法事・法要

お寺さんへのお布施|お布施袋の書き方や選び方などのマナー

お布施と言うと「葬儀や法事の時にお渡しするもの」ですが、そのような機会はそう頻繁にあるものではありません。 そのため、いざお布施の準備となった時に慌ててしまいますね。 お布施には「新札を使う」「お布施袋には黒墨で記入する」というマナ...
宗教・宗派

教会でするお葬式の参列時のポイントとマナー|服装や不祝儀袋について

宗教や宗派によって、お葬式のマナーも色々です。 教会でのお葬式は、仏式での葬儀が多い日本では、あまり馴染みがありません。 服装はどうしたらいいのか、ベールは被っていった方がいいのか。 様々な疑問が浮かびます。 いざという時に...
通夜・告別式

訃報を社外に案内する3つの方法と周囲に迷惑をかけないための注意点

社外に訃報を伝える場合、取引先や関係者などが多いため、どのようにして伝えるかはとても重要なことになります。 組織が大きくなればなるほど、連絡する相手も増えていきます。 どのように伝えるか、その対応を間違えると大きな混乱を招きかねませ...
通夜・告別式

死化粧のやり方|使う道具や自分たちでする場合の注意点

亡くなった人にお化粧をする事を「死化粧(しにげしょう)」と言います。 最近では、「エンゼルメイク」と呼ぶことも増えてきました。 長い闘病生活の後などは、元気だった頃の面影がなくなってしまう事があります。 それを少しでも元気だった頃...
宗教・宗派

浄土真宗の法名と院号|院号が交付される目安と帰敬式

「法名(ほうみょう)」と「戒名」の違い、わかりますか? どちらも同じようなもので、「亡くなった人につける名前」だと思っている人が多いと思います。 どのようなものか説明できる人は、あまりいらっしゃらないのではないでしょうか。 「法名...
宗教・宗派

宗教ごとのお布施の金額の目安と包み方【葬儀とその他の法要】

葬儀の時やその後の法要で、悩んでしまうのが「お布施」ではないでしょうか。 葬儀を出したり、法要を行う機会はそれほど多くありませんよね。 包む金額の目安、そしてそれを包むものは何なのか。 いざという時のために、知っておくと役に立つと...
宗教・宗派

天台宗での葬儀とマナー|知っておきたい香典の相場や焼香の回数

「仏教」と言っても、実際には様々な宗派があります。 一見すると、仏教であればどの宗派もあまり変わらないように思いますが、実は宗派によりそれぞれ特徴があります。 葬儀などはそういった特徴が現れやすく、中でも天台宗は、他の仏式の葬儀と比...
宗教・宗派

キリスト教の葬儀での香典袋の書き方|金額の目安と参列時のマナー

キリスト教式の葬儀に参列する場合、香典袋はどのような物を使えばいいのでしょうか。 日本では仏式の葬儀が多い為、キリスト教での葬儀はあまり馴染みがありません。 キリスト教はカトリックとプロテスタントという宗派に大別され、それぞれに相違...
通夜・告別式

お寺で葬儀(寺院葬)のメリット&デメリット|手配方法と費用も紹介

お寺で葬儀をする事を「寺院葬」と言います。 日本で行われる葬儀の9割以上が仏式と言われていますが、現在は葬儀社にお願いして葬儀会館や斎場で葬儀をされる方が多く、お寺で葬儀をされる人は少ないですね。 お寺でお葬式をする場合、どのような...
法事・法要

二十七回忌の服装|男性・女性・学生・赤ちゃんにふさわしい服装

亡くなってから、丸26年経ってから営まれる法要を二十七回忌といいます。 二十七回忌の法要は、一般的に親族だけで小規模にされることが多くなります。 故人を知らない世代も出てくる法事で形式的になりがちですが、法要ですのでマナーは守りましょう...
法事・法要

命日のお供えに適したお菓子|選ぶ時の注意点やのしの書き方

仏教では故人が亡くなった日を命日といい、一年に一度その日に遺族や親しい人達がお墓参りや仏壇に手を合わせる習慣があります。 命日の区切りの年となる一周忌や三回忌などでは、僧侶を呼んで法要をしたり亡くなった日の月命日には毎月家族や近親者で供養...
通夜・告別式

孤独死された方の葬式|遺体引き取りまでの流れや費用の負担

超高齢化社会といわれる現代、家族の考え方も変わり一人暮らしの方も多くなっています。 「周囲が異変に気が付き、確認したら既に亡くなっていた」ということも珍しいことではありません。 孤独死は身元不明の「不審死」として扱われ、身元の確認や死因...