宗教や地域によって違う初盆の時期|四十九日前後に間違いやすいので注意!

初盆は故人が亡くなってから初めて迎えるお盆のことですが、場合によっては翌年になるケースもあります。

仏教では故人が亡くなって四十九日以内にお盆を迎えると、初盆は翌年になります。

また、お盆の時期も地域によって7月か8月に分かれます。

 

  • 初盆の時期
  • 初盆の準備

この記事では初盆の時期や準備するものなどをわかりやすく解説します。

 

スポンサーリンク

 

初盆(新盆)の時期

  • 初盆(新盆)の数え方は宗教で違う
  • 地域によって違うお盆の時期
  • お盆のお供えを飾る期間

まずは宗教・地域で異なる初盆の時期を解説します。

 

初盆(新盆)の数え方は宗教で違う

日本のお盆は仏事ではなく、仏教の「祖先供養」と神道の「祖先崇拝」とが融合した行事です。

 

  • 仏教:「盂蘭盆会(うらぼんえ)」を示し、あの世で苦しんでいる死者を救う行事(祖先崇拝)
  • 神道:霊祭の一つであり、ご先祖の霊を迎え入れて敬い感謝する行事(祖先崇拝)

 

仏教と神道が融合したお盆ですが、初盆(新盆)の数え方は仏教と神道とで異なります。

仏教の初盆の数え方
  • 故人が亡くなった日から49日(忌明け)以降に初めて迎えるお盆を指す
  • 49日以内にお盆を迎えた場合、翌年が初盆となる

 

神道の初盆の数え方
  • 亡くなった日から1年以内に初めて迎えるお盆を指す
  • 49日以内に迎えたお盆も初盆

 

地域によって違うお盆の時期

お盆の時期には、「旧暦(太陽暦)」、「新暦(太陽暦・グレゴリオ暦)」「月遅れ盆」の3つがあります。

  • 旧暦(太陽暦):7月13日から7月16日
  • 新暦(太陽暦・グレゴリオ暦):7月13日から7月16日
  • 月遅れ盆:8月13日から8月16日

 

多くの地域は8月にお盆をしますが、東京と周辺の一部の地域は7月にします。

 

お盆のお供えを飾る期間

お盆ではお花やご飯、お菓子などを供えて、家にご先祖の霊を迎え入れることで供養します。

お供え物は家にいるご先祖のためにあるので、13日から16日までの間に飾ります。

ご先祖があの世に帰ってしまった17日にはお供え物を片付けて、食べられる物は食べてしまいます。

 

関連記事初盆のお供え物について、下記の記事でも詳しく解説しています。

初盆のお供えにお返しは必要?気になる相場やマナーとは
故人が亡くなり、四十九日を過ぎてから初めて迎えるお盆を初盆(はつぼん)または新盆(にいぼん)といいます。 生前親しかった方からお供え物が送られてきたり、お線香をあげに来てくださった時にお供え物をいただいたりしますよね。 何かお返しをする...

 

スポンサーリンク

 

初盆(新盆)の準備

  • 盆棚(新棚)の用意と置き場所
  • 新盆のお供え団子
  • 魂の乗り物となる精霊馬
  • 浄土真宗では特別な用意をしない

続いて盆棚やお団子、精霊馬など初盆で準備するものを解説します。

 

盆棚(新棚)の用意と置き場所

位牌を置き果物や野菜などを供えて、お盆にご先祖の霊を迎えるために用意する棚を盆棚(ぼんだな)といいます。

 

盆棚に用意する物や飾り方は宗教によって異なります。

 

仏式の盆棚に用意する物
経机や小机、位牌、鈴(りん)、盆提灯、真菰(まこも)、精霊馬、香炉、ろうそく、ほおずき、お花、野菜、果物、お水など

出典:豊かな生活

 

神式の盆棚に用意する物
祖霊舎、榊、三方、洗米、日本酒、丸餅、天然塩、水、山のもの(野菜、果物など)、海の物(魚、昆布など)、数種類のお菓子など

出典:寺村葬儀社

初盆の場合は盆提灯に白提灯を飾り、家族が用意します。

 

精霊棚(しょうりょうだな)を飾る方角は、「太陽が最もあたる南向き」か「太陽が昇る東向き」に飾るのがいいとされます。

 

暗くて湿気が溜まりやすく傷みやすいので北向きは避けましょう。

 

新盆のお供え団子

お盆のお供え物の一つであるお団子は、日にちによって意味や味付けが変わります。

 

呼び名日にち味付け意味
迎え団子13日あんこやタレがついた団子あの世から帰ってきたご先祖の霊に食べてもらい疲れをいやしてもらう
供え団子14日

15日

おはぎご先祖の霊が生前の家でゆっくり過ごしているときに食べてもらう
送り団子16日タレなど何も付けない白い団子ご先祖の霊があの世に帰ってから食べてもらうための団子でお土産のようなもの

 

お団子の飾り方は串に刺したり、積み上げたりと様々です。
数や形に決まりはありませんが、一般的には丸いお団子を6つ以上お供えします

 

魂の乗り物となる精霊馬

出典:クレイジー

故人やご先祖の霊をお迎え・お送りするためにキュウリを馬、ナスを牛に見立てて作ったお供え物を精霊馬(しょうりょううま)といいます。

 

精霊馬には「来るときには馬に乗って早く、帰るときには牛に乗ってゆっくり」という意味があります。

 

13日(迎え盆)にはお仏壇に向けて、16日(送り盆)には外側に向けてお供えします。

 

浄土真宗では特別な用意をしない

浄土真宗の教えには「亡くなったらすぐに成仏する(即身成仏)」という考えがあり、「成仏した仏様はこの世にいる」とされています。

 

ご先祖はすでに成仏しているので先祖供養の必要もなく、この世に仏としているから霊を迎え入れることもないということです。

 

そのため先祖供養のための法要や、ご先祖の霊を迎え入れるための盆棚やお団子も必要ありません。

 

まとめ

  • 初盆の時期は仏教が49日以降に初めて迎えるお盆で、神道は死後1年以内に迎えるお盆である
  • 盆棚の飾り方は宗教によって異なり、初盆では盆提灯に白提灯を用いる
  • 浄土真宗では即身成仏の考え方から、特別な用意は初盆ではしない
通常のお盆より初盆が丁寧に執り行われるのは、故人の冥福を祈るためです。

時期や準備するものを理解して、故人やご先祖のことを思い出すいい機会にしましょう。

 

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

宗教・宗派法事・法要
heyponをフォローする
人生のエピローグ