死亡された方やご遺族への挨拶とお悔やみの言葉と注意するポイント

ご遺族にお悔やみの言葉を伝えるときは、簡素にマナーを守ってお伝えしなくてはなりません。

宗教・亡くなり方や亡くなった方の年代などによりお悔やみの言い方も違います。

  • お悔やみの挨拶のポイント
  • 状況別のお悔やみの挨拶
  • お悔やみの挨拶で気をつけるポイント
  • 葬家側の挨拶

ここでは、お悔やみの言葉についてわかりやすく紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

お悔やみの挨拶のポイント

  • お悔やみの目的は「死を悼む」「遺族を励ます」こと
  • お悔やみの挨拶は短く

まずはお悔やみを述べる際のポイントについて確認しておきましょう。

 

お悔やみの目的は「死を悼む」「遺族を励ます」こと

「このたびは、まことにご愁傷様でございます。心からお悔やみ申し上げます」
「このたびのご不幸、まことに残念でなりません。どうかお力落としなさいませんように」

 

お悔やみの言葉は「故人を偲ぶ思いを伝えること」「その死を悼む気持ちを伝え、遺族を気遣うこと」が目的です。

 

あまり形式やマナーに縛られてしまわないように、自分の言葉で伝えることも大切です。

 

お悔やみの挨拶は短く

お悔やみの言葉は長々と話すのはマナー違反です

 

遺族にとっては大きな喪失感を抱えている状況ですので、短く簡潔に励ましの言葉を添えるようにしてみましょう。

 

状況別のお悔やみの挨拶

  • 故人が子供だった場合のお悔やみの挨拶
  • 故人が高齢だった場合のお悔やみの挨拶
  • 事故で亡くなった場合のお悔やみの挨拶
  • 代理で弔問した場合のお悔やみの挨拶

ここでは状況別のお悔やみの例を紹介していきます。

 

故人が子供だった場合のお悔やみの挨拶

「このたびは本当にご愁傷様でございます。
これからの成長が楽しみだったでしょうに、さぞかし無念なことと存じます。
お力落としのことと思いますが、どうぞご自愛ください。
心からお悔やみ申し上げます」

 

子供に先立たれた遺族の落胆は想像以上に大きいものです。

周囲はより細かな配慮で遺族をいたわってあげましょう。

ご家族の悲しみを一層深くしないような心配りが必要です。

 

故人が高齢だった場合のお悔やみの挨拶

「このたびはご愁傷様でございます。
人生の先輩として長生きしていただき、これからもご指導くださることを願っておりましたのに残念でなりません。
心からお悔やみ申し上げます」

 

高齢の方が亡くなるというのは、自然の摂理ですが

  • 「天寿を全うされておめでたい」
  • 「年に不足はない(あるいは十分)ですね)」
  • 「大往生ですね」

などという発言は厳禁です。

 

ご遺族や親族が口にしても軽々しく同調せず、正しいお悔やみを伝える程度にとどめておきましょう。

 

事故で亡くなった場合のお悔やみの挨拶

「このたびは突然のことで、なんとお慰めしたらよいのかわかりません。
お辛いこととは存じますが、どうかお気持ちをしっかりお持ちくださいませ。
心からお悔やみを申し上げます」

 

事故などで急死された場合は、突然のことで遺族は現実を受け入れる余裕がなく大きなショックを受けています。

お悔やみ言葉を述べる場合にはマナーはもちろんですが、遺族の心情に対して細心の注意が必要です。

また、あれこれ故人の最後の様子などを聞きだすことも厳禁です。

 

代理で弔問した場合のお悔やみの挨拶

「このたびは、まことにご愁傷様でございます。
株式会社○○営業部長の△△と申します。
社長の□□はただいま出張で不在ですので、私が参上いたしました。
□□は、ご葬儀にはぜひうかがうとのことでございます」

 

代理で弔問にいった場合は、簡単な自己紹介と代理の理由を伝えるようにします。

代理を立てた本人が、後日に弔問する予定があれば合わせて伝えておきましょう。

スポンサーリンク

 

お悔やみの挨拶で気をつけるポイント

  • 宗教によって違う死の考え方
  • 病状・死因は尋ねない
  • 死に関する直接的な言葉は使わない
  • 重ね言葉に注意する

つぎにお悔やみの挨拶で注意すべきポイントもご確認ください。

宗教によって違う死の考え方

一般的によく耳にする「ご冥福をお祈りします」という言葉。

葬儀の時に意識せずに使ってしまいがちですが、宗教によってはマナー違反となってしまうので注意しましょう。

特に訃報を聞いてすぐのタイミングは、故人の宗教や宗派がわからないことが多いためできれば避けたほうがよいでしょう。

また、「冥福」以外にも「往生」「他界」「成仏」「供養」「極楽」「冥土」なども仏教の用語ですので注意してください。

 

病状・死因は尋ねない

事故の時もそうですが、故人の死因について遺族に詳細を聞くことは失礼にあたります。

お通夜やお葬式では、純粋に亡くなったことへのお悔やみのみを伝えるようにしましょう。

 

死に関する直接的な言葉は使わない

生死についての直接的に表現する言葉、「死亡」「死ぬ」「急死」「事故死」「自殺」「生きている」などは言い換えることがマナーです。

 

  • 「死んでしまうなんて」→「お亡くなりになるなんて」
  • 「死去を伺い驚き」→「ご逝去を伺い驚き」
  • 「急死されたと聞き大変戸惑っております」→「突然のことで大変戸惑っております」
  • 「○○様が生きているころお世話に」→「○○様のご存命中お世話に」「○○様のお元気なころお世話に」

 

「死亡」や「死ぬ」という表現は次のような言葉に言い換えて伝えましょう。

 

直接的な「死」と言い換える言葉
一般的な場合:「息を引き取る」「世を去る」「他界」「眠りにつく」「永眠」「旅立つ」
神道の場合:「帰幽」「御霊となる」「守護神となる」
キリスト教の場合:「帰天」「召天」「神の御許へ召される」

 

重ね言葉に注意する

重ね言葉や不幸を連想させる言葉の

「ますます」「重ね重ね」「いよいよ」「まだまだ」「くれぐれも」「次々」「たびたび」「かえすがえすも」「つくづく」「引き続き」「繰り返す」「しばしば」「追って」

なども言い換えるのがマナーです。

 

 

葬家側の挨拶

  • 弔問客への挨拶文例
  • お悔やみの電話をもらった時の挨拶
  • お悔やみの手紙をもらった時の礼状

弔問客からのお悔やみの言葉に、遺族側も感謝の気持ちを込めてお礼の挨拶をしましょう。

葬家側の挨拶は簡潔に返事することが必要です。

弔問客への挨拶文例

【基本的な挨拶】

「本日はお忙しいところ、父○○の葬儀にご会葬くださり誠にありがとうございます。
皆様から心のこもったお別れの挨拶を賜り、故人もさぞかし喜んでいることと存じます。
故人になりかわり生前中のご厚誼に、厚く御礼申し上げます。
今後とも故人同様、ご指導・ご鞭撻を賜りますことをお願い申し上げます。
本日は誠にありがとうございました」

 

お悔やみの電話をもらった時の挨拶

お悔やみの電話をもらった時も、感謝の気持ちを込めてお礼の挨拶を返すようにしましょう。

故人の最後の様子などの経緯や積もる話は別の機会に改めてすることにして、簡潔にお礼を述べて電話を終えましょう。

 

お悔やみの手紙をもらった時の礼状

お悔やみの手紙の礼状は以下の内容で構成します。

礼状の構成
・お礼
・戒名と無事に49日法要が済んだことの報告
・故人との生前のおつきあいへのお礼
・香典返しの品を送る場合は報告
・略儀で済ませることへのお詫び

 

お悔やみの手紙の礼状を書く時の注意点

礼状の注意点
・ 句読点、「ますます」などの重ね言葉は使わない。
・ 「拝啓/敬具」「謹啓/謹白」といった頭語/結語を使う。
・ 季節の挨拶は入れない。
・ 「逝去」は故人に対する敬語で身内には使いません。

 

ごく親しい方であれば、手書きで故人の思い出に触れるお礼状を用意すると喜ばれるでしょう。

 

まとめ

お悔やみの言葉には、故人がどんな方だったのかまた亡くなりかたなど、状況によってさまざまな言葉やマナーがあります。

宗教でも使う言葉が違いますし、忌み言葉などしきたりもあります。

なかなか難しいと感じるお悔やみの言葉ですが、ご遺族に故人の死を悼む気持ちと遺族を励ましたい思いを伝えることに重きを置いて挨拶しましょう。

 

 

関連記事 基本的なお悔やみのマナーをまとめたこちらの記事も併せてご確認ください。

葬儀で使えない忌み言葉|宗教によって違う「死」の捉え方に注意
結婚式でも言ってはいけない言葉がありますね、切れるとか別れるは縁起が悪いと言われています。 同様に葬儀や法要で言ってはいけない言葉があることをご存知でしょうか? 忌(い)み言葉といって、ご遺族への挨拶の時など気を付けなければなりません。...

スポンサーリンク

不動産の処分をしないといけない方へ

 

地元の不動産業者に売却を依頼するのもいいですが、どうせなら高く売れた方がいいですよね?

そこでおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

インターネットから不動産の情報を入力するだけで、最大6社の不動産会社から査定結果が届き、複数の査定結果の中から一番有利な業者に売却を依頼するという仕組みです。

実際にやってみるとわかりますが、査定結果には数百万円~1,000万円程度の差が出ることも珍しくありません

 

あなたが遠方にお住まいでも、忙しくて地元の不動産業者に出向く時間がとれなくても大丈夫です。

売却を急いでいる場合にもこのサービスはとても向いています。

 

査定依頼はもちろん無料 、入力はとっても簡単で1~2分で終わります。

不動産不動産一括査定サービスは複数ありますが、当メディアではサービス開始から10年以上の実績あるサービス「イエイ」をおすすめします。

 

不動産一括査定サービスのお申込みはこちら

その他宗教・宗派通夜・告別式
silverをフォローする
人生のエピローグ