永代供養で一周忌法要はするのか?手配の仕方や確認すべきこと

永代供養とは、寺院や霊園が遺骨を預かり、遺族に代わって供養や管理する供養方法です。

永代供養にすれば、自分たちで法要・法事や墓参りはしなくてもいいのでしょうか?

 

  • 遺族側が法要・法事や墓参りをする理由
  • 永代供養の一周忌法要において気を付けること
  • 一般供養と永代供養の法要・法事の違い
  • 一周忌法要の手配の仕方

この記事では、上記のような永代供養の一周忌法要においてのポイントを解説します。

永代供養で法要をするか悩んでいる方、法要すると決めた方はぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク

 

永代供養の場合の一周忌法要の仕方


出典:清心

まずは永代供養におけるメリット・デメリットや一般供養との違い、一周忌法要の進め方を解説します。

 

永代供養の法事と一般的な法事の違い

永代供養が選ばれる背景には下記のような理由があります。

  • お墓の跡継ぎがいない
  • お墓のことで子供に迷惑をかけたくない
  • 経済的にお墓にお金をたくさんかけられない
  • 無縁仏にはなりたくない
  • 供養をし続けてもらいたい

 

永代供養には下記のようなメリット・デメリットが挙げられます。

  • 寺院や霊園に供養・管理を任せられる
  • 新しく墓を建てるより費用を抑えられる
  • 宗派・宗旨を問われない
  • 交通の便が良い

 

  • 合同墓では遺骨を取り出すことができない
  • 弔い上げまでの供養となることが多い

 

永代供養でも法事・法要はできる

永代供養だからといって、法要・法事やお墓参りができない訳ではありません

むしろ供養・管理を任せするだけでなく、遺族側で法要・法事をするのは望ましいことです。

 

法事・法要するのが望ましいのは、下記ような理由です。

  • 遺族や親戚などが追善供養することにより、故人がより極楽浄土にいけると考えられている
  • 一同に集まることにより、故人を十分に偲ぶことができる
永代供養では一周忌が初めての法要ですので、忘れずに準備しましょう。

 

関連記事 追善供養について詳しく解説したこちらの記事も参考にどうぞ。

追善供養の意味は?回忌法要の考え方と日常的にできる追善供養
この記事では、追善供養の意味や回忌法要の考え方について詳しく解説します。追善供養としてどのようなことをすればいいのか迷っている方、法要の意味を知りたい方、今後法要をする予定の方はぜひ参考にしてください。

 

事前に永代供養管理者に確認する

永代供養の管理者側に法要を委ねる場合は、管理者と契約書を確認しながら打ち合わせします。

打ち合わせのときには、契約内容や法要の種類に気を付けましょう。

 

永代供養の法要では、下記のようなケースも見受けられます。

霊園が依頼しているお寺と菩提寺が異なる場合
菩提寺がある場合、霊園が法要を依頼するお寺と菩提寺とが異なることがあります。
法要自体はどちらでしても構いませんが、菩提寺との関係はこれからも続いていきます。
違うお寺で法要することで関係が悪化しないように、菩提寺にも連絡しましょう

 

お墓でお経をあげてもらう場合

会場だけでなくお墓でもお経をあげてもらう場合、会場からの移動におけるお車料を渡す必要があります。
また、お布施の金額はお経を複数回あげたとしても変わりません。

 

霊園によっては法事できるホールや会食会場が用意されていますので、法要から会食までの流れがスムーズに進められます。

 

スポンサーリンク

 

一周忌法要にかかる費用

出典:小さなお葬式

続いて、一周忌法要にかかる費用の内訳やお布施の相場を解説します。

費用の内訳

一周忌法要にかかる費用の内訳は下記の通りです。

  • お布施(読経料):3~5万円
  • 御車料:5千円~1万円
  • 御膳料:5千円~1万円
  • 会食の料理代:1人5千円程度
  • 引き出物:1人3~5千円

上記の金額はあくまでも目安であり、法要の規模や招待人数によって変わるため、親族とよく相談をして決めましょう。

 

御車料は、霊園などに僧侶を呼ぶ際に渡します。
御膳料は、僧侶が会食への参加を断られた時に渡します。

 

お布施の相場

お布施は法要で読経した僧侶に、感謝の気持ちを込めて渡すものです。

ほとんどのお寺ではお布施の料金は明示されませんが、相場としては3~5万円とされています。

 

渡すタイミング

法要・法事が始まる前に僧侶に挨拶ができる時間があれば、挨拶ともにお布施を渡します。

法要・法事の前は慌ただしく挨拶できない場合は、全てを終えてからお礼とともにお布施を渡します。

 

渡すときのマナー

一周忌法要でのお布施はそのまま直接手渡しせず、お盆に乗せたり、袱紗(ふくさ)を用いたりして渡すようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

一周忌法要の手配の仕方


出典:花水木

 

最後に、一周忌法要の手配の仕方について解説します。

 

永代供養管理者への連絡

日程に余裕を持って、遅くとも法要する年の前年暮れには連絡します。

 

永代管理者との打ち合わせ

永代管理者と、日程や会場、法要を依頼するお寺などを打ち合わせします。

契約書より契約内容を確認しながら、話し合いましょう。

 

招待する人の検討

一周忌法要は故人を偲ぶためにあるので、遺族や親族、故人と親しかった人を招待しましょう。

 

会食の手配

一周忌法要が終わった後、会食の席を設けるのが一般的です。

会食の手配は、遅くとも一周忌法要する2週間前から準備し始めましょう。

法要後に会食しない場合は、会食の代わりにお酒の小瓶や折り詰め弁当を渡します。

 

引き出物の手配

一周忌法要では、招待客への引き出物の用意も必要です。

引き出物には、日用品や食品のような「消え物」を用意しましょう。

最近は相手が自由に選べるカタログギフトが人気になっています。

 

供物の手配

宗派や法要の形式によっては、果物やお花などの供物を準備する必要があります。

 

施主は挨拶を考える

施主は一周忌法要の始めと終わりに挨拶するのが基本の形式です。

事前に何を話すかなど、準備をしておきましょう。

 

法要・法事おける挨拶の作法については、下記の動画でも解説しています。

法事の際の施主の挨拶の作法(やり方)・マナー【小さなお葬式 公式】

 

関連記事 一周忌法要における服装について知りたい方は、下記の記事をご参照ください。

一周忌の服装の選び方【男性・女性・子供】冬の場合の注意点とは
「一周忌の服装にコートは問題ない?」 「葬儀は喪服で参列したけれど、一周忌の法要も同じでいいの?」 一周忌の法要に参列することになり、迷うこともありますよね。 一周忌の法要はご遺族やご親族だけでなく、故人と親しかった友人や知人も招...

 

まとめ

  • 法要・法事・お墓参りは、永代供養でもできる
  • 永代供養では年忌法要のみ行い、三十三回忌か五十回忌までの契約が多い
  • 法要依頼時には、菩提寺との関係も考慮しながら進める
  • 招待者の検討や会食の手配、お布施の準備などの一周忌法要の準備は早めに始める

永代供養においては、一周忌法要が初めての法要です。

確認すべきことや手配する内容を頭に入れた上で、関係者に相談しながら進めていきましょう。

 

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

法事・法要
heyponをフォローする
人生のエピローグ