初盆の準備と法事の流れ|宗教別の考えやお盆に行われる行事

忌明けを過ぎてから迎える初盆は、年々省略されるケースも増えてきています。

通常のお盆とは違う「初盆(新盆)」については、あまり経験はありませんよね?

 

  • 初盆の由来と考え方
  • 初盆の法要ですること
  • お盆に行われる様々な行事

この記事では、上記のような初盆を迎えるにあたり気を付けることをわかりやすく紹介しています。

初盆を控えている方、初盆の法事をするか迷っている方は、ぜひご参考にしてください。

 

スポンサーリンク

 

初盆の由来と考え方

  • 初盆にお経をあげてもらう意味
  • 浄土真宗では初盆はしない
  • お盆は元々の仏教行事ではない

まずは、初盆に法事をする理由と宗派による違いを解説します。

 

初盆にお経をあげてもらう意味

「初盆(はつぼん)」とは、故人の死後に四十九日の忌明けを過ぎてから初めて迎えるお盆のことをいい、新盆(にいぼん)とも呼ばれます。

 

  • 精霊棚(しょうりょうだな)などの準備
  • 迎え火と送り火
  • お墓参りと法要
  • 団子などのお供え

 

初盆では、お墓参りだけでなく、僧侶を招いてお経をあげてもらいます。

なぜお経をあげるのか?
故人の死後に初めて迎えるお盆であり、他のお盆よりも手厚く供養するしきたりがあるからです。

 

法事では僧侶のほかに親族や故人と親しかった人などを招いて、故人を偲びます。

 

浄土真宗では初盆の行事はない

浄土真宗には初盆という行事はありません。

なぜ初盆がないのか?
浄土真宗の教えの根底には「亡くなったらすぐに成仏する(即身成仏)」の考えがあり、「成仏した仏様はこの世にいる」とされているからです。

 

「ご先祖様はすでに成仏しているので先祖供養の必要がない」

「いつもこの世にて私たちを見守ってくれる」

このように考えるため、お盆をする必要はないとされています。

 

お盆は元々の仏教行事ではない

日本のお盆は、仏教と神道とが融合した行事です。

 

仏教と神道における「お盆」の考え方は以下のような違いがあります。

  • 仏教:「盂蘭盆会(うらぼんえ)」を指し、あの世で苦しんでいる死者を救う仏教行事(先祖供養)
  • 神道:霊祭の一つであり、祖先の霊を迎えて敬い感謝する行事(祖先崇拝)

お盆は日本古来よりある神道の「祖先崇拝」と、仏教の「先祖供養」とが融合した行事なのです。

 

必ずしも法事をする必要はなく、家庭や親戚の状況を考えてやるかどうかを決めましょう。

 

関連記事 無宗教の初盆について知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

無宗教の新盆の儀式|故人を偲ぶ食事会やお盆の行事
最近の葬儀は、昔と比べると家族葬などの小規模なものが増えて来ました。 葬儀の内容も僧侶を呼ばず、読経もしないという一昔前なら考えられないようなものもあります。 無宗教の場合は自由に供養ができると言われていますが、逆にそれが悩みの種に...

 

スポンサーリンク

 

初盆の法要ですること

  • お盆の時期とお盆の入り
  • お盆の準備と初盆の準備
  • 法要当日の準備と流れ

続いて、初盆の時期や流れ、当日までの準備すべきことを解説します。

 

お盆の時期とお盆の入り


出典:妻籠観光協会

 

お盆の時期は、地域によって2通りあります。

東京やその周辺の一部の地域7月13日~7月16日
その他の地域8月13日~8月16日

 

ご先祖がこの世に帰ってくる13日(お盆の入り)には、夕方から家の前に迎え火を燃やします。

「迎え火」とは、お盆に帰ってくるご先祖が迷わないように、目印として焚いておく火をいいます。

 

夕方になると松の割る木や麻幹(おがら・あさがら)で迎え火を焚き、盆提灯(ぼんちょうちん)に火を灯します。

お盆の入りでは、日中にお墓参りや精霊棚の飾りつけ、お供え物などをしてご先祖を迎える準備をしましょう。

 

お盆の準備と初盆の準備

通常のお盆では、当日までに下記を準備します。

 

仏壇の掃除

通常の掃除とは異なり、お仏壇の細部まで丁寧に掃除をします。

 

お墓の掃除

迎え火を焚く前までに、お墓の掃除をします。

お迎えの当日に掃除する場合もありますが、日程的に余裕があれば先に済ませておくと
安心です。

 

霊棚(たまだな)の用意

出典:楽天市場

 

故人やご先祖の霊を迎えいれるための棚で、精霊棚(しょうりょうだな)とも言います。

仏壇の前に設置し、御位牌を仏壇から盆棚に移します。

 

 

盆提灯の用意

故人やご先祖の霊が迷うことなく家に辿りつけるよう、お盆の間に灯しておく提灯です。

 

お供え物の用意

季節の果物や野菜、供花、御線香、ろうそくなどを用意します。

 

精霊馬(しょうりょううま)を作る

故人やご先祖の霊をお迎え・お送りするため、キュウリを馬、ナスを牛に見立て作ります。

「来るときには馬に乗って早く、帰るときには牛に乗ってゆっくり」という願いが込められています。

お迎えするときにはお仏壇に向けて、お送りするときには外側に向けてお供えします

 

お盆の準備物には、地域や宗教によって異なる場合がありますので、事前に確認をしておきましょう。

 

初盆の場合の準備

初盆では、さらに下記のような準備も必要です。

  • 法事の準備
  • 盆提灯には白提灯を準備
  • お供え物には白ロウソクとお団子を用意

 

僧侶との日程の調整、案内状の作成&発送、料理の手配などは早めに準備しましょう。

 

法要当日の準備と流れ

初盆では14日~15日に法事をし、精霊棚の前で僧侶が読経をします。

 

法事の準備においては以下の点に注意しましょう。

  • 菩提寺がある場合、菩提寺の僧侶には早めに連絡を取る
  • 法事に招待する人にも早めに知らせる
  • 僧侶へのお布施の準備をする
  • 初盆に必要な物品の購入は早めにする
  • 会食用の料理を早めに予約する
お盆の時期はお寺も忙しくなるため、僧侶には遅くとも1ヶ月前までには連絡しておきましょう。

 

法事当日の流れに決まりはありませんが、多くは下記のような流れで進めていきます。

  1. 仏壇(精霊棚)の前に僧侶の席を用意し、到着したら案内する
  2. 僧侶のすぐ後ろに施主が座り、前から故人と血縁の濃い人が座る
  3. 初盆の挨拶を施主が行い、僧侶が読経する
  4. 読経の間、施主から順番に焼香し、僧侶の法話を聞く
  5. 最後に施主によるお礼のあいさつと会食の案内をする
僧侶が会食を辞退された場合は、法話後に退場されるときにお礼を渡します。
会食がない場合は、その旨を告げた後、折詰の料理などを引き出物と一緒に渡します。

 

スポンサーリンク

 

お盆に行われる様々な行事

最後に、盆提灯やお団子などお盆の行事について解説します。

 

故人のための盆提灯を用意する

故人やご先祖の霊が迷わず帰ってくるために、盆提灯を目印として飾ります。

目印のほか、盆提灯は故人の冥福への祈り、感謝の気持ちを表します。

 

初盆の場合は、白提灯を玄関先やお仏壇の前に飾ります。

白という色は、清浄無垢でふさわしい色とされていることから、初めて故人を迎える色に用います。

 

家庭や地域によっては白提灯に家紋を入れる場合があり、家紋をお願いしてから手元に届くまでに時間が掛かるため、注文の際には製作期間を聞いておくのが望ましいです。

 

白提灯を飾るのは初盆だけです。

初盆で使った白提灯は、送り火で燃やすか菩提寺がある場合は菩提寺に持参し供養してもらいます。

 

盆提灯は宗派による違いはありませんが、地域の慣習によって飾る盆提灯の種類が多少異なる場合があります。

 

関連記事下記の記事でも盆提灯について詳しく解説していますので、興味がある方はご参照ください。

【葬式用・新盆用・お盆用】提灯の種類とその役割について
提灯はお葬式やお盆などには欠かせないものです。 昔はお盆時期になると、仏壇前に美しい提灯が飾られているのをよく目にしましたが、最近では提灯を飾らないお家もあるようです。 提灯は先祖や故人が迷わずに家に帰ってくるための目印となりますの...

 

お団子は日替わりでお供えする

出典:楽天市場

お盆におけるお供え物の一つとして、お団子があります。

お団子は日替わりでお供えし、日にちによって意味や味付けが変わってきます。

 

 

迎え団子

  • お盆の始まりである「8月13日」にお供えするお団子
  • 「あの世から帰ってきたご先祖の霊に食べてもらい疲れをいやしてもらう」という意味
  • あんこやタレがついたお団子

 

供え団子

  • 帰ってきた霊たちが家で過ごしている「8月14日から15日」にお供えするお団子
  • 「ご先祖の霊が生前の家でゆっくり過ごしているときに食べてもらう」というおもてなしの意味
  • おはぎ
  • 地域によっては「おちつき団子」「お供え団子」「お供え餅」と様々な呼び方がある

 

送り団子

  • 盆の明けである「8月16日」にお供えするお団子
  • ご先祖の霊があの世に帰ってから食べてもらうための団子であり、お土産のようなもの
  • タレなど何も付けない白いお団子
お団子の形や数に明確な決まりがあるわけではありませんが、多くは丸い団子を6つ以上お供えします。

 

ご先祖の霊の道しるべとなる迎え火・送り火を焚く

迎え火はお盆入りの8月13日、送り火はお盆明けの8月16日に焚きます。

 

13日の夕方に家の門口や玄関で、素焼きの焙烙(ほうろく)に麻幹(おがら・あさがら)を折って積み重ね、火をつけて燃やし先祖の霊を迎えます。

麻幹を燃やしたその煙に乗って、ご先祖の霊が帰ってくるともいわれます。

 

焙烙は仏壇店、麻幹はスーパーや花屋さんで購入できますので、事前に購入しておきましょう

 

16日の夕方に再び同じ場所で、焙烙に折った麻幹を積み重ねて、火をつけてご先祖の霊を送り出します。

 

マンションやアパートの場合、玄関先やベランダで火を焚くことは難しいため、盆提灯が迎え火・送り火の役割となります。

 

迎え火・送り火も宗派による違いはありませんが、浄土真宗だけは「成仏した仏様はこの世にいる」とされているため、迎え火・送り火もしません。

 

精霊流しは海や川で行う送り火

送り火の一つとして、死者の魂を弔って灯籠(とうろう)とお供え物を海や川に流す行事で「灯籠流し」があります。

お盆の時期に川に灯籠やお供え物を流す行事の多くは灯籠流しですが、一部の地域では「精霊流し(しょうろうながし)」というものがあります。

 

灯籠流しと精霊流しの違い

精霊流しの「精霊」は「死者の霊魂(みたま)」を意味し、灯籠流しと精霊流しの意味合い同じです。

大きな違いは、精霊流しには「精霊船(しょうろうぶね)」と呼ばれる船を用いることです。

 

精霊流しをする地域

精霊流しは日本の中でも長崎県や佐賀県の一部の地域でしか行われていません。

 

精霊流しの特徴

実施時期は、毎年8月15日です。

精霊流しは、故人の家族らが盆提灯や造花などで飾られた精霊船に霊を乗せて、「流し場」と呼ばれる終着点まで運ぶ行事です。

街なかを爆竹や鐘を鳴らしながら精霊船を押して歩くため、とてもにぎやかな印象です。

 

下記の動画で精霊流しの様子が紹介されています。

爆竹が響く長崎のお盆の風物詩「精霊流し」

 

まとめ

  • 初盆は故人の死後に初めて迎えるお盆であり、手厚く供養するためにするが浄土真宗のみない
  • 初盆の法事を実施するかどうかは、家庭で決めて問題ない
  • 初盆では法事の他に、白提灯や白ロウソクなど準備物にも違いがある
  • お盆には、盆提灯やお団子、迎え火・送り火などの行事がある

法事は僧侶や招待客への連絡、当日の段取りなど何かと大変です。

とはいえ、親戚が一同に集まって故人を偲ぶことができるので、故人と皆さんにとっていいことかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

宗教・宗派法事・法要
heyponをフォローする
人生のエピローグ