を準備すればいいのか、迷いますよね。

この記事では、納骨式にかかる費用や準備すべきこと、当日の流れについて解説します。
また、参列者の服装や準備についても紹介していますので、これから納骨式をする方、納骨式に参列する方はぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク

 

納骨式の費用総額は10万~15万円

納骨にはお墓への納骨や納骨堂への納骨、樹木葬や散骨など、いくつかの種類があります。
日本では、お墓に納骨することが一般的です。
お墓にご遺骨を納めるときに、僧侶などに同席していただき、法要をすることを「納骨式」といいます。

納骨式にかかる費用は、10万円から15万円が相場になっています。
作業費用やお布施などの内訳や、それぞれにかかる費用についてまとめました。

 

宗教者へのお布施・お車代・御膳料


出典:有限会社池尻石材工業

まず、納骨式にかかる費用として僧侶など宗教者へのお礼やお車代などがあります。

お布施
30,000円から50,000円。
お布施は読経料と呼ばれることもあり、僧侶へのお礼の気持ちです。

 

お車代
5,000円~10,000円。
お布施とあわせて渡すことが一般的です。

 

御膳料
5,000円~20,000円。
納骨式では会食の場を設けます。
僧侶が出席を辞退されたときに食事の替わりにお渡ししましょう。

 

法要部屋の使用料
10,000円~30,000円。
霊園にある法要施設を利用するときに必要になります。
自宅であれば発生しません。
お寺で法要をするときは、お寺に確認しましょう。

 

作業費用と彫刻料


出典:日雪石材店

納骨のための作業費用と彫刻料を石材店に支払います。

作業費用
20,000円~30,000円。
お墓の下部には、カロートと呼ばれるご遺骨を納めるスペースがあります。
カロートの開け閉めやご遺骨を取り出したあとの埋葬を石材店に依頼するときは、作業費用が発生します。
自分で開け閉めできるタイプのお墓もあり、その場合は費用はかかりません。
料金は石材店によって変わります。

 

彫刻料
30,000円~50,000円。
墓誌(ぼし)にはお墓に埋葬されている方の没年や戒名が彫刻されています。
没年や戒名を追加するときは、石材店に頼んで刻名してもらいます。
生前に赤色で刻んでいた場合は、没後は白色に塗り直してもらいましょう。
料金は文字数によっても変わります。

 

納骨の方法については、下記の動画で解説されています。

 

卒塔婆・お供え・御花


出典:石屋千鳥

その他、卒塔婆やお供え・御花にかかる費用について解説します。

卒塔婆
2,000円~5,000円。
卒塔婆供養をしてもらうときに支払います。
卒塔婆の費用はお寺によって違うため、事前に確認しておきましょう。
宗派によっては、必ず卒塔婆供養が必要な場合があります。

 

お供え・御花
生前好きだったお菓子や飲み物、御花などを準備しましょう。

 

会食費と引き物は1万円が目安

納骨式が終わったあと、会食の場を設けるのが一般的です。

会食費・引き物
1人あたり10,000円前後。
事前に人数を確認し、場所を決めておきましょう。
料亭やホテルを予約することもあれば、仕出し料理を準備することもあります。

 

 

スポンサーリンク

 

納骨式の準備と当日の流れ

続いて、納骨式の準備や当日の流れについて解説します。

 

納骨式の準備

納骨式の準備には、下記のようなものがあります。
 

納骨方法・納骨場所を決める

故人の遺志や宗教にあわせて、納骨方法や納骨場所を検討します。
墓地への納骨が多いですが、納骨堂への納骨・樹木葬・散骨などもあります。
 

日程を決める

納骨式は親族だけでするのが一般的です。
親族の都合のいい日程をピックアップし、お寺さんと相談して決めましょう。
 

お墓の確認

墓地・霊園・管理事務所などに連絡し、お墓の利用について確認しましょう。
新しくお墓を準備するときは、早急に手配する必要があります。
新しいお墓を準備するときは開眼供養(かいがんくよう)が必要です。
開眼供養は納骨式とあわせて行うこともできるので、お寺に相談しましょう。
 

埋葬許可証の取得

死亡届を提出すると、市役所から「火葬許可証」「埋葬許可証」といった許可証が発行されます。
納骨式には埋葬許可証を持参しなければなりません。
 

お寺・納骨堂への連絡

予約の電話をする際に、必要な準備について問い合わせておきましょう。
骨壺のまま納める場合と、骨壺から専用の袋に移し替えて納める場合があります。
事前によく確認しておくと当日安心です。

 

会食の準備

飲食店の予約、仕出し料理の手配をします。
また、お茶やお菓子も準備しておきましょう。
お寺と相談しながら決めると安心です。
 

親族への連絡

近しい親族だけでするときは、電話のみの連絡でもかまいません。
四十九日法要と一緒にするときは、四十九日法要の案内を「四十九日の納骨法要をします」といった記載にすると、わかりやすくていいかもしれません。
 

お布施・お車代・御膳料の準備

お布施やお車代を準備しましょう。
卒塔婆供養をするときは、卒塔婆の費用についても事前に確認しておきます。

準備について不安な点があれば、お寺に確認しながら進めましょう。

 

納骨式当日の流れ


出典:有限会社三代目竹内石材

納骨式当日の流れは下記の通りです。

  1. 四十九日法要…僧侶が読経し、焼香をします。
  2. 墓地への移動…墓石を清め、お花やお供え物をおきます。
  3. 僧侶による読経…僧侶が読経します。
  4. 参列者の焼香…故人とのつながりが深い順に焼香します。
  5. 納骨…納骨室を開けてもらい、施主が納骨室にご遺骨を納めます。
  6. 僧侶による読経…再び僧侶が読経します。
  7. 参列者の焼香…再び参列者が焼香します。
  8. 会食…会食に移ります。僧侶が辞退したときは、御膳料を渡します。

 

納骨式当日の持ち物


出典:大阪市立北斎場

一般的に、納骨式当日には下記のものを準備する必要があります。

  • ご遺骨
  • 埋葬許可証(死亡届提出後に発行されます)
  • 認印
  • お布施・お車代・御膳料
  • 数珠
  • お線香・ロウソク
  • お花・お供え物

墓地の利用許可書が必要なときは、準備しておきます。
卒塔婆供養をするときは、「御塔婆供養料」も準備しましょう。
お供え物は故人が好きだったお菓子やお酒などですが、「傷みやすい生もの」は避けるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

納骨の時期は一般的に忌明け法要後

続いて、納骨の時期について解説します。

 

納骨の時期に決まりはない

仏教では、納骨の時期に明確な定めはありませんが、忌明け法要となる四十九日の法要のあとに納骨式をすることが多いようです。

一周忌に納骨をすることもあり、その場合は法要のあとに納骨式をすることが一般的です。
決まりはありませんが、三回忌までには納骨をすることが望ましいでしょう。

キリスト教や神道でも、納骨の時期に明確な決まりはなく、いつしてもいいとされています。

 

宗教者へのお布施の表書きと袋の選び方


出典:墓石のかしこ

封筒は市販の無地の白い封筒でかまいません。
2重になっているものは、不幸が続くという意味で不吉とされているので、使わないようにしましょう。

表書きは「御布施」「御車代」「御膳料」とします。
裏側には住所・氏名・金額を書きます。
袋の表書きは薄墨ではなく普通の墨で書きましょう。

 

スポンサーリンク

 

納骨式に招かれた時のマナー

最後に、納骨式に招かれた場合のマナーについて解説します。

 

返事の仕方


出典:冠婚葬祭マナー&ビジネス知識

会食の人数把握などで、施主側は早めに参列者を知りたいものです。
納骨式の案内状が届いたら、できるだけすぐに返事をしましょう。

返事の仕方は、「御出席」の「御」の文字に斜めに二重線を引き、「出席」を丸で囲みます。
「御欠席」の文字は縦二重線で消します。
「御住所」の「御」 の文字だけ斜め二重線で消し、住所を書きます。
「御芳名」の「御芳」のニ文字を縦二重線で消し、名前を書きます。

欠席の場合は、「ご出席」「ご欠席」を逆に記載します。
欠席の場合、詫び状を添えて送ると丁寧です。
詫び状には、欠席の非礼を詫びる文章に、出席できない理由を書き添えましょう
お供物料を同封することもあります。

 

当日の服装・持ち物


出典:加藤仏具葬儀社

四十九日法要のあとに納骨式をする場合、参列者は略式喪服を着用します。
男性はブラックスーツ、女性は黒のワンピースなどを選びましょう。
学生であれば制服を着用しましょう。

四十九日を過ぎて納骨式をする場合は、喪服でなくてもかまいません。
黒やグレーなど地味な服装を選びましょう。

参考 子どもの喪服については、下記の記事で解説しています。

子供の喪服について|制服がない学生のケースや乳幼児の服装
突然の不幸で、葬儀に参列しなければならなくなった場合、短時間でいろいろな準備をしなければなりません。 大人の場合は大体の方が喪服をお持ちだと思いますが、お子さんがいる場合、子供の喪服をどうするか悩んでしまいますね。 制服があれば...

納骨式に参列するときは、香典と数珠を用意します。
香典の相場は5,000円から10,000円といわれています。
友人であれば5,000円で問題なく、親族であれば10,000円を目安に包みましょう。
水引は黄白・黒白・黒銀・双白・青白などの結び切りかあわび結びを選びます。

香典の表書きは、四十九日と納骨式を一緒にする場合は「ご霊前」とします。
四十九日以降に納骨式をするときは「御仏前」となります。
ただし、浄土真宗では四十九日と納骨式を一緒にするときでも「御仏前」が正しいので、注意しましょう。
迷うときは「お供物料」「御香典料」としておけば、宗派や時期を気にする必要がありません

 

お供えの袋・懸け紙・表書き

一般的に、納骨式ではお供え物は施主が準備するため、参列者は特に準備する必要はありません。
ただし、お供え物が必要かどうかは地域によっても変わってくるので、気になるときは事前に確認しておきましょう。

お供え物を持参するときは、参列者で分けられるよう、個包装で日持ちのするお菓子やお線香などを選びます。
お酒は墓地によっては禁止しているところもあるため、注意しましょう。

お供え物ののし紙は、四十九日まででしたら黒白の水引がプリントされたものを選びます。
四十九日以降なら、双銀の結び切りがプリントされたものを使用します。
表書きは、「御供」と記載してあるものを選びます。

 

まとめ

  • 納骨式には10万から15万円の費用がかかる。
  • 納骨式の時期に定めはないが、四十九日法要と一緒にすることが多い。
  • 納骨式までに埋葬許可証やお布施などを準備しておく。
  • 参列者は略式喪服を着用し、香典と数珠を持参する。

納骨式にかかる費用や当日の流れ、参列者の準備について解説しました。
宗教やお寺によっても準備するものは違うため、事前によく確認しておきましょう。

 

 

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

法事・法要葬儀後に必要なこと
yayakoをフォローする
人生のエピローグ